075-256-0238
鍵盤楽器,DAW,マイク,PAなど幅広く取り扱っています


 










店舗情報はコチラをクリック
■所在地 〒604-0903
京都市中京区指物町326
■営業時間 午前11時30分~午後7時30分
■定休日 なし
(12月31日、1月1日及び社内行事日を除く)
■お支払方法
銀行振込、代金引換、ショッピングローン
■送料(料金目安)
(小)¥864 (80cm未満)
(中)¥1,080 (130cm未満)
(大)¥1,944 (200cm未満)
(特大)¥2,916 (200cm以上)
(大型電子ピアノ、大型スピーカー)¥5,400
★たて、よこ、奥行き合計の長さで計算します。
(離島及び一部地域では追加料金が発生します)
■代引引換時のご注意
手数料648-を別途いただきます。
■保証について
※新品・・・メーカー保証規定に準じます。
※B級品・・・製品により個別対応いたします。
(店舗にてご確認ください)
※中古品・・・初期不良のみ対応いたします。
(商品到着後1週間以内とさせていただきます)

 

株式会社ワタナベ楽器店

京都府公安委員会

許可証番号

第611029610020号

GOLDEN AGE PROJECT ( ゴールデン・エイジ・プロジェクト ) EQ-73

ビンテージNEVE1073のEQセクションを再現した永遠のアナログイコライザー


GOLDEN AGE PROJECT ( ゴールデン・エイジ・プロジェクト ) EQ-73
GOLDEN AGE PROJECT ( ゴールデン・エイジ・プロジェクト )
EQ-73
特価 ASK

EQ-73はGAP PRE-73 にインサートして使用するためのビンテージEQユニットです(単体ではご利用いただけません)。EQ-73はクラシックNEVE 1073のEQセクションを再現したクラスAサーキットを採用しています(ハイパスフィルターはありません)。2つのインダクターを使用したMIDバンドでは(オリジナルにはない)新たな周波数を設け(160Hzと240Hz)、より使いやすくなっています。

※注意:EQ-73はPRE-73またはPRE-73 DLXへインサートして使用します。単体ではご使用いただけません。

 

PRE-73との組合せで NEVE1073を再現できるEQユニット
EQ-73のサウンドキャラクターはオリジナルNEVE同様の、たいへんに音楽的で、温かいパンチ感とスィートな質感のサウンドキャラクターを持っています。多くの素晴らしいプロフェッショナルレコーディングで聴くことのできる安心感のあるサウンドは、どんな楽器に対しても「素材に音楽感を与える魔法のようなイコライジング」を可能にします。どんなに強くEQしても決して嫌味にならず、滑らかで豊かな質感を与えられるビンテージサウンドのEQを、驚くほどお求めやすい価格でご提供します。
 
EQ-73はステップ式の周波数コントロールを採用し、20Hz~24kHzの幅広い周波数帯域を滑らかにイコライジング可能です。LFとHFセクションはシェルビング、MFはベルタイプのEQカーブとなっています。またLFとMFは+/-15dBのイコライジングを、HFは+/-18dBで可変可能です。また3バンドのそれぞれにEQのIN/OUTスイッチが用意されておりサウンドメイク時にとても重宝します。
 
GAP PRE-73には付属のインサートケーブル1本で接続します。PRE-73に本機EQ-73をインサートすることでビンテージNEVE1073(H.A+EQ)スタイルのコンビネーションが完成します。また別売のUNITEラックアダプターを使用すれば、1073スタイルの1Uユニットとしてラックマウントすることも可能です。
 
FEATURES
 
ビンテージスタイル回路設計。オールディスクリート回路構成
3バンド、デュアルインダクターのMIDバンドEQセクション
プロ仕様ステップ式周波数セレクション
20Hz-24kHz ワイドな周波数イコライジング
コントロールレンジ +/-18dB(HF)、+/-15dB(MF,LF)
3バンドごとに用意されたEQ IN/OUTスイッチ
タンタルコンデンサーをシグナルパスに採用
PRE-73のインサートジャックに接続可能
TRSジャックでのIN/OUTインサートコネクション(ノミナルレベル18dBu)
グラウンドリフト・スイッチ
24V ACアダプター標準付属(PSE認証100V日本向仕様)、またはハイエンド外部パワーサプライ(PS-AC4)も使用可能
ソリッドで頑強なシャーシデザイン
 
CIRCUIT DESCRIPTION
 
EQ73のシグナルパスは2つのゲインステージで構成されています。ICベースの近年のデザインに比較してトランジスターの数などを圧倒的に減らすことができ、極めてシンプルで音の良い回路設計が目指されています。フィルター回路にはパッシブコンポーネンツを使用しています。
 
最初のゲインステージではLFとHFセクションを、2つめのゲインステージでMFセクションをコントロールしています。PRE-73とシンプルな接続でインサートできる専用設計としたことで、通常のEQよりもシンプルな設計とコスト減に成功しています。
 
MF周波数セクションは2つのインダクターによるクラシックなLCスタイルのEQ回路になっています。最初のインダクターは異なる350Hz~10kHzの周波数に最適なEQカーブを達成します。2つめのインダクターでは160Hzと240Hzのミッド周波数帯域を受け持ちます。
 
-