京都市中京区指物町332 営業時間11:30〜19:30 年中無休
TEL: 075-231-2778 FAX :075-211-6422 MAIL:honten@watanabe-mi.com
  • 新着商品一覧
  • エレキギター
  • エレキベース
  • アコースティックギター
  • ウクレレ
  • 初心者用セット
  • アンプ
  • エフェクター
  • 交換パーツ、アクセサリー
  • PAセット
  • USED情報

第10回 K.Yairi リペアクリニックレポート!!

K.YAIRIクリニック”満員御礼”にて終了致しました。

 

毎回大好評いただいております「K.YAIRIリペアクリニック」

節目となる第10回目の今回は、ヤイリギターから木工部在籍の若手職人、

満田一誠 さん」をお招きいたしまして、7月19日に開催致しました。

 

今回もおかげさまで沢山の方にご来店いただき、大好評の内に終了致しました。

それでは行われたクリニックの内容の一部をどうぞ!!

 

●コード弾きで音が鳴りにくい..●

お持込頂いたのは、大事にご使用いただいてるのがわかるAY65。

「ハイポジションでのコート弾きで音が鳴りにくいような気がする」とのお悩みでご参加いただきました。

満田さんによる厳重なチェックの結果。。

「問題なし!最低でもあと5年は問題なく使える状態です!」とのこと。

お客様も職人の診断に大変安心され、これからもバリバリ使いますとのお言葉を頂きました。

●お客様の声●

「見て貰えてすっきりしました!練習頑張ります!」

 

 

●弦高を下げて欲しい..●

弦高を下げて欲しいとお持込いただいたのは1979年製のDY28。

ネックのアングルをレンチで調整し、全体のバランスを見ながらサドルの高さを調整していきます。

その場でサドルを削っていく満田さん。

バランスを見て作業しないと低くなりすぎて音がビビるといったことも多々あるので、やはりプロによる作業が一番安心できます。

お客様も弾きやすくなったと大満足。

弦高調整はアコギのリペアで一番多い問い合わせです。

弦高が気になっている方は是非このような機会もご利用ください。

 

●お客様の声

「だいぶ弾きやすくなりました!ありがとうございます。」

 

 

●弦高を下げて欲しい、ボディにもクラックが..●


こちらも長年弾き込まれているヤイリのガットギターYC10。

弦高が高くなっているのが気になるというのと、ボディにクラックが出来てしまい修理をお考えとの事。

弦高に関しては先ほどのお客様に続きその場で調整。

お客様が弾きやすく満足のいく高さのセッティングに仕上げていきます。

クラックについてはヤイリギター工房での対応になる為、その場で納期やおおよそのお値段の見積もりをお伝えしました。

お客様もタイミングをみて再度ギターを預けに来られるとの事でした。

このように、その場で対応できないこともまずプロの目で見て判断してもらい、今後の対処方法を一緒に考えれるというのもこのクリニックの醍醐味の一つです。

●お客様の声●

「大変弾きやすくなりました。またクラック修理にギターを持ってこさせていただきます!」

 

 

●特に問題なく弾けているけれど、いい機会なので診て欲しい..●

カスタムオーダーをして製作されたというBL95Custom。

カラーリングやロゼッタ周りが個性的で、とても素敵な1本です。

1年前にもヤイリギターへ直接行かれているとの事で、ヤイリギターへの愛を感じるお客様でした。

診断の結果はベストコンディションとのことで、お客様も大満足。

積極的にライブ活動もされているとの事で、どこかで見かけられましたら応援してあげてください!

 

●お客様の声

「一生ヤイリを使っていきます!」

 

 

●落としてトップ材が割れてしまった..●

こちらはまだまだ新しいYW500R。

なんと、不注意から落としてしまったとのことで、地面に当たった部分がぱっかりと割れてしまっていました。

満田さんの検診の結果、「割れは出来るだけ早く直さないとどんどんリペアが難しくなってします」とのこと。

こちらのギターもこの日お車で来られていた満田さんがそのままお持ち帰りすることとなりました。

ヤイリギターの良いところは購入するまでだけでなく、買った後の保証も本当に手厚いということ。

こちらのギターも通常ではあり得ない金額で迅速なリペアがなされる予定です。

 

 

●お客様の声●

「このクリニックに関係ないかな。。と悩んでいましたが、丁寧に診ていただけ本当に良かったです。」

 

 

●しばらく放置していたので全体的に診てほしい..●

こちらは今は無き人気機種だったG1F。

しばらく弾かずに放置していたので、この機会に診て欲しいとお持込になられました。

まず、弦が張られていませんでしたので、弦を貼るところからスタート。

レギュラーチューニングにしてみるとネックが反っていることがわかりその場で弦高調整をし、弾き易いようセッティングしました。

出来上がりをお客様に弾いていただくと、かなり弾き易いとのこと。

しばらく弾いていなかったギターを診て欲しいといった内容も、このクリニックでは大歓迎です!

●お客様の声

「かなり弾きやすくなり、すごく嬉しいです!」

 

 

●弦高を下げて欲しい..●

お持込いただいたのは、今も大変人気のヤイリのエレアコWY-1。

弦高を下げて欲しいとの事でお持込いただきました。

エレアコを使われる方の中には、エレキギターのようにプレイされる方も多い為、弦高は可能な限り下げたいとお考えの方も多いです。

こちらのギターも調整をしてから、その場でサドルを削っていきます。

ヤイリギターの基準値よりもずっと低くセッティングしていきます。

こちらはサドルがアルバレズタイプで各弦ごとに6分割されているタイプの為、セッティングの難易度もグッと上がります。

出来上がった満田さんのセッティングにお客様もご満足いただけた様子でした。

 

 

●お客様の声●

「一度これで使ってみます。ありがとうございました。」

 

 

●弦高が高いので、ネック周りを見て欲しい..●

お持込いただいたのは購入から1~2年程のLO65カッタウェイタイプ。

ネックの調子を見てほしいとのことで、早速診断開始。

診させていただくと、ネックがかなり反ってしまっていて、そのせいで弦高が12F上で4mm以上となってしまっていました。

満田さん曰く「新しいギターほどギターの乾燥が十分でない為ネックは動きやすい状態にある」とのこと。

こちらもネックの調整を行い、少しサドルも下げることで新品の時の弾き易さを取り戻すことができました。

 

●お客様の声

「だいぶ弾き易くなりました!」

 

 

●前回のクリニックから約1年半、今の状態を診て欲しい..●

こちらは当店カスタムオーダーの1984年製WS70E。

こちらのお客様は1年半前に当店で行われたヤイリクリニックの際に始めてこちらのギターをお持込いただきました。

その際には弦高が高く、多くの箇所にガタがきていましたが、その日担当されていたカスタムショップリペアマン道前さんのリペアによって蘇り、今では多くの場所で演奏され活躍しているとのこと。
1年半経ったので、また悪い部分がないか診て欲しいとのことでした。

お客様のギターへの愛が伝わり、我々スタッフも大変嬉しく思いました。

満田さんの診断結果では「まったく問題なし!」とのこと。

やはり、調整を受けていただくことでお客様のギターへの愛着も沸き、大事に使っていただいた結果だと思います。

●お客様の声●

「またこれからも安心して使っていけます!」

 

 

 

 

この日も、合計で9名の方がクリニックに参加していただきました。

悩みは違えど、やはり製作に携わる職人本人に診断してもらえるというのはこのヤイリクリニックの最大の強みのように思えます。

 

「購入していただいてからも永いお付き合い。」

をモットーに当店では出来る限りこのような場を設けさせていただければと日々取り組んでおります。

次回の開催も是非お見逃しなく。

 

 

★ヤイリリペアクリニックは年に数回、定期的に行っております。

いち早く情報をお受けいただくには下記のワタナベ楽器店facebookページへいいね!していただくことが便利です。

どうぞご活用下さい。

 

ワタナベ楽器店facebookページ

 

 

ワタナベ楽器店 京都本店

TEL:075-231-2778

E-mail honten@watanabe-mi.com

担当:村主

♪ご来店にあわせて商品をお取り寄せする事も可能です♪
 

☆商品のお取り寄せをご希望の方はメールまたは電話にてご連絡下さい。 (一部、事前お取り寄せが不可の商品もございます。あらかじめご了承ください。)
mail : honten@watanabe-mi.com
Tel : 075-231-2778

 

株式会社ワタナベ楽器店   京都府公安委員会 許可証番号 第611029610020号