075-256-0238
鍵盤楽器,DAW,マイク,PAなど幅広く取り扱っています












店舗情報はコチラをクリック
■所在地 〒604-0903
京都市中京区指物町326
■営業時間 午前11時30分~午後7時30分
■定休日 なし
(12月31日、1月1日及び社内行事日を除く)
■お支払方法
銀行振込、代金引換、ショッピングローン
■送料(料金目安)
(小)¥864 (80cm未満)
(中)¥1,080 (130cm未満)
(大)¥1,944 (200cm未満)
(特大)¥2,916 (200cm以上)
(大型電子ピアノ、大型スピーカー)¥5,400
★たて、よこ、奥行き合計の長さで計算します。
(離島及び一部地域では追加料金が発生します)
■代引引換時のご注意
手数料648-を別途いただきます。
■保証について
※新品・・・メーカー保証規定に準じます。
※B級品・・・製品により個別対応いたします。
(店舗にてご確認ください)
※中古品・・・初期不良のみ対応いたします。
(商品到着後1週間以内とさせていただきます)

 

株式会社ワタナベ楽器店

京都府公安委員会

許可証番号

第611029610020号

EVE AUDIO ( イブ オーディオ ) SC407 (1本) ◆ モニタースピーカー ( パワード ) ・4way

for DTM・DAW・レコーディング・スタジオモニター・PCオーディオ 等
EVE AUDIO ( イブ オーディオ ) SC407 (1本) ◆ モニタースピーカー ( パワード ) ・4way
EVE AUDIO ( イブ オーディオ )
SC407 (1本) ◆ モニタースピーカー ( パワード ) ・4way
特価 375,840円(税込)
▼HF:50W/MHF:180W/MLF:180W/LF:180W▼
4ウェイ仕様でプロフェッショナルなスタジオにお薦めの、7インチアクティブモニター。

スタジオのメインスピーカーとして、正確さとパワーを両立させたモデルをお探しなら、EVE AudioのSC4シリーズが最適です。
 

SC407とSC408は、非常にパワフルなアンプを各ドライバーに装備しています。大型のウーファーはクロスオーバーまでの周波数帯域を正確に再 生し、ミッドレンジのウーファーが次の帯域を再生します。EVEの4ウェイのスピーカーは、すべて左右対称で、ウーファーはそれぞれが違う帯域を再生する のではなく、低域を最大限正確に再生するために、同じ帯域を2つのウーファーを使って再生しています。
 

その結果、低域を非常にリニアなレスポンスで再生することが可能になり、スタジオのコントロール・ルームに全体にパワフルな低域を伝えます。

中央にあるスタイリッシュなグレーのプレートには、ミッドレンジのウーファーとAMTツイーターが装着されています。このプレートは、スピーカーを縦にも横にも設置できるように、90°回転させることができます。

 


EVE AUDIOが誇る独自設計構造
SC407はEVEの4ウェイシステムでは小型のモデルですが、小さすぎるという訳ではありません。1.5インチのボイスコイルで駆動される6.5インチの「シルバーコーン」ウーファーは2つが同時に駆動し、非常に低い35Hzから、クロスオーバーの280Hzまでを再生します。

4インチの中域ユニットは、低域のドライバーとリニアに駆動し、クリアで正確なミッドレンジを実現しています。低域用のウーファーとミッドレンジ・ユニットには、独自設計のハニカム構造の素材をグラスファイバーでコーティングした「シルバーコーン」を採用しており、驚くべき細やかさでクリアに中高域を再生します。

同じく独自設計のAMT3(Ribbon System 3)ツイーターには、大型のマグネットが使用され、事実上ディストーションを発生させることなく、高出力レベルを実現しています。

各ドライバーはそれぞれにPWMアンプを装備し、それぞれのチャンネルがショートタームで180Wの出力を持っています。116dB(SPL@1m)の最大出力レベルがあれば、どんな音量での再生を想定したソースでも、必ずミックスを正確に判断できるでしょう。

正確でパワフルな低域、非常に明瞭なミッドレンジ、クリスタルのようにクリアな高域を一つのユニットにまとめたSC407は、クオリティーと安定したパワーでの出力が最も重要視される、中型から大型のコントロール・ルームでの使用を前提にチューニングされています。SC407は他のEVE Audioのスピーカーと同様、バランスXLR入力とアンバランスRCA入力の両方を背面パネルに装備しています。
□ どんな環境でも最良のサウンドを提供するDSP内蔵設計
すべてのEVE Audioのスピーカーは、高解像度のDSP回路を内蔵しており、使用環境に応じてモニターをチューニングすることができます。DSPという略語はモニター・スピーカーにそぐわないと思う人もいるかも知れませんが、私たちのDSP回路は、入力音を処理能力の幅に嵌め込むような処理はせず、難しい操作も必要としません。

クロスオーバーとフィルター・コントロールを機能を提供するDSPは、Burr-Brown製24bit/192kHz ADコンバーターから、入力シグナルをピュアなまま受け取ります。Class D(PMW)アンプリファイヤーはDSP回路から直接信号を受け取るので、DSPとアンプの間で不必要な変換は行われません。これにより圧倒的に原音に忠実な再現性を約束することができるのです。

DSPを採用したことで、ユーザー・フレンドリーな機能を実装することが可能になりました。フロントパネルのLEDリングが特徴的なノブは、外部の機器を全く必要とせず、DSPによる正確なボリュームとフィルターのコントロールを可能にしました。ノブによるコントロール機能は、誤操作や意図しない変更を防ぐため、背面のディップスイッチで無効にすることができます。

「どこまでも正確に、ミックスに施した仕事の結果を確認できるモニターを作りたい。」EVEがその目標を実現するためには、DSPの採用は不可欠でした。こうして、シンプルでインテリジェント、クリーンなサウンドのモニターが完成したのです。


 
□ 音程まで正確に"聞き取れる"低域を実現する、ベース・ポート。
EVEのスピーカーのデザインで、音に関係のない要素は一切ありません。ベースポートは、低周波数帯域の再生効率を上げるため、ウーファーユニットの裏側から発せられるエネルギーを利用するものです。エンクロージャーの容量、チューブの形状や長さなどを適切に設計することで、スピーカーのパフォーマンスを大幅に改善します。しかし同時に、不適切な設計は、ポートによる空気の圧縮という悪影響をもたらします。ボリュームを上げるとボートの効率が下がり、ディストーションの原因になりかねません。

EVEのスピーカーは、通常より大型のエッジが丸められた長方形のベースポートを採用することで、低周波数帯域を効率よく再生します。タイトでパンチのある音圧感ながら、ディストーションは皆無です。
非常に大きなボリュームで再生しても、低域の正確さは変わりません。



□ 製品仕様
Dimensions (WxHxD) [mm]  600 x 260 x 320
Free-field frequency range (-3dB)  35Hz - 21kHz
Tweeter  AMT RS3
Midrange  100mm/4"
Mid-Woofer  165mm/6.5"
Woofer  165mm/6.5"
Maximum SPL @ 1m  116dB
Total short-term output power  590W
Output power (woofers)  2 x 180W
Output power (mid-driver)  180W
Output power (tweeter)  50W
Protection limiter  yes

Weight kg/lb.  18 / 39.7

Connectors
XLR in (impedance) (10k)
RCA in (impedance) (10k)


※上記製品仕様は2012年11月時点のものです。
随時更新するよう努めてはおりますが、最新状況は常に変動するため合わせてメーカーでもご確認下さい。

 

-