安心、カンタン、本格派,ギターからPA・音響機材・DTM・デジタルまで楽器店ならではのワタナベ楽器店通販SHOPです。
ワタナベ楽器店 ONLINE SHOP トップページ
キャンペーン一覧楽器レコーディング・DTMPAシステム&マイクロフォン激安大特価コーナー
キーワード・商品名で検索

検索方法の解説です

 

商品カテゴリ



 

Renaissance MAXX VS Native Power Pack

Renaissance MAXX  VS  Native Power Pack


大定番・WAVES入門バンドル、どちらがオススメ


初めてDAW付属のプラグインエフェクトに満足が出来なくなったとき、サードパーティ製の良質なエフェクトプラグインを検討することになります。そんな時にオススメとされているバンドル、それがこの「Renaissance Maxx」と「Native Power Pack」。
色々な情報サイト、雑誌などでもよく取り上げられるこの2つのバンドルは一体どちらが優れているのか、そこにクローズアップしてみたいと思います。

ではまずは、2つのバンドル内容を見てみましょう。

 


Native Power Pack Renaissance Maxx
TrueVerb
ディスタンス(奥行)コントロールを搭載した高品質でナチュラルなルームシミュレータリバーブ。
Tune LT
完璧なピッチ、もしくは意図的な不自然さをヴォーカルに加えるピッチ修正ソフト。
L1 Ultramaximizer
最大のオーディオレベルと最大の解像度が得られる大定番マスタリングプラグイン。
Renaissance Bass
低音域へ特定の倍音を加え重厚なベース成分を加える大定番プラグイン。
Q10
世界中の他のEQ設計の下敷にもなっている、パワフルな1~10バンド パラグラフィック イコライザー。
Renaissance Compressor
Wavesの定評高い「C1」、「L1」の技術を採用したClassic&Wetなコンプレッサー。
C1
C4の原点となった最高の1バンド・ダイナミック・イコライザ。

Renaissance Channel

Renaissanceシリーズが伝統とするEQ、コンプ、リミッター、ゲートを統合した精密なチャンネルプロセッサー。

S1
心理音響学的な空間イメージングテクニックを採用したステレオ効果を強化し修正するプラグイン。
Renaissance DeEsser
過度な“ess” や“shh”音もしくはシビランス(歯摩音)を精密にまた容易に排除。
SuperTap
フィルタ、パン、レベルをボイス毎に独立して設定可能なLFOモジュレーション搭載タップディレイ。

Renaissance EQ

アナログタイプのサウンドに適した多機能のパラグラフィックEQ。

Doubler

サウンドにリッチさを与える「ダブルトラックエフェクト」を得られる大定番プロセッサー。

Renaissance Reverb

ヴィンテージサウンドとアナログライクなコントロール性を備えたリバーブ。

DeEsser

ヴィンテージライクな操作性で簡単にディエッシングや高周波数帯域リミッティングが可能な高周波ダイナミックプロセッサ。

Renaissance Vox

ヴォーカル・トラックのために特別に最適化されたパワフルでシンプルなコンプレッサー。

IR-L
シンプルで、能率的なインタフェースを採用した「IR」シリーズのコンボルーションリバーブ。

IR-L

シンプルで、能率的なインタフェースを採用した「IR」シリーズのコンボルーションリバーブ。

Renaissance Axx

音量バランスの差が激しい自然楽器のダイナミクスを最適化するのに理想的なコンプレッサー。

Renaissance Axx
音量バランスの差が激しい自然楽器のダイナミクスを最適化するのに理想的なコンプレッサー。



こうして2つのバンドル内容を列挙してみると、L1、C1、Q10、Rennaisannce Bass、Renaissance Compressor、Renaissance EQなどエンジニアやアーティストなどから定評のある高名なエフェクトが含まれています。
これらは実際に、今現在、第一線で活躍するエンジニア/アーティストも愛用しているプラグイン。
「低価格なだけに低価格なりのクオリティ」という訳では無いところが、入門者にオススメといわれる理由の一つであることは間違いありません。

では、その肝心な「比較」の部分にクローズアップしてみましょう。
プラグイン比較内容を改めて「実用的な角度」から紹介してみたいと思います。

 


Native Power Pack
内容プロセッサータイプ:リバーブ2種、EQ1種、コンプ2種、ディレイ1種、マキシマイザー1種、その他3種
Renaissance Maxx
内容プロセッサータイプ:リバーブ2種、EQ2種、コンプ3種、その他3種
TrueVerb
ルームモデリング・リバーブ、所謂ハードウェアリバーブ的存在のリバーブプロセッサー。

Tune LT

ケロケロボイスなどの派手な演出効果よりも、音楽的でスムーズなピッチ修正を得意とするアーティスティックなピッチコレクトプラグイン。
L1 Ultramaximizer
市販CD音量を実現するマスタリングに欠かせないマキシマイザー。
Renaissance Bass
ラジオでも映えるサウンドや重量感など、ベースに求められる希望の帯域を生成するユニークなプロセッサー。
Q10
的確かつ精密なEQ作業が行える10つのバンドを備えた外科手術的イコライザー。
Renaissance Compressor
色付け無く幅広い利用が出来る絶対的能力を備えた音楽的なコンプレッサー。
C1
指定した周波数帯域にのみコンプやゲートをかけることが出来る外科手術的プロセッサー。

Renaissance Channel

EQ/Comp/Limitter/Gateが備わった、サウンドメイクに欠かせないチャンネルストリップ・プラグイン。

S1

ステレオバランスを簡単に、理想的にコントロールするプロセッサー。
Renaissance DeEsser
簡単にナチュラルなディエッシングを施せる音楽的なディエッサー。
SuperTap
抜群の機能性を実現しているディレイエフェクト。

Renaissance EQ

標準的すぎる非常に優れた使い勝手でありながら、正確かつ理想的な効果を与えてくれる音楽的なEQ。

Doubler

ボーカルに欠かせないショートディレイ/コーラス的な効果「ダブルトラッキング」を実現するプロセッサー。

Renaissance Reverb

正にハードウェアリバーブがそのままプラグインと化した、といえる音楽的リバーブ。

DeEsser

非常に簡単な操作で「ess」や「shh」といったボーカルノイズを軽減できるプロセッサー。

Renaissance Vox

Gate、Compそれぞれにたった一つのパラメータが割り当てられただけで最高のボーカルエディットが可能なボーカル専用コンプ/ゲート。

IR-L
実在する音響データを演算で実現するリアリティの追求に優れたリバーブ。

IR-L

実在する音響データを演算で実現するリアリティの追求に優れたリバーブ。

Renaissance Axx

ギターやベースなどアタックが大きなソースで、簡単にアタックとリリースの調整が行えるコンプレッサー。

Renaissance Axx
ギターやベースなどアタックが大きなソースで、簡単にアタックとリリースの調整が行えるコンプレッサー。



こうしてみると、Native Power Packは所謂「エンジニアリング」的な作業を簡単に行ってしまえるミックス/マスタリングツール、といえる内容であることが分かります。
対して
Renaissance MAXXは、Native Power Pack同様「簡単」であることがコンセプトですが、より音楽的な効果やミックス作業を行うのに適したクリエイティブな側面も持ったバンドルであることが分かります。

要するに、共に大定番プロセッサーを押さえている点で、どちらのバンドルが秀でているとは甲乙付けがたいですが、全く方向性の違うバンドルであることが浮き彫りになりました。

クリエイターからすると、そもそも音作りの段階で音色にこだわりを持って楽曲制作を行われている事と思います。従って理想的なサウンドを維持したまま音響的な問題解決を求めてミックス/マスタリング作業に入るのであれば「Native Power Pack」がオススメといえるでしょう。

しかし、ミックス段階まで来たときに何かひと味足りないサウンドに感じているのならば、ミックス作業の段階でサウンドエディットを積極的に行うクリエイティブなミックス作業が最適、そんな場合は「Renaissance MAXX」を選ぶことが賢明ではないか、と思います。

ただし、「Renaissance MAXX」にはマスターリミッター(マキシマイザー)が含まれていませんので、例えば配信等での販売を行うのであれば出来れば世間一般レベルの音量を実現する為に、L1やL3シリーズなどのマスターリミッターを別途購入する必要もあるかもしれません。

 



オマケ
ちなみに、かなりの量の楽曲を作ると、その楽曲に応じて "正確に作業したいとき"、"思い切って手を加えたいとき" の両方があるはずですので、最終的な理想は「どちらとも手に入れる」事になりますね。
そう考えると、価格的にあるWAVESバンドルと同じくらいになってきます。

それは、「Silver Bundle」。
内容は全くもって
「Native Power Pack」 と 「Renaissance Maxx」を足してアナライザーを一つ付け加えたような具合ですが、価格的には少し手頃になる計算になります。

またこの
「Silver Bundle」に少しの上乗せをするだけで、より "正確" にも "クリエイティブ" にも飛躍できる大定番バンドルがあります。

それは、「Gold Bundle」。
世界中のプロフェッショナルアーティスト達が必ず持っているといわれる超定番バンドルです。

「WAVES GOLD Bundle」にはSilver Bundle」の内容に加え、NEVEヴィンテージプロセッサーのモデリングプラグイン、マルチエフェクターの様に一つで様々なキャラクターを持つコンプレッサーとディレイ、さらにはアンプモデリングソフトウェアまで収録されており、より "正確" にも "クリエイティブ" にもエディットが出来る内容になっています。

要するにプロフェッショナルが
「Gold Bundle」を選択する理由はこういうところにあったわけですね。
ご予算が許すようであれば是非ご検討下さい!

 

並び替え: 標準  価格順▲  価格順▼  新着順  注目順  4件
WAVES ( ウェイブス ) Gold Bundle ◆【安心の国内正規代理店取扱い商品】 WAVES ( ウェイブス ) Renaissance MAXX WAVES ( ウェイブス ) Native Power Pack WAVES ( ウェイブス ) Silver Native Bundle

WAVES ( ウェイブス )
Gold Bundle ◆【安心の国内正規代理店取扱い商品】
音に真剣な人達にとってのマスターピース的パッケージ!保守的にも積極的にもサウンドを詰めてゆけるセルフユースには完璧なバンドルです!
【本数限定プライス 】
特価:24,800円(税込)

WAVES ( ウェイブス )
Renaissance MAXX
「WAVES」の高品位プラグインの中でも人気が高い、音楽的で暖かみがあると大人気のエフェクトバンドル。
特価:55,404円(税込)

WAVES ( ウェイブス )
Native Power Pack
WAVESが送る「入門者でも気軽に使える」トータルバランスに優れた人気バンドル!
特価:36,936円(税込)

WAVES ( ウェイブス )
Silver Native Bundle
Native Power Pack と Renaissance Maxx の二つの主要バンドルを組み合わせてお買得にしたような新主流バンドル!
特価:73,872円(税込)
並び替え: 標準  価格順▲  価格順▼  新着順  注目順  4件