075-256-0238
鍵盤楽器,DAW,マイク,PAなど幅広く取り扱っています












店舗情報はコチラをクリック
■所在地 〒604-0903
京都市中京区指物町326
■営業時間 午前11時30分~午後7時30分
■定休日 なし
(12月31日、1月1日及び社内行事日を除く)
■お支払方法
銀行振込、代金引換、ショッピングローン
■送料(料金目安)
(小)¥864 (80cm未満)
(中)¥1,080 (130cm未満)
(大)¥1,944 (200cm未満)
(特大)¥2,916 (200cm以上)
(大型電子ピアノ、大型スピーカー)¥5,400
★たて、よこ、奥行き合計の長さで計算します。
(離島及び一部地域では追加料金が発生します)
■代引引換時のご注意
手数料648-を別途いただきます。
■保証について
※新品・・・メーカー保証規定に準じます。
※B級品・・・製品により個別対応いたします。
(店舗にてご確認ください)
※中古品・・・初期不良のみ対応いたします。
(商品到着後1週間以内とさせていただきます)

 

株式会社ワタナベ楽器店

京都府公安委員会

許可証番号

第611029610020号

Roland ( ローランド ) QUAD-CAPTURE UA-55

コンパクト・ボディで高音質なレコーディング環境を実現。高機能な次世代スタンダードUSB 2.0オーディオ・インターフェース。

Roland ( ローランド ) QUAD-CAPTURE UA-55
Roland ( ローランド )
QUAD-CAPTURE UA-55
特価 23,130円(税込)

コンパクト・ボディで高音質なレコーディング環境を実現。
高機能な次世代スタンダードUSB 2.0オーディオ・インターフェース。

あの大ベストセラー・インターフェース「UA-25」の正統後継機種が登場!

「UA-25」は発売から生産完了までの数年間もの間、全く衰えることなく支持されてきたインターフェースでしたが、機能面なども現代風にブラッシュアップしての登場です。
「UA-25」が人気であった理由は様々な理由がありますが、最も人気のポイントは「長く使える」ということでしょう。
通常この価格帯のインターフェースの寿命は長くて2年... というのも"壊れる"というわけでは無く、ドライバの問題や動作上の信頼性の問題、さらには機能面や音質面に飽きがきて新しいものがほしくなるものです。
しかし「UA-25」は驚くほどかなりの方々に上記のような感想を抱かせない品質を持っていたため、コンピュータを買い換えてもインターフェースは買い換えない...といったように正に"楽器屋さん泣かせ"の高品質インターフェースでした。
利用形態も様々で、ギタリストやボーカリスト、ピアニストのレコーディング機材として、DJさんのミックスCD作成機材として、リスニングユーザーからも レコードのアーカイブ機材として(デジタルファイル化)、USTなどでの音声用ポッドキャスティング機材として等、コンピュータを用いた様々な「入出力環 境」を大いに支えてきたインターフェースでした。
しかもレコーディングソフトウェアも付属していたので、別途ソフトウェアを購入しなければならない必要もなかった、ということも重要なポイントでしょう。
今現在、世界的なDAWとして人気を得ている「SONAR」は、LE版とはいえ「UA-25」に付属していたため利用者が多く、利用を試してみた方がその 品質の高さに驚かれ世間に爆発的に普及した、ということもUA-25が貢献した事の一つでしょう。
そんな信頼性の高い「UA-25」でしたが、それらの機能性、信頼性はそのままに現代的にブラッシュアップして登場したのが、この「UA-55 QUAD-CAPTURE」です。付属ソフトウェアもブラッシュアップし、最新版SONARのLE版「SONAR X1 LE」が付属し、「UA-55 QUAD-CAPTURE」を購入すればすぐにレコーディング作業を始めることが出来ます。


UA-25からのブラッシュアップポイント

転送形態が「USB1.1」から「USB2.0」に変更となり、UA-25より圧倒的な転送スピードを実現、レイテンシーや安定性がより向上しています。
また音質的な信頼性がより向上しています。音声対応の最大レートが最大24bit/192kHzと従来よりかなり向上していることを基本に、加えてOCTA-CAPTUREで高い評価を得た高音質設計のマイク・プリアンプを搭載。
フロントに2基搭載のコンボジャックにこの「VS PREAMP」が搭載されており、よりクリアでパワフルな高音質サウンドが得られるよう設計されています。
また、"入力レベルの調節"というものはレコーディング機材が初めて、という方にはなかなか難しい事です。
そんな方々に特に嬉しい機能「AUTO SENS機能」を搭載し、音割れが起きないよう音量を自動調整する機能が新搭載。どれほど音質の優れたインターフェースでも「音割れ」が起きてしまえば、 最悪の音になる訳ですから、それをインターフェース側が調整してくれるというのは非常に心強い機能です。
勿論、バスパワー対応ですので持ち運びが非常に楽です。”コンパクトさ"というのもUA-25の人気の一端でしたが、これほど機能向上したにも関わらず、本体サイズが変わらない事も注目ポイントです。
このモデルは、向上こそすれど"残念"な点が全く無いので、第二のUA-25となること間違いなしです!

 

□ UA-55 QUAD-CAPTURE の概要

QUAD-CAPTUREは、OCTA-CAPTUREで好評の高音質設計“VS PREAMP”、低レイテンシーを実現する“VS STREAMING”、ワン・アクションで最適な入力レベルを設定できる“AUTO-SENSE”などを受け継いだ4 IN/4 OUT、最大24bit/96kHzのUSB 2.0オーディオ・インターフェースです。コンパクト・ボディながら、さまざまな楽器に対応する入力端子を装備。ライブ・ステージで威力を発揮するグラン ド・リフト機能も搭載し、過酷な環境でも安心して使える堅牢なアルミ・ボディに収めました。USBバス・パワー駆動にも対応し、自宅、ステージ、モバイル 環境など、どんな環境下でもスタジオ・クラスのレコーディングを可能にする、次世代標準と呼ぶに相応しいオーディオ・インターフェースです。

◎ OCTA-CAPTUREで高い評価を得た高音質設計のマイク・プリアンプ「VS PREAMP」を2基搭載。
◎ 超低レイテンシーと安定動作を実現する「VS-STREAMING」テクノロジー採用。
◎ 最適な入力レベルを自動設定可能な「AUTO-SENS」搭載。
◎ USB 2.0への対応と、シチュエーションを問わず活用できるUSBバス・パワー駆動に対応。
◎ 最新DAWソフトウェア「 SONAR X1 LE」を同梱。

 

□ すぐに音楽制作が始められる最新DAWソフトウェアを同梱。

QUAD-CAPTUREには、Cakewalkの定番DAWソフトウェア「SONAR X1」をベースに開発された「 SONAR X1 LE」を同梱。

 

SONAR X1 LEは最大32bit/96kHzの高音質レコーディングに対応し、最大32オーディオ・トラック、24プラグイン・エフェクトと8プラグイン・シンセが同時に使用可能な本格的なDAWソフトウェアです。

 

ロックやジャズ、ヒップホップなど、多彩なジャンルに対応するドラム・セットを多数収録し、リアルなドラム・サウンドを再現可能な「Studio Instruments Drum Kit」や、人気音源「D-PRO」と「RAPTURE」から厳選した150種類のサウンドを内蔵した「Cakewalk Sound Center」、シンプルなアナログ・シンセサイザー「Square I」などのプラグイン・シンセサイザー、さらに音作りに欠かせないプラグイン・エフェクトを付属し、手に入れたその日から本格的な音楽制作を始めることが できます。

□ 4 IN/4 OUTの高音質USB 2.0対応オーディオ・インターフェース。

QUAD-CAPTUREはコンパクト・サイズながら4 IN/4 OUT、最大24bit/192kHzの入出力を実現します。

インプット1-2はXLRコンボ・ジャックを採用し、ファンタム電源の供給に対応してコンデンサー・マイクも使用可能なXLR端子と、シンセサイザーなど の電子楽器の接続に最適なTRSタイプの標準フォーン端子を兼ね備えています。また、インプット1はリア・パネルのHi-Zスイッチによりギターやベース をダイレクトに接続することができます。

アウトプットにはTRS標準フォーンタイプのステレオ・アウトを装備。ノイズの影響を受けにくい、高品質のバランス接続はモニター・スピーカーなどの接続 に最適です。さらにコアキシャルのデジタル入出力と、MIDI入出力端子を1系統ずつ搭載するなど、さまざまな入力ソースに最適な入力端子を備え、シンプ ルながらシーンを選ばない、高い柔軟性を持ったレコーディング環境を構築できます。

パソコンを使ったDAWシステムで問題になりがちなグランド・ループによるノイズを回避するグランド・リフト機能を装備し、ダイレクト・ボックスとしても 活用可能。音楽制作用途だけでなく、ライブ・ステージなどあらゆる環境下でも安心して使用することができる、高い信頼性を実現しています。


クリアなサウンドを実現するVS PREAMPを2基搭載。

QUAD-CAPTUREは、高い音質とコンパクト性を両立させた次世代オーディオ・インターフェース。2系統のマイク入力端子には、V-STUDIO 700や、デジタル・ミキサーM-400、OCT-CAPTUREゆずりのハイ・クオリティーなマイク・プリアンプVS-PREAMPを搭載。さらにアナ ログ回路とデジタル回路を基板レベルで分離することで、回路間の干渉によるノイズやクロストークなどの問題を徹底的に排除しています。

もちろん厳選されたA/Dコンバーターや高性能DSPによる高品位なデジタル・コンプレッサー回路など、V-STUDIO700やOCTA- CAPTUREで培ってきた設計理念を継承し、透明感のあるサウンドを追求。楽器やマイクが持つ本来のサウンドを余すことなくキャプチャーすることができ ます。

また、プリアンプ部には独立したロー・カットと位相切り替えスイッチを搭載。デジタル・コンプレッサーを含む各種パラメーターは専用に開発されたコントロール・パネルから自在にコントロールが可能です。

□ 入力レベルの自動調整が可能なAUTO SENS機能を搭載。

QUAD- CAPTUREのアナログ入力端子には、楽器の音量を解析して最適な入力レベルを自動設定するAUTO SENSを搭載しています。AUTO SENSをONにしたら一定時間のリハーサルを行うだけで、入力信号の音量変化を解析し、DAWに適正なレベルでレコーディングが可能。セッティング時間 が限られたレコーディング時や、入力レベルの設定ミスによるクリップなどの失敗を未然に防ぎ、安心したレコーディングを行えます。

 

入力レベルはSENSつまみの周囲にレイアウトされた高精度のLEDインジケーターにより視覚的に確認できるなど、使い勝手が向上しています。

 

AUTO SENSは本体ボタンだけでなく、新開発のコントロール・パネルを使ってパソコンから遠隔でON/OFF操作を行うこともできます。コントロール・パネル では、サンプリング・レートをはじめ、デジタル・コンプレッサー、ダイレクト・モニタリングなどすべてのパラメーターをグラフィカルに確認可能。ピーク・ インジケーター付きのレベル・メーターや、コンプレッサーのゲイン・リダクション・メーターも搭載し、ハードウェア・エフェクター感覚でストレスなく操作 することができます。

 

インプット・レベルやコンプレッサーのパラメーターなど、あらゆる設定情報はパソコン上へ保存しておくことが可能です。接続する楽器ごとに設定を記録して おけば、シチュエーションに応じた最適なレコーディング環境を瞬時に再現することができます。

-