075-256-0238
鍵盤楽器,DAW,マイク,PAなど幅広く取り扱っています


 










店舗情報はコチラをクリック
■所在地 〒604-0903
京都市中京区指物町326
■営業時間 午前11時30分~午後7時30分
■定休日 なし
(12月31日、1月1日及び社内行事日を除く)
■お支払方法
銀行振込、代金引換、ショッピングローン
■送料(料金目安)
(小)¥864 (80cm未満)
(中)¥1,080 (130cm未満)
(大)¥1,944 (200cm未満)
(特大)¥2,916 (200cm以上)
(大型電子ピアノ、大型スピーカー)¥5,400
★たて、よこ、奥行き合計の長さで計算します。
(離島及び一部地域では追加料金が発生します)
■代引引換時のご注意
手数料648-を別途いただきます。
■保証について
※新品・・・メーカー保証規定に準じます。
※B級品・・・製品により個別対応いたします。
(店舗にてご確認ください)
※中古品・・・初期不良のみ対応いたします。
(商品到着後1週間以内とさせていただきます)

 

株式会社ワタナベ楽器店

京都府公安委員会

許可証番号

第611029610020号

Ableton ( エイブルトン ) Live 9 Standard【自由な発想と演奏とが直結できるリアルタイムDAWのスタンダードバージョン!】

特価商品「ソフトウェア」
自由な発想と演奏とが直結できるイマジネーションを誘発する大人気リアルタイムDAWの「LIVE」です!!
Ableton ( エイブルトン ) Live 9 Standard【自由な発想と演奏とが直結できるリアルタイムDAWのスタンダードバージョン!】
Ableton ( エイブルトン )
Live 9 Standard【自由な発想と演奏とが直結できるリアルタイムDAWのスタンダードバージョン!】
特価 58,800円(税込)
自由な発想と演奏とが直結できるイマジネーションを誘発する大人気リアルタイムDAWの「LIVE」です!!

Ableton Liveは、音楽制作のためのソフトウェアです。特に、ダンスミュージックを作成するのに格別に秀でており、世界中の有名アーティストも今正に愛用する最高峰のソフトウェアです。そして、このソフトウェアは多くのDAWの様に「作る」という事だけでなく、「ライブ演奏する」という事にも優れている、という点も見逃せません。

多くの制作ソフトウェア(DAW)はあくまでも「机に座って作る」事だけを考えられている為、そのままノートパソコンを持って行きライブする、という事は限りなく不可能な仕様となっています。例え、そんなDAWでライブを行うとしても、作り上げた作品以上に面白いリアルタイムパフォーマンスは出来ないでしょう。仕様上、致し方ないのです。従って、作品は、単にCD-RやMP3などとしてしか機能しない、それが多くのDAWの在り方です。

しかし、Ableton Liveは制作環境そのままがライブセットになります。
リードシンセ、ベースシンセ、ドラムマシン、パッドシンセ....etc...
それらのいずれもがライブ中に即興パフォーマンスができるモードに切替する事ができます。しかもライブ使用に適したユニークで過激なエフェクトも満載しています。ライブ中の思いつきで、即座にループを無制限で同期再生する事も可能です。
まさに作り上げた作品を、リアルタイムにリミックスするような「ライブ」を行ってしまうことが出来る唯一無二のソフトウェアであるという事です。

話は戻って、Ableton Liveは、音楽制作のためのソフトウェアです。
従って一流の音楽を作る為のシステムは十分に整えられています。上述の通り「Ableton Live」多くのDAWにはない「ライブ」が出来る特別なDAWですが、机上だけで機能するDAWと同等の高度な楽曲制作を行う事も出来ます。
その作業方法は多くのDAWと同じ使い勝手となっており、他社製DAWから乗り替えるのも容易です。
しかも多くのDAWのようにウィンドウが混雑したり、マニュアルが手元に無ければインストゥルメントを立ち上げるのも困難であるといった不便さもありません。たった一画面を効率よく利用する一画面仕様で、しかもドラッグ&ドロップで多くの作業が完結します。

□Ableton Live のコンセプト

Liveでは "扱いづらい" といわれてきた伝統的なコンピュータベースの作業手法から脱却しています。
あたかも他のミュージシャンとジャムセッションをするような感覚でLiveを扱う「セッションビュー」。
頭をフル回転させ綿密に楽曲を練り上げる「アレンジメントビュー」。
用途や場面にあわせてこの2つの作業方法を切替えることで、作品の制作・編集・演奏をのすべてを効率よく、ストレス無く実現していることがAbleton Liveの基本コンセプトです。

セッションビュー:
セッションビューは、Live特有の画面であり、機能でもあります。この画面はリアルタイム操作と音楽のミキシング操作に特化してデザインされ、即興的な楽曲制作やインスピレーションの増幅に非常に役立ちます。画面上のセルにオーディオループ、MIDIファイルなどを取り込んで、セル個々に再生・停止・編集をすることができます。また再生だけでなく録音も可能で、生楽器やヴォーカルなどのオーディオレコーディングでも、MIDI鍵盤やパッドを使用した打ち込みの両方に対応します。セッションビューでの 操作は時間軸に縛られることが無い上に、BPMや再生開始タイミングを自動調整するので、即興作業の際にテンポや再生のタイミングを外す心配もありませんので、音楽のマッチングなどの「創造性」に集中することができ、音楽的にレベルの高い実験・創作をする事が可能です。また、セッションビュー上での操作をアレンジメントビューに記録することが出来るため、客観的に聞くことも、より綿密な編集を行い非の打ち所のないところまで仕上げを行うこともできます。

 

アレンジメントビュー:
アレンジメントビューでは、一般的にDAWソフトウェアと呼ばれるような、時間軸を基盤とするアプローチで作業をおこなうようソフトウェアと同様の方式で設計されています。トラック別にレコーディングする、波形編集する、エフェクトを施す、オートメーションを描く。そういった一般的なDAWと同様の作業を行うことが出来ます。この事により"即興・インスピレーション重視"のセッションビューでは行えなかった綿密な編集・制作作業を行うことができます。セッションビューとアレンジメントビューは連動しているので、セッションビューでの即興アレンジを記録しておけば、アレンジメントビューで即興内容や実験結果を客観的に聞いたり、細かな編集を施したり、ヴォーカルや楽器など足りないと思われるトラックを追加し、非の打ち所のない作品にまで仕上げることができます。

 

視認性の高い1画面管理、ドラッグ&ドロップなどの容易さ: 
オーディオやMIDIシーケンス、インストゥルメントをトラックに追加する、エフェクトを追加する、こういった最も基本的な作業のほとんどがドラッグ&ドロップで行えます。この作業方法を実現している最たる理由は「1画面管理」ということです。制作やライブをするにあたり必要な項目をすぐに呼び出せる"スッキリした画面"は非常に重要で、スマートなレイアウトであるが故にほとんどの作業がドラッグ&ドロップで行える、というわけです。
また、誰もが最も苦労するMIDIコントロール情報やキーボードコントロール情報の「割り当て作業(マッピング)」に至っては、たったの3ステップで実現出来る仕様であるということも非常に重要です。マッピングモードをクリック(ONになります)→割り当てたい項目を選択→割り当てたいコントローラーを操作...これだけでマッピングが完了します。
目的の割り当て設定ができあがれば、マッピングモードをOFFにするだけ。だれでも簡単に外部コントローラーを使い始めることができます。

 

 

 
通常版 特価44,800円(税込)
 
無償版Liveからの優待アップグレード。
Upgrade from Lite 特価38,800円(税込)
 
Live Intro正規ユーザーへの優待アップグレード。
Upgrade from Intro/LE 特価36,800円(税込)
 
所定の手続きが必要な学生/教員様向け優待商品。
EDU (アカデミック版) 特価26,800円(税込)
 
-