京都市中京区指物町332 営業時間11:30〜19:30 年中無休
TEL: 075-231-2778 FAX :075-211-6422 MAIL:honten@watanabe-mi.com
  • 新着商品一覧
  • エレキギター
  • エレキベース
  • アコースティックギター
  • ウクレレ
  • 初心者用セット
  • アンプ
  • エフェクター
  • 交換パーツ、アクセサリー
  • PAセット
  • USED情報

ソロギタリスト"松井祐貴"さんによる♪ワタナベオリジナル・ヨコヤマギターレポート。

ソロギタリスト"松井祐貴"が弾く、

ワタナベオリジナル・ヨコヤマギター。

 

アコースティックギター担当の村主です。

日頃店頭にてお電話やメールなどでのお問い合わせをいただくことが多いヨコヤマギター。

「プレイアビリティはどうなのか?」

「どんなサウンドなのか?」

上記のような部分は、皆さまもちろん気になる部分かと思います。

「実際の音を聴かずにウン十万のギターを購入するのは一歩踏み出せない」

そのようなお客様からのお声を頂き、遠方のお客様へヨコヤマギターの素晴らしいサウンドを届ける機会が無いか?

と日々思案しておりました。

そんな私の願いを快く引き受けてくれたのが、当店とも馴染みのあるソロギタリストの「松井祐貴」さん!!

前回お会いした際に、

「試奏動画を作りたいと思っていまして。。出来ればアーティストさんがちゃんと弾いてて。。」(村主)

とダメもとでお願いしてみたところ。。

 

「僕で良いんでしたら喜んで♪♪」(松井)

 

と!なんと快く引き受けて頂けたのでした。(いつもありがとうございます。。)

ギターの特徴から、個人的なご意見まで交えながら、

当店オーダーの2本のヨコヤマギターをレポートしていただいております。

動画も交えながらどうぞご覧ください♪

 

試奏No.1:

AR-WM”Hawaiian Koa” #492【艶なし塗装】

Serial.No:#492 トップ材:ホワイトスプルース*選定材
ボディ形状:オーディトリアム/Rカッタウェイ サイド&バック材:アフリカンマホガニー*選定材
スケール:648mm ネック材:アフリカンマホガニー1P*選定材
フレット数:20Fret 指板材:エボニー
指板幅:44.5mm/59.0mm ブリッジ材:エボニー
ボディ厚:90.0mm/120.0mm 天神表化粧板:カマティロ*選定材
ボディバインディング:ハワイアンコア 塗装:艶無し
ネック形状:少し三角型:松井祐貴仕様 ロゼッタ:黒ライン+PGホンジュラスローズウッド*選定材

指板エンド:ノンステップウェーブ19F有り

(ライン有り):松井祐貴仕様

ペグ/本体:GOTOH/SGL510Z CK
ブレーシング:スキャロップドラティス ナット&サドル材:牛骨(漂白無し)

 

 

 

 

松井祐貴さんのコメント

 

僕の感覚ではジャキジャキしてるなという印象がありますね。トレブリーと言いますか、マホなので低域少ないのかな?その分高域が目立つので、このギターならスローバラードなんかのアルペジオを中心に演奏されるなら音の伸びが良く、ばっちりハマると思います。

(実際スローバラードを松井さんに弾いていただきましが、確かにベストマッチでした。)

 

僕自身もこのギターだったらバラードだったり、ラグタイムのような軽快で優しい雰囲気の楽曲を演奏したいですね。

 

グリップ感も良く弾きやすい、重量がもの凄く軽いので演奏は楽ですね。19フレットが残っているのでハーモニクスも出しやすくていい感じです♪

 

 

-スタッフより-

こちらのギターはヨコヤマギターでアップチャージの無い材を組み合わせた仕様で、

「最も低価格にお求めいただけるヨコヤマギター」をコンセプトにしながらも、全ての材を横山工房にて選定しており、

大変コストパフォーマンスの高いモデルとなっております。

1ピースマホガニーネックも通常アップチャージとなりますが、当モデルではお値段据え置きで実現しております。

ネックの仕様、指板エンドの仕様を松井祐貴さんご本人と同じ仕様にしております。

動画でもわかるように19Fのハーモニクスが綺麗に出ており、こういった演奏をされる方には必須の仕様ではないでしょうか。

意外とヨコヤマギターでこのノンステップウェーブ19F有り (ライン有り)の仕様のギターが無いので、

こちらのギターではその部分も狙って製作いたしました。

 

試奏No.2:

AR-WM”Padauk” #491【艶あり塗装】

Serial.No:#491 トップ材:ホワイトスプルース*選定材
ボディ形状:オーディトリアム/Rカッタウェイ サイド&バック材:アフリカンマホガニー*選定材
スケール:648mm ネック材:アフリカンマホガニー1P*選定材
フレット数:20Fret 指板材:エボニー
指板幅:44.5mm/59.0mm ブリッジ材:エボニー
ボディ厚:90.0mm/120.0mm 天神表化粧板:カマティロ*選定材
ボディバインディング:パドゥク 塗装:艶無し
ネック形状:少し三角型:松井祐貴仕様 ロゼッタ:黒ライン+PGパドゥク*選定材
指板エンド:2ステップウェーブ ペグ/本体:GOTOH/SGL510Z CK
ブレーシング:スキャロップドラティス ナット&サドル材:牛骨(漂白無し)

 

 

 

 

松井祐貴さんのコメント

 

さっきのギターに艶出し塗装をしただけなのに、全然違いますね。まず、テンションが違います。強めに弾いてもバズらないですし、高音部の単音も力強くハリのあるサウンドで鳴ってくれます。

 

強いて言うなら以前あったカマティロ材の物なんかに比べちゃうと低音は少ないかなと思いますね。普通の一般の方が弾くともっと低音欲しいと思われるかもしれないですね。まぁ、これがマホの特性なんですが。

 

僕としてはこのギターが一番好きです。(この日は実は合計5本のヨコヤマギターを試奏して頂きました)

ぶっちゃけ低音はライブとかでは出て欲しくないんです。出ると音が回っちゃうんで。最低限低音を出すことが出来るギターを選んで、後はプレイで出したいので、これが一番コントロールしやすいですね。

僕もライブのメインはマホガニー材のヨコヤマギターを使う事が多いです。

 

 

-スタッフより-

こちらのギターはヨコヤマギターでアップチャージの無い材を組み合わせた仕様で、

「最も低価格にお求めいただけるヨコヤマギター」をコンセプトにしながらも、全ての材を横山工房にて選定しており、

大変コストパフォーマンスの高いモデルとなっております。

1ピースマホガニーネックも通常アップチャージとなりますが、当モデルではお値段据え置きで実現しております。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

どちらもホワイトスプルースとマホガニーの組み合わせですので、大きな違いはありませんが、

色々な音楽ジャンルにすっと適応出来るポテンシャルを持ち合わせている事がお分かりいただけたかと思います♪

 

店頭でも自由に試奏可能ですので、松井さんも絶賛したこの2本を是非脚を運んで弾いてみていただければと思います。

 

皆様からのお問い合わせ、お待ちしております。

 

 

ワタナベ楽器店 京都本店

TEL 075-231-2778

Email honten@watanabe-mi.com

担当 村主

♪ご来店にあわせて商品をお取り寄せする事も可能です♪
 

☆商品のお取り寄せをご希望の方はメールまたは電話にてご連絡下さい。 (一部、事前お取り寄せが不可の商品もございます。あらかじめご了承ください。)
mail : honten@watanabe-mi.com
Tel : 075-231-2778

 

株式会社ワタナベ楽器店   京都府公安委員会 許可証番号 第611029610020号