安心、カンタン、本格派,ギターからPA・音響機材・DTM・デジタルまで楽器店ならではのワタナベ楽器店通販SHOPです。
ワタナベ楽器店 ONLINE SHOP トップページ
キャンペーン一覧楽器レコーディング・DTMPAシステム&マイクロフォン激安大特価コーナー
キーワード・商品名で検索

検索方法の解説です

 

レコーディング・DTM新着商品情報
DTM/DAWセット for WINDOWS
DTM/DAWセット for Mac
ブランド別ソフトウェア
DAWソフトウェア/ホストアプリケーション
ソフトウェア・インストゥルメンツ
ソフトウェア・エフェクト
インターフェース
コントローラー
アウトボード/エフェクター
シンセサイザー・リズムマシン
DJ関連機器
MTR/デジタル機器
コンパクト・ミキサー
マイクロフォン関連
ヘッドフォン
モニタースピーカー
DTM系アクセサリ
VOCALOID ボーカロイド
ssl
新着&おすすめ



 

■ WAVESモデリングシリーズについて





歴史的名盤を支えてきた、音楽機材。

音楽の歴史において、様々な「名盤」と呼ばれる作品が世には存在します。
それらの作品には、当然ながらアーティストへの注目が注がれますが、名盤が生まれたストーリーなどを読み解くと、名盤を大量生産していたスタジオやエンジニアがいた事がわかります。
彼らへ脚光が注がれる事は余りありませんが、アーティストが彼らの力を頼って、歴史的名作が産み落とされたという事実がある事は、各々の名作のメイキングストーリーを調べると十分に理解出来ます。
そして、そんなスタジオやエンジニアが信頼していた機材、というのもまた世には存在していました。

ヴィンテージ機材、アナログ機材。
音楽愛好家にとって、この言葉の響きはとても魅力的です。
その中でも一級の機材、一般の人々には目にする事さえ困難な逸品があります。

WAVESは、こういった一級中の一級品を精巧にモデリングする事に挑戦しました。
これらのヴィンテージ・アナログ機材は、昨今の機材のような安定性や正確性を持っておらず、モデリングはとてつもなく困難な事です。実際、WAVESより早く多くのメーカーがこういった事に挑戦しましたが、そのいずれもが実機を知る人達に「拒否」されてきた事実があります。

「ソフトウェアでは、ハードウェアのリアルな再現は不可能」

こういった世風があったにも関わらず、WAVESはモデリング製品の開発に踏み切った訳です。


WAVESは、特別な存在。
ただ一ついえる事は、そんなマイナスな状況であったにも関わらずWAVES社がモデリング製品の開発に踏み切ったのには、他社とは違う、確固たる自信があったからとも言えます。
WAVES社には、非常にレベルの高いプログラマーなどの技術者が在籍しています。
例えば「あるプログラムを組んで欲しい」と依頼された時、有名他社ですらサジをなげたプログラムを、WAVESは作り上げる事ができた、という経歴があるほどに、WAVESの技術は優れたものがあります。
彼らにかかれば「不可能な事」は無い、という自身があったのでしょう。

リリース当初、先に述べたようにモデリング製品に対する悪評が蔓延っていたので、耳にするより先に「おかしなものが発売された」という風潮がありました。しかし、その実体は、実機を熟知するエンジニア達を驚愕させるほどのリアリティを持っていました。

その機材だけが持つサウンド、振る舞い、クセ。
そのどれもが実機と遜色がないのです。

当然ながら、少しづつ「WAVESのモデリングは特別」という事が認知されてゆきました。
 

そして、このウワサを聞きつけた若いクリエイター達も自らのシステムにこれらの導入を始めるほどになりました。
彼らは、実機を知りませんでしたが明らかに「ヴィンテージ機材、アナログ機材」と呼ばれるものに秘められた輝きが、このプロセッサーにあった事に喜び、秘密の逸品として迎え入れたわけです。

そして今や、世界的なトップエンジニアさえも、積極的にこのWAVESのモデリングシリーズを利用しています。
もはや「WAVESモデリングシリーズで、ヴィンテージの輝きを付加する」という行為は、「当たり前」の事といえる程に一般的な事となってしまいました。

近年では、WAVES以外にもモデリングを行うプロセッサーが販売され、世に溢れています。
しかし、WAVESモデリングシリーズ ほど、当然のようにプロフェッショナルに迎えられる製品は他に無く、そして代わりが出来るプロセッサーさえも今なお存在しません。

WAVESモデリングシリーズは、特別なのです。






WAVESモデリングシリーズは、実機と全く同じと言ってしまってもいいほどの、リアルな振る舞いをします。
デジタル機器とはまた違う、WAVESモデリングシリーズの特徴にクローズアップしてみましょう。


そもそもヴィンテージ・アナログ機材の特徴とは?
ヴィンテージアナログハード機材の特色、というのはどういったものがあるのでしょう。
これを知らない限り、
昨今のハードウェア機器もいわゆる「アナログ機材」と呼ばれる事がありますが、正確にはフルアナログでは無い場合が殆どです。パーツにデジタルサーボやプロセッサーを利用し、「不良」と呼ばれてしまわないよう正確無比な挙動をするよう組み上げられています。対してヴィンテージ・アナログ機材には、こういったデジタルパーツも使われていないフル・アナログ仕様です。
従って、精度について不良品であるというわけでは無いのですが、いい加減さや不安定さを持っています。

この「いい加減さ」や「不安定さ」というのが音楽的に人を惹きつける要素になっている事を知っておく必要があるといえるでしょう。

例えば、9時と12時の位置でのサウンド変化の差分を考えると、3時の時の効果はおよそ想像がつくのがデジタルだとすると、アナログにはそういった正確さが無く、ある位置ではグッと可変するのに、ある位置では大きな可変が見受けられない、といったような特性をもっている機材が殆どです。

また、ツマミ位置を変えていないにも関わらず、音声処理に揺らぎがでる製品もあります。
といっても、素人でも解るほどの揺らぎではなく、マスタリングエンジニア並みのプロフェッショナルな耳を持つ人にだけ感づけるほどの違いだそうです。しかし、この「揺らぎ」のお陰で、アナログ機器特有の味が生まれている事が、モデリングプロセスの中で分かって来たそうです。人間の耳は、なにがどう違うと表せるほど知覚していなくとも、自然と違いを感じ取っている、という部分が多様にあるのでしょうね。

そして、ノイズ。
ヴィンテージアナログ機器は現代ほどの科学技術がありませんので、通すだけでノイズが発生します。しかし、これもまた「アナログフィール」には欠かせない要素であり、ノイズニュアンスが変わってしまうと、全く別物のように感じられてしまうという事が起こってしまいます。正に「必要悪」なノイズというものが存在するわけです。

そして、実際のヴィンテージ・プロセッサーは、こうしたいい加減さの具合が起動する度に違ったり、経年変化で作用に変化ができしまったりもします。ようするに、じゃじゃ馬なのですね。


プラグインになることで、飛躍するヴィンテージサウンド
こうしたヴィンテージプロセッサーをモデリングするにあたって、まず一番はじめに重要であることは「非常に状態の良いヴィンテージ・プロセッサーをモデリングする」という事です。
メンテナンスや保存状態で挙動の変わるヴィンテージ・プロセッサーですから、状態の良いプロセッサーをモデリングしなければ、どれほどの技術、資金投資、時間を費やしても、できあがるもののクオリティが低くなってしまう事は明白です。
WAVESモデリングプロセッサーは、まずこの点をしっかりと押さえており、どこの、誰の、どんな状態の機材、であるかを可能な限り公表しており、非常に状態の良い製品をモデリングしている事を明確にしています。
この点、スタート地点から他社とは次元が違います。

そして、実際のモデリング作業についてです。
WAVESのリーディング技術とプロセッシング技術は業界屈指です。
にもかかわらず、じゃじゃ馬な機材のリーディングは困難を極めました。正確性のない機材を正確にモデリングするという事は、"" 正確でない挙動全てを、正確にリーディングする ”” 必要がある為です。


さらにプログラムとして出来上がった時には、実際にヴィンテージプロセッサーを扱っていたトップエンジニアなどにも意見を求め、さらに忠実なチューニングまで施されています。

こうした製品開発には商品によっては何年ものとてつもない月日を要したものもあり、ここまでやり抜けば当然、現在のWAVESモデリング製品が他を圧倒する品質である事が認知される事となるのも、当然といえます。

またさらに、単にモデリング製品をリリースするだけでなく、現代に蘇る利点にもクローズアップされています。
例えば、当然ながらヴィンテージ・アナログ機材はセッティングの保存ができません。
設定をメモしたとしても、再度起動したときには具合が変わってしまう事さえあります。
しかし、プラグインとなればそうした「起動による状態の変化」はありません。
常に、最良の状態のプロセッシングが可能というわけです。

また、実用に不便だと思われるモデリングに対しては、そのモデリングをON/OFFできる仕様であるものもあります。
恐らくは、テストの際のエンジニアからの要望なのでしょうが、ノイズ量の調整が出来るとか、サチュレーション効果のON/OFF(サチュレーションはかかって欲しくないが、EQ、コンプなどの効果特性はそのままでいて欲しい、といった場合に有効)ができるものもあります。

もはや温故知新の夢のようなプロセッサーであるというわけですね。





現在も、WAVESモデリングプロセッサーは増え続けています。
では、それぞれどんな個性をもっているのか、そこにクローズアップしてみたいと思います。


V-Series
本製品は、かの有名なルパート・ニーヴ氏が世に送り出した世界一級コンソールのモジュールをモデリングしたコンプレッサーとイコライザーのバンドル。「NEVEといえば」という歴史的モデルのモジュールを再現しており、クリアで堅すぎる昨今のレコーディングシステムにアナログの暖かさを加味したいとき、絶大な効果を発揮します。
特にUKサウンド、オルタネイティブ・ロックなど、曇りがかったサウンド、湿り気のあるサウンドにおいては欠かせないプラグインとなるでしょう。



API Collection
アメリカン・クラシックロックやファンクといった骨太で乾いたサウンドにはAPIが大きく貢献してきました。
現代でもファンクロックなどの分野では、APIサウンドが広く求められがちです。
そんなAPIコンソールの歴史的モジュールであるパラメトリックEQ、グラフィックEQ、コンプレッサーのモデリングプロセッサーがバンドルされた一品です。明るさ、ユニークさ、そしてクラッシクと呼ばれる名盤のフィーリングを求めるのなら、必須の一品です。



SSL 4000 Collection
現代のハードロック、ヘビィロックに共通するパワフルさと芯の強さは、Solid State Logic社のコンソールがもたらす恩恵が多大にあります。なかでも伝説的なコンソールであるSSL 4000 シリーズは、特別な存在です。

そんな一級SSLコンソールのEQ、コンプ、チャンネルストリップモジュールをモデリングしたのが本バンドル。
「楽曲にエネルギーを加味する」プロセッサーをお探しであれば、迷うことなく導入すべき一品です。



JJP Analog Legends
ワールドワイドなトップエンジニアであるジャック・ジョセフ・プイグ氏は、世界有数のヴィンテージプロセッサーのコレクターでもあります。その中には、今手にする事が非常に困難なレア・ヴィンテージ・プロセッサー「Pultec EQP-1A 及び MEQ-5 イコライザー」「Fairchaild 670 コンプレッサー」があります。

これらは、かつて一世を風靡した歴史的な名プロセッサーで、多くの歴史的名盤において重要な功績を果たしたユニークな一品。
いずれの機種もスウィートなサチュレーションを備えている事は当然ながら、「音楽的に非常に重宝する機能性」を備えているところが、他では得られない特別な存在価値です。

現在も、ジャック・ジョセフ・プイグ氏自身が完璧なサウンドを求めるときに欠かせない一品として愛用されており、彼が生み出す名盤にも使われてきた特別な一品です。一級のミックスを手に入れるには、このプロセッサー達は今や欠かせません。


CLA Classic Compressors
日々過激さを増すロックシーンにおいて、本製品がモデリングする実機達がもたらした恩恵は計り知れません。
純後継機も含めると、世界中の一級スタジオで設置されていない所は無いと言えるほど定番中の定番コンプレッサーをモデリングした、ロックファンには欠かせない3種のコンプレッサーバンドルです。

これらのコンプレッサーは非常にパワフルで、存在感に優れ、エネルギッシュなサウンドに欠かせません。
特にCLA-2AがモデリングするLA-2Aは、社名が変われども未だに世に残る歴史的銘機で、ボーカル、ギター、ドラムを芯のあるパワフルなサウンドとして輝きをもたらし、多くの歴史的名作を生み出してきました。
このLA-2Aには真空管が採用されており、暖かみのあるサチュレーションをもたらし、柔らかでありながら力強いサウンドへと導きます。のこる2つはソリッドステートユニットで、真空管のような柔らかさを持たない代わりにパンチのあるサウンドへと導き、非常に力強い効果が得られ、特にドラムなどのソースに対して重宝されてきました。もう一度言いますが、
日々過激さを増すロックシーンにおいて、本製品がモデリングする実機達がもたらした恩恵は計り知れないのです。


Dorrough Meter Collection
パーソナルな環境でラージスピーカーのような爆音とローエンドを正確にモニタリングする事は非常に困難です。
そんな時、メータープラグインは非常に信頼のおける存在です。
ただし、正確なメータリングが出来れば、の話ではありますが。
市場にはたくさんのメータープラグインが存在します。中にはフリーで手に入れる事ができるモデルもありますが、そんななか何故WAVESはモデリングをしてまでメータープラグインをリリースしたのか、それはひとえに「正確なメータリングが可能なプロセッサーが無かったから」です。ヘッドフォンやニアフィールドモニターで聴ける帯域をわざわざメーターで監視する必要はあまりありません。モニター出来ない帯域を監視したいのです。しかし、その帯域となると全く信用性がない。
そんなメーターで溢れていたから、既に実績のあるDorrough Electronics社の協力も得て、本格的で信用に足る、ラウドネスまでも監視できる一級のメーターをリリースしたのです。
全クラブミュージッククリエイター必須のプラグインという事です。



Aphex Vintage Aural Exciter
本製品は「真空管ユニット」と呼ばれる、純粋に真空管サウンドに変容させるユニットを精巧にモデリングしたプロセッサーです。1970年代には特に多くのレコードで利用され、そして驚くべき事にこの機材がセッションプレイヤーとしてクレジットされるほど、愛用されたユニットです。70年代はレコーディング史において重要な時期です。
それまで可能なかぎりピュアに、歪み無く作品を仕上げる事が良いとされてきた時代に終止符がうたれ、
「心地よい歪み」というものがクローズアップされ、そして数多の真空管ユニットなどの「良質の歪みを与える機器」が世に存在しました。
そのなかで、非常に希な功績として「セッションプレーヤー」にまで上り詰めた本機は、他のユニットとは桁違いの存在です。
ボーカルやギター、ベースなど、真空管との相性が良いソースに積極的に利用して下さい。



Tape, Tubes & Transistors (EDDIE KRAMER TTT Bundle)
本製品は夢の様なクラシックユニットがバンドルされたスペシャルなヴィンテージユニットモデリングバンドルです。
なぜスペシャルなのかというと、レッドツェッペリンやジミヘンドリックスといった歴史的なビッグネームの歴史的な名盤がレコーディングされたロンドン・オリンピックスタジオの3つの主要な伝説的機材は、まさに本バンドルの3製品であるからです。
要するに、このバンドルを手に入れる事は
ロンドン・オリンピックスタジオのサウンドを手に入れる事と同意義であるわけです。

ところで、こんな貴重な機材を誰が監修したのか、という事も重要です。
それは他でもない、その歴史的名盤をミックスした本人 EDDIE KRAMER 氏です。
もはや贅沢すぎるバンドル、それがこのTTT Bundleなのです。

本バンドルには、Heliosミキシングコンソールのヘッドアンプ/EQをモデリングしたチャンネル、
今も至上最高のバスコンプレッサーであると賞賛されるPyeをモデリングしたコンプレッサー、
そしてアナログサウンドの大きな要である「テープ」をモデリングしたテープモデリングプラグインの、
以上3つがバンドルされています。

特にテープは、あらゆるトラックにインサートして下さい。
正に、アナログサウンドのそれになりますので。
※MPX Master Tapeについてより詳しくは
こちらから。


NLS Non-Linear Summer (現在、弊社取り扱い交渉中です)
これまでのWAVESプラグインでは多くのプロセッサーがモデリングされてきましたが、本製品はすこしニュアンスが異なります。
本製品は
、特別な一級ヴィンテージコンソールの "入力段" がモデリングされた「モデリングヘッドアンププラグイン」です。

これはどういうことかというと、オーディオインターフェースやマイクプリで音質が大きく変わるのと同じように、ハードウェアコンソールの入力段にもサウンドキャラクターが備わっており、そのキャラクターを通すだけで付加出来るという事です。
音の変わり様は、まるでエレキギターが、利用するアンプで大きくサウンドが変わるのと同じような効果があるので、積極的なサウンドフィーリングの加工に最適です。これまでのWAVESプラグインはあくまでコンプレッサーやEQなどの"途中経過"の機材がモデリング/シミュレートされてきましたが、その根本的な要所である「ヘッドアンプ」がモデリングされた、という所がとても重要なポイントです。

例えば、ソフトウェアシンセでフレーズを作り、このプラグインをインサートするだけで、ヴィンテージコンソールの味わいが、ソフトウェアシンセに付加されます。当然、ソースはマイキングされたギターであってもラインで繋がれたベースであっても構いません。「通すだけで音が変わる」というところが非常に重要なポイントであるというわけです。

モデリングされたコンソールは以下の3つの実在するコンソールです。

 

  • Mark ´Spike´ Stent所有のSSLソリッドステートコンソール。(Björk, Muse, Maroon 5, Madonna)
  • Pink Floydの名盤「狂気」にも使用されたMike Hedges所有のEMIクラシック・コンソール。(The Cure, Siouxsie and the Banshees, Dido, Faithless, Manic Street Preachers, U2)
  • Yoad NevoのためにカスタマイズされたNEVEヴィンテージ・ブリティッシュ・コンソール。(Bryan Adams, Pet Shop Boys, Sugababes, Goldfrapp, Air)


もはや音作りにおいてWAVESプラグインは欠かせないものとなったわけです。

 

並び替え: 標準  価格順▲  価格順▼  新着順  注目順  7件
WAVES ( ウェイブス ) Studio Classics Collection WAVES ( ウェイブス ) API Collection WAVES ( ウェイブス ) V-Series WAVES ( ウェイブス ) JJP Analog Legends

WAVES ( ウェイブス )
Studio Classics Collection
スタジオコンソール大定番/人気機種を完全モデリングした大人気マスタリングソフトウェア3種をワンパッケージに。
特価:209,300円(税込)

WAVES ( ウェイブス )
API Collection
世界中で賞賛されたAPIのピュアサウンド。今も変わらず世界中のレコーディング/放送機関で日々使用される理由がここにあります。
特価:73,872円(税込)

WAVES ( ウェイブス )
V-Series
本物の「Neve」に慣れ親しんだ各国のプロデューサー/エンジニアからの賞賛の嵐が耐えない、暖かく、独特の空気感を持つ重要プラグイン。
特価:61,560円(税込)

WAVES ( ウェイブス )
JJP Analog Legends
「Fairchild」と「Pultec」、しかも現代のメジャーサウンドメインストリームを支えるジャック・ジョセフ・プイグ氏の所有品を完全モデリング。
【12月特価 】
特価:18,300円(税込)
WAVES ( ウェイブス ) Eddie Kramer TTT Bundle ( Tape, Tubes and Transistors Native Bundle ) WAVES ( ウェイブス ) CLA Classic Compressors WAVES ( ウェイブス ) Abbey Road Collection  

WAVES ( ウェイブス )
Eddie Kramer TTT Bundle ( Tape, Tubes and Transistors Native Bundle )
伝説のオリンピックスタジオの偉材がプラグインに。
特価:61,560円(税込)

WAVES ( ウェイブス )
CLA Classic Compressors
世界中で定番中の定番のコンプレッサーを忠実にモデリングした、長く記憶に留まる本物のクラシックス。
特価:73,872円(税込)

WAVES ( ウェイブス )
Abbey Road Collection
音楽的に最も愛されるのはハードウェア・サウンド。そんなサウンドをプラグインベースでも遜色なく実現する世界最大エフェクトブランド「WAVES」のハードウェア・モデリングバンドル。
特価:110,808円(税込)
 
並び替え: 標準  価格順▲  価格順▼  新着順  注目順  7件