京都市中京区指物町332 営業時間11:30〜19:30 年中無休
TEL: 075-231-2778 FAX :075-211-6422 MAIL:honten@watanabe-mi.com
  • 新着商品一覧
  • エレキギター
  • エレキベース
  • アコースティックギター
  • ウクレレ
  • 初心者用セット
  • アンプ
  • エフェクター
  • 交換パーツ、アクセサリー
  • PAセット
  • USED情報

ヨコヤマギターズ探訪記~限定復活のカマティロを求めて~

 

「 カマティロ (※メキシカン・キングウッド)


「カマティロ」←皆さんはこの響きに何を想像されますか?
最もヨコヤマギターの人気が高まっていた2010年前後を知るファンならば間違いなく「ピン!」ときた筈です。

 

ヨコヤマギターの黄金期を支えた、唯一無二のサウンドをもたらす杢材、それが「カマティロ」。
ヨコヤマギターで最も代表的なサイド&バック材として、松井祐貴さんやokapiさんのメインギターにも使用され、大変な人気でした。

その当時、当店でヨコヤマギターのカスタムオーダーをお受けすると2本に1本は間違いなくカマティロ材でのオーダーでしたが、2013年頃を最後に木材の供給が無くなりオーダーストップ。その後も再開の目途が立たずに待つ事3年半...。

2015年のサウンドメッセでは5ピースや4ピースでのカマティロ材のギターの受注が開始されましたが、往年のファンは少なからず疑問を抱いたのも確かでしょう。

そんな中、遂にこの時が来ました!

当時と同じく3ピースで製作可能なものが僅か数セットだけ使用可能になった!との連絡を受け、誰よりも早くヨコヤマギターズ工房へと向かったのでした!

 

 

■11月某日 快晴

おはようございます。村主です。
朝9時発の新幹線に乗り込んで、僕自身ヨコヤマギターズ工房への出張では初の電車での訪問。
約4時間ほどの電車旅です。

 

 

 

この日は11月の初旬でしたが、長野に入ると既に紅葉が始まっていました。

山々に囲まれた雄大な景色は、僕の住んでいる街とは全く違う景色で、いつ訪れてもギター作りの場所に適しているなと思わせられます。

 

 

 

 

 

良くご存じな方もいるでしょう。
最寄り駅に到着しました。
趣のある自然に囲まれた素敵な駅ですね。

 

 

 

 

そして到着です!
前回のハカランダカスタムぶりの訪問、約1年半ぶりでしょうか。

今回も甘い物が好きな横山さんへ京都名物「生八橋」を片手に、久しぶりの工房のドアを叩くのでした。

 

最も良い材を手に入れろ!:杢材選定スタート!

 

今回のモデルの構想は、もちろん往年の「カマティロ」サウンドを復活させること。
中古市場で見かけても高値で取引されているにもかかわらず、直ぐに売り切れるヨコヤマギターズの1番人気。
それが「カマティロ材Side&Back」で製作されたヨコヤマギターなのです。

今回はバックを3ピースで取れるカマティロ材が入荷したタイミングですぐに向かったので、全てのストックの中から最も好ましい材を選ぶことが出来ました。更に、その他の材料もちょうど横山さんの材の買い入れ時期と重なったため、今までの工房訪問の中で一番木材が充実している時期となりました。

近頃やたらと目が肥えてきた僕でも、ものすごく楽しい木材選定となりました!
さて、それでは進めてゆきますね!

 

Mission.1: AR(オーディトリアム)編

SIDE&BACK材選定


まずは、当時も一番人気だったARでしょう。
という事で、木材を見ようと思ったところに、ちょうどカマティロ材をサイド&バックに使用した完成品がタイミングよくありました!

トップ材はベアクロウが美しい「ジャーマンスプルース」。サイド&バックはカマティロの5ピースと言ったスペック。
※指板はフレイムメイプル仕様です。

 

 

 

 

 

弾いてみましたが、カマティロならではの豊かな低音とジャーマンスプルースの美しく伸びる高域、キラキラ感が素晴らしーーーい!!!!
「やっぱり良いですねぇ。。。」
5ピースのカマティロでこれなら3ピースにはかなり期待できるのではないか?!と、これから始める木材選定に向けて胸をときめかせました!

 

 

まずはメインとなるカマティロ材選びから。
3ピースでの板取りでも、やっと確保できたというセットが5~6枚程!

「横山さん:作りたくても材が無くて、ずっとオーダーを断り続けてきた中で、これだけの木材が用意できること自体は物凄く貴重なんだよ!」との事。

確かに中には当時でも見ることが出来なかったレベルの杢目のカマティロがぞろり!!
この中からまずはARに適した木材を選びます。

 

 

何枚かに絞った後はプロの選定。

横山さんが念入りにタッピング(木材段階での鳴りのチェック。叩いて鳴る音から出来上がるギターのサウンドの傾向をある程度予測、絞り込みます)をして選んでくれました。

「横山さん:ARに使うならこれが良いよ。」

「僕:巨匠!それは何でですかね?」
透き通るようなタッピング音。
「横山さん:これだけ明らかに音が違うよ。こういうのはギターにしても良く鳴るんだよ。」
「僕:確かに。。。では、それですね!」
と、納得の1枚が見つかりました。良かった良かった。

 

そうして選んだ材がこちら!「これぞカマティロ!」という見事な杢目!
サイドもサップが入ったエキゾチックな木材をチョイス。眺めるだけでも美しいギターとなるでしょう。

 

 

TOP材選定(AR)

 

お次はとても大切なTOP材選びです!
先程選定したカマティロ材に合う物をとのことで横山さんと色々相談した結果、ジャーマンスプルースが良い!という事になりました。
先程弾いた完成品のARの音に心奪われたという事もあり、豊かな倍音を引き出す為、今回のARモデルのトップはジャーマンスプルースを選択しました!

 

 

 

 

「横山さん:ジャーマンをお薦めした理由もちゃんとあってさ、見てよ?めちゃくちゃ良いのが入荷してるから選び放題なんだよ。」とのこと。
横山さんが自分から「木材見てよ!」という事は長い付き合いで殆ど見たことが有りません(笑)
「本当にいい材が入ったんだろうな(笑)」と思って待っていると、仰る通り、今までの工房訪問の中で一番豊富にトップ材がありました!
しかもプレミアムグレードがわんさか!!!

これには木材マニアの僕には溜まりません!!

 

 

 

今回見せて頂いたジャーマンスプルースのトップ材の中で、僕の心を惹きつけたのは数枚だけあったプレミアムグレードのジャーマンスプルースにベアクロウが入った激レアな数枚。
基本、ベアクロウが入ったTOP材には今まで惹かれたことなく、沢山オーダーしましたがお客様からのご要望以外ではオーダーしてこなかった仕様のですが、今回はなぜか特別に心惹かれる物がありました。。。ぬぬぬ。。。

 

 

 

 

 

先程選んだカマティロ材とのマッチングとしては、何が一番良いか。
横山さんともじっくり話し合い、「横山さん:ベアクロウが入ったジャーマンは音が甘くなる」という意見も参考にしつつ、最も美しい1枚を選定しました!

 

そうして選んでいただいたトップ材はこちら!

ビッシリと狭い間隔で詰まった柾目、美しく彩るベアクロウ。プレミアムグレードが成せる技です。

Mission.2: SJF(スモールジャンボ/Fカッタウェイ)編

SIDE&BACK材選定

 

さて、あまりにも質の良いカマティロ材が多かった為にもう1本製作することにしました。
こちらは当時、ARより人気の高かったSJF(スモールジャンボ)のモデルにすることに!
「SJFの持つ特有の豊富な内容量が、すっごく気持ち良くボディ全体を鳴らすあのフィーリングをもう一度!」という事で、早速材選定を開始です♪

 

 

 

 

まずはこちらも大事なルックス選びから!
SJFは完成した際の杢目の見え方がARとは違いますので、どういった杢目をチョイスすれば良いのか、頭の中で出来上がりをイメージしながら選定していきます。

 

 

 

横山さんからのアドバイスも必須。
「横山さん:SJFは低域が深くなるから、こういった音色の木材を選んでおいた方が、出来上がった際にバランスが良かったりするんだよな。」
流石巨匠。僕には見当もつかない領域でございます。
今日の横山さんは物凄くご機嫌なので、これは最高の材を徹底して選べるぞ!と内心ほくそ笑む僕(笑)
巨匠、任せましたよ!

 

そうして横山さんが積極的に選んだSJF用のカマティロ材がこちら!

「サイドが柾目でセンターが斜めサップ」あの頃のヨコヤマギターが好きな方は大好きであろう良杢目です!

 

TOP材選定(SJF)

 

さて、サイド&バックのカマティロが決まればお次はTOP材選びです!
こちらも先程選定したカマティロ材に合う物をとのことで横山さんと再度相談。先ほど素晴らしい木材が大量にあったので、「僕:SJFもジャーマンスプルースにしようと思います。」と言う僕に対して、本日絶好調の巨匠から「横山さん:実はSJFなら合わせたい良い木材がこれまた入荷したばかりなんだけど?見る...?」という天使?のささやきが・・(笑)

 

 

 

そこで横山さんが持って来てくれたのが、ヨコヤマギターと言えばこれ!と言う「ホワイトスプルース」です!
暖かみと太さがある、ヨコヤマギターファンなら誰しもご存知で、数あるルシアーの中でもホワイトスプルースと言えば横山さん。という代表的なTOP材です!
勿論僕も存在を知っており、サウンド的には素晴らしいのですが、ホワイトスプルースの欠点は杢目が綺麗なものが少ない事。
今までの工房訪問でも、ホワイトスプルースを選びたくても綺麗な良い杢が無い。。という事が多くあり断念した事もありました。

 

 

 

しかし今回は「横山さん:買い付けをしたところで、物凄く質の良いホワイトスプルースがたくさんあってさ!SJFならホワイトスプルースの相性が良いから選んでいきなよ!」という事で、見せて頂きましたが、確かに素晴らしい!見た瞬間にホワイトスプルースでいきましょう!と即答するほど、今まで見た中で一番良い物が見付かりました!

 


そうして選んでいただいたトップ材はこちら!

美しいド柾目、かなり見事なホワイトスプルース材トップを運よくGET出来ました!

Mission.3:ネック材選定

 

ネック材も勿論重要な部分です。これらもタッピングすると一つ一つサウンドが違い、重さも違います。
ギターに合わせて、最も良い組み合わせになるよう選定します。

 

 

「餅は餅屋」という事で、ここも木材選定のプロ、横山さんに一任しました!

この日物凄く機嫌が良かった巨匠は「横山さん:すぐり君!ほら!これなんか物凄く良い木材だよ!カッコーーンって物凄く良い音がするだろ?さらに杢目も…あーだー・・・こーだ・・・エトセトラ・・・」

横山さんの物凄く熱心な解説に頑張って付いていく僕・・・

 

 

 

そしてドン!
柾目の美しいネック材を選んでもらいました!
まだ後ろで選んで下さっている横山さんがかわいいですね(笑)

 

 

Mission.5:装飾部の選定

 

さて、杢目が美しいカマティロのギターには天神やPG風パーツの杢目にも拘りたいところ。

 

 

 

 

ARの天神板は勿論カマティロ!
サップが入ったクールな物をチョイスいたしました!

 

 

 

SJFの方も同様のサップ入りカマティロをチョイス!
こういった杢目はワンオフ感を強調してくれます♪

 

 

 

 

ピックガードもサップ入りの物をチョイス!
天神板と相まってとても良い雰囲気です。
出来上がりが楽しみですね!

 

 


そして無事に終了!

 

 

お昼に到着してから材選定を終えてみれば日も暮れて辺りは真っ暗!

今回も遠慮なく時間を使い、本当に厳選した材だけを選ばせて頂いたので、ハイコストパフォーマンスな最上級グレードのギターに出来上がってくると思います。

次の日楽器フェアへの出張もあった為、横山さんが駅まで車で見送ってくれました!
「巨匠!また来ますね♪」

このギターで最高の音色を鳴らしていただけるよう、この後はどうぞよろしくお願いします!

 

 

 

さて!
それでは今回のオーダー分を振り返ってみます!

AR-GC"Premium Sap Camatillo"

 

-仕様-

ボディ形状:オーディトリアム/Rカッタウェイ トップ材:ジャーマンスプルース/ベアクロウ(選定品)
ネック形状:ちょっと三角/松井くんver サイド&バック材:カマティロ3P(選定
スケール:648mm ネック材:アフリカンマホガニー(選定
フレット数:20Fret 指板材:エボニー
指板幅:44.5mm/59.0mm ブリッジ材:・エボニー
ナット&サドル材:牛骨(漂白無し) 天神表化粧板:カマティロ(選定
ヘッドバインディング:なし

トップ&サイド&バック:艶ありネック:艶無し

指板エンド:ノンステップウェーブ/ライン有り ロゼッタ:貝ライン(アバロン)+PG/カマティロ(選定品)
ボディバインディング:ハワイアンコア ペグ/本体:GOTOH/SGL510Z CK

天神マーク:内:アバロン/外:白蝶貝

付属品:ギグバッグ

 

販売価格 420,000円(税別)

SJF-WC"Premium Sap Camatillo"

 

-仕様-

ボディ形状:オーディトリアム/Rカッタウェイ

トップ材:ホワイトスプルース(選定品)
ネック形状:ちょっと三角/松井くんver サイド&バック材:カマティロ3P(選定
スケール:648mm ネック材:アフリカンマホガニー(選定
フレット数:20Fret 指板材:エボニー
指板幅:44.5mm/59.0mm ブリッジ材:・エボニー
ナット&サドル材:牛骨(漂白無し) 天神表化粧板:カマティロ(選定
ヘッドバインディング:なし

トップ&サイド&バック:艶ありネック:艶無し

指板エンド:ノンステップウェーブ/ライン有り ロゼッタ:貝ライン(アバロン)+PG/カマティロ(選定品)
ボディバインディング:ハワイアンコア ペグ/本体:GOTOH/SGL510Z CK

天神マーク:内:アバロン/外:白蝶貝

付属品:ギグバッグ

販売価格 420,000円(税別)


+30,000円で、ヨコヤマギターズ純正のハードケース
+40,000円で、グランドオプリー

への変更が可能です。詳しくはお問い合わせください。
 


と言うわけで、ヨコヤマギター×カマティロ材の真価がしっかりと感じて頂ける、大納得の内容になりました。
特に今回は、今までの中で最も良い木材が豊富でした!ご期待ください!僕が保証します!

入荷は春のサウンドメッセ前後。4月頃を予定しております。
どうぞお楽しみに!!!ご予約も受け付けております!!!!

 

 

※当店では、お客様からのカスタムオーダーのご依頼も随時受け付けております。

お客様のイメージのギターに可能な限り近づけるお手伝いが出来ればと思いますので、

お電話、メールにてどうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

上記商品へのお問い合わせ、又はヨコヤマギターのカスタムオーダーに関しましては、

担当:村主(すぐり)までお気軽にご連絡ください!
 

TEL:075-231-2778

メールでのお問い合わせはこちらから♪

並び替え: 標準  価格順▲  価格順▼  新着順  注目順  2件
YOKOYAMA GUITARS AR-GC"Premium Sap Camatillo" YOKOYAMA GUITARS SJF-WC"Premium Sap Camatillo"   
YOKOYAMA GUITARS
AR-GC"Premium Sap Camatillo"
カマティロ材復活!工房オーダーのプレミアムジャーマンスプルース(ベアクロウ)とプレミアムカマティロの王道AR!
SOLD OUT
YOKOYAMA GUITARS
SJF-WC"Premium Sap Camatillo"
カマティロ材復活!工房オーダーのプレミアムホワイトスプルースとプレミアムカマティロの通好みなSJF!
SOLD OUT
  
並び替え: 標準  価格順▲  価格順▼  新着順  注目順  2件
♪ご来店にあわせて商品をお取り寄せする事も可能です♪
 

☆商品のお取り寄せをご希望の方はメールまたは電話にてご連絡下さい。 (一部、事前お取り寄せが不可の商品もございます。あらかじめご了承ください。)
mail : honten@watanabe-mi.com
Tel : 075-231-2778

 

株式会社ワタナベ楽器店   京都府公安委員会 許可証番号 第611029610020号