安心、カンタン、本格派,ギターからPA・音響機材・DTM・デジタルまで楽器店ならではのワタナベ楽器店通販SHOPです。
ワタナベ楽器店 ONLINE SHOP トップページ
キャンペーン一覧楽器レコーディング・DTMPAシステム&マイクロフォン激安大特価コーナー
キーワード・商品名で検索

検索方法の解説です

 

商品カテゴリ



 

◆ ヤマハ パワーアンプ 「 P-Sシリーズ 」

◆ ヤマハ パワーアンプ 「 P-Sシリーズ 」

 

卓越したパワー、コストパフォーマンスによって 圧倒的な支持を得ているヤマハパワーアンプのスタンダードモデル 「P-Sシリーズ」


ハイエンドモデル「PC-Nシリーズ」で獲得した最新技術を投入し、 “高音質化+省電力化”という次世代パワーアンプに
求められるファクターを高次元かつ他に類を見ない驚異的な リーズナブルプライスで実現しました。

また、更なる軽量化を達成するとともに充実した入出力仕様 LOW/HIGH CUTフィルターやスイッチといった新機能も搭載。
SRから設備音響までの幅広い用途に応じてセレクトできる多彩な5モデルをラインナップしています。

 

 

並び替え: 標準  価格順▲  価格順▼  新着順  注目順  8件
YAMAHA ( ヤマハ ) P1000S ◆ パワーアンプ ・100W+100W 8Ω
YAMAHA ( ヤマハ )

P1000S ◆ パワーアンプ ・100W+100W 8Ω
メーカー希望小売価格:
64,800円(税込)
特価:41,040円(税込)
YAMAHA ( ヤマハ ) P2500S ◆ パワーアンプ ・250W+250W 8Ω
YAMAHA ( ヤマハ )

P2500S ◆ パワーアンプ ・250W+250W 8Ω
メーカー希望小売価格:
81,000円(税込)
特価:52,704円(税込)
100W+100W/8Ω 105W+105W/4Ω  □SRから設備音響まで幅広いアプリケーションに
250W+250W/8Ω 310W+310W/4Ω ◆SRから設備音響まで幅広いアプリケーションに
YAMAHA ( ヤマハ ) P7000S ◆ パワーアンプ ・700W+700W 8Ω
YAMAHA ( ヤマハ )

P7000S ◆ パワーアンプ ・700W+700W 8Ω
メーカー希望小売価格:
145,800円(税込)
特価:96,660円(税込)
YAMAHA ( ヤマハ ) P7000S+アルモア2U D450 黒  「P-Sシリーズ」
YAMAHA ( ヤマハ )

P7000S+アルモア2U D450 黒 「P-Sシリーズ」
メーカー希望小売価格:
173,880円(税込)
特価:113,940円(税込)
700W+700W/8Ω 950W+950W/4Ω  □SRから設備音響まで幅広いアプリケーションに
700W+700W/8Ω 950W+950W/4Ω  □SRから設備音響まで幅広いアプリケーションに
YAMAHA ( ヤマハ ) P5000S+アルモア2U D450 黒 「P-Sシリーズ」
YAMAHA ( ヤマハ )

P5000S+アルモア2U D450 黒 「P-Sシリーズ」
メーカー希望小売価格:
146,880円(税込)
特価:94,500円(税込)
YAMAHA ( ヤマハ ) P2500S+アルモア2U D450 黒 「P-Sシリーズ」
YAMAHA ( ヤマハ )

P2500S+アルモア2U D450 黒 「P-Sシリーズ」
メーカー希望小売価格:
109,080円(税込)
特価:69,984円(税込)
500W+500W/8Ω 700W+700W/4Ω  □SRから設備音響まで幅広いアプリケーションに
250W+250W/8Ω 310W+310W/4Ω  □SRから設備音響まで幅広いアプリケーションに
YAMAHA ( ヤマハ ) P1000S+アルモア2U D450 黒 「P-Sシリーズ」
YAMAHA ( ヤマハ )

P1000S+アルモア2U D450 黒 「P-Sシリーズ」
メーカー希望小売価格:
92,880円(税込)
特価:58,320円(税込)
YAMAHA ( ヤマハ ) P3500S+アルモア2U D450 黒 「P-Sシリーズ」
YAMAHA ( ヤマハ )

P3500S+アルモア2U D450 黒 「P-Sシリーズ」
メーカー希望小売価格:
125,280円(税込)
SOLD OUT
100W+100W/8Ω 105W+105W/4Ω  □SRから設備音響まで幅広いアプリケーションに
350W+350W/8Ω 450W+450W/4Ω  □SRから設備音響まで幅広いアプリケーションに
並び替え: 標準  価格順▲  価格順▼  新着順  注目順  8件
 ◆ P-Sシリーズ
Concert Clubシリーズ
              
幅広い用途にベストマッチする
充実の5モデルをラインナップ

信頼性・高音質化の要となる電源部にも
独自のノウハウを凝縮

「Concert Clubシリーズ」に最適な
<YSProcessing>スイッチを搭載
全モデルともに2Uサイズのコンパクト&ライトウェイトな共通シェルを採用。圧巻のハイパワーモデルP7000S(700W+700W/8Ω)から扱いや すいモデルP1000S(100W+100W/8Ω)まで、パワーバンド別にハンドリングを考慮した5モデルをラインナップしました。これにより、大出力 が要求されるライブSRシステムから、小規模SR、設備音響ユースの小型スピーカーのドライブまで、あらゆるアプリケーションに最適なモデルをセレクトで きます。また、全モデルともに2Ω負荷での実使用が可 P3500S/P2500S/P1000Sにはコストファクターで有利なコンベンショナルなトランス電源を採用。歴代のモデルで培ってきた信頼性と音質に関わるノウハウを凝縮しています。また、P7000S/P5000Sには、高効率なスイッチング電源を採用し、2U・12kgという小型軽量のシャーシで圧巻のハイパワーを実現。電源部でのロスが極めて少なく、出力の大小に関わらず電流・電圧を安定したバランスで供給できるため、SRにおける大出力時にも音崩れに対して非常に有利な構成となっています。 S112Ⅳ/S115Ⅳをはじめとした「Concert Clubシリーズ」スピーカーに最適化したチューニングをスイッチ一つで施すことが可能な<YSProcessing(YamahaSpeaker Processing)>を新搭載(P1000Sを除く)。スピーカーの中低音域を補強し、より充実した周波数レスポンスが得られます。
ブラッシュアップした高効率アンプ
駆動技術<EEEngine>を搭載
幅広いアプリケーションに配慮した
充実装備の入出力端子
高剛性設計を徹底追求し、
クラスを凌駕するビルドクオリティも実現
パワーアンプの高効率駆動技術は、消費電力の大幅な削減をはじめ、ボディの軽量化、発熱ロスの低下による長寿命化、ファンの静音化、大出力化など、様々な機能的・性能的メリットを生みだします。「Pシリーズ」は、ハイエンドモデル「PC-Nシリーズ」で音質と信頼性に高い評価を得ているヤマハのアンプドライブテクノロジー<EEEngine(Energy EfficientEngine)>を実装。独自の回路により入力信号に応じた電力供給をおこなうことで高効率駆動を実現するとともに、独立した高速応答の補助電源路を設けているため急峻な音の立ち上がりに対しても高い追従性を発揮します。さらに<EEEngine>の最も特徴的な回路の一つである高効率カレントバッファ部に新たにMOSFET(Metal Oxide Semiconductor FieldEffect Transistor)回路を搭載することで、さらに音質と駆動効率が向上。<EEEngine>は通常のアンプの約2倍もの駆動効率/約50%もの省電力化を実現しています(ヤマハ比)。 入力部にはバランス型のXLR-3-32タイプコネクターとTRSフォーンジャックを併装。STEREO(2系統のソースを独立して駆動)/PARALLEL(1系統のモノラルソースを2系統で駆動)/BRIDGE(2台の内蔵アンプを1台のモノラルアンプとして駆動)の3種類のモードを選択可能です。また、出力部には5ウェイバインディングポスト、接続の信頼性を向上するNeutrikSPEAKON端子、「Concert Clubシリーズ」スピーカーとも容易に接続できる1/4″フォーンジャックの3種類の端子を完備。様々な用途を考慮したコネクター構成としました。※P1000Sの出力部は5ウェイバインディングポストのみ装備。 フロントパネル両脇のラックイヤーをより頑丈に設計するなどラックマウント部の強度をアップし、設置時や運搬時の安定性を確保。また、大型のヒートシンク、スルーホール・ハンダ処理を採用し、高剛性設計を徹底。サウンドクオリティとビルドクオリティをさらに高め、信頼性をトータルに向上しています。
「PC-Nシリーズ」直系の
パワフルで明瞭度の高いサウンド
サブウーハーシステムが手軽に
構築できるLOW/HIGH CUTフィルター
クラスを超越する信頼性・安定性を
約束する充実の基本性能
ハイエンドモデル「PC-Nシリーズ」で培ったスタディを徹底的に活かし、大型ヒートシンクによる回路の微細な振動吸収の手法、音質・駆動効率をより向上した<EEEngine>の採用などにより、音質面も飛躍的にクオリティアップ。パワフルで引き締まった低域、分離の良いクリアなサウンドはまさにプロフェッショナルクオリティです。 入力部には周波数可変のLOW/HIGH CUTフィルターを搭載し、手軽にアウトシステムを増強できます。フィルターはリアパネルのスイッチでLOW CUT/SUB WOOFER(HIGHCUT)/OFFを選択でき、専用ツマミによってカットオフ周波数を25Hz~150Hzの範囲で連続可変にて調節可能。サブウーハー増設時にもクロスオーバーネットワークなどの外部機器を必要とせず、スムーズなシステム構築が可能です。※P1000Sは40Hz固定のLOW CUTフィルターのみ搭載。 パワーオン/オフ、出力ミュート、DC検出、温度検出、VIリミッターなど様々な保護回路、およびPOWER、PROTECTION、TEMP、CLIP、YSProcessing(P1000Sを除く)の各インジケーター、低ノイズ型の無段階変速式クーリングファンを搭載。アクシデント対策、クーリング対策、動作の安定度も万全です。また31ポジションのアッテネーターには付属セキュリティカバーを設置することで音量セッティングの固定も可能。これらの充実した基本性能によって高度な信頼性と安定性を約束します。
    EEEngine
EEEngine(Energy Efficient Engine)は、プロ仕様のパワーアンプに要求される音質を保ちながら、圧倒的なハイパワー、高効率の駆動性能、大胆な省電力化を実現したヤマハ独自の画期的なアンプドライブ技術。50%以下の電力消費(実使用時・従来型当社比)を実現し、照明の増加などで厳しくなりつつある電源事情にも余裕をもって対応します。また、発熱量も35%以下(同)に抑えこむという驚異的なスペックを達成。この省電力・低発熱設計がもたらすメリットは多大。電力コストの削減に貢献するとともに、各部の熱によるダメージを大幅に軽減し、パーツの長寿命も達成しています。