安心、カンタン、本格派,ギターからPA・音響機材・DTM・デジタルまで楽器店ならではのワタナベ楽器店通販SHOPです。
ワタナベ楽器店 ONLINE SHOP トップページ
キャンペーン一覧楽器レコーディング・DTMPAシステム&マイクロフォン激安大特価コーナー
キーワード・商品名で検索

検索方法の解説です

 

楽器新着商品情報
Watanabeだけの逸品
エレキギター
ベース
初心者向け 入門用ギター・ベース
ミニギター&ベース
アコースティックギター
アンプ
エフェクター
ドラム
鍵盤楽器
アクセサリー
管楽器&弦楽器
ウクレレ
ハーモニカ
その他
カホン( Cajon )
ssl
新着&おすすめ



 

HOHNER ( ホーナー ) ディスカバリー48 C調 12穴 ホーナー スライド式 クロマチックハーモニカ 7542/48 3オクターブ 初心者 ハーモニカ 樹脂 楽器 Discovery-48

送料無料 ドイツ リード楽器 Discovery 48 Chromatic Harmonica 64音 レバーハーモニカ クロマティックハープ 入門 吹きやすい ハープ
HOHNER ( ホーナー ) ディスカバリー48 C調 12穴 ホーナー スライド式 クロマチックハーモニカ 7542/48 3オクターブ 初心者 ハーモニカ 樹脂 楽器 Discovery-48

買い物かごに商品を入れた後に
ご購入数量を入力下さい
■メーカー名: HOHNER ( ホーナー )
■商品名  : ディスカバリー48 C調 12穴 ホーナー スライド式 クロマチックハーモニカ 7542/48 3オクターブ 初心者 ハーモニカ 樹脂 楽器 Discovery-48
メーカー希望小売価格 17,280円(税込)
販売価格 11,509円(税別)
(税込 12,430円)

クロメッタ、クロモニカ、スーパー64シリーズなど定番品は人気がありますが、スタンダードなモデルに新しく加わったディスカバリーも初心者の導入としておすすめです。

クロマチックをこれからはじめてみたい方にぴったりなディスカバリー。 クロマチックハーモニカは長くハーモニカを吹いてきた方にも大変難しい楽器です。お値段も高く、違いも分からず悩んでいる方も多いと思います。

予算があるからといって最初から3万円ほどするスーパー64シリーズなどをご購入される方もおられますが、そう簡単に吹けるものではありません...

入門者にディスカバリーをおすすめする理由、また16穴が何故難しいか、それなりの理由があるのです。

ディスカバリーはHOHNERが新たなスタンダード・クロマチックとして取り組んだモデルとなります。ハーモニカは口当たりも大事な部分ですが、マウス ピース部分はクロームのものが多く、四角い穴にひっかかりを覚える方もおられると思います。少し前の方に出たマウスピース、感触の良いカバーデザインでカ バーからマウスピースまでスムーズな感触ですのでより吹きやすく仕上がっています。

しっかりと機密性が高い日本のスズキのクロマチックハーモニカのSCXシリーズなどは大変おすすめなのですが、どっしりと重く、またマウスピースはディスカバリーより分厚くなりますので、思うような演奏ができないということもあるのではないでしょうか。

ちなみにディスカバリーはこの12穴のモデルしかありません。導入用としてはクロメッタもディスカバリーに似た部分があると思います。クロメッタはシリーズで8穴、10穴、12穴、14穴と4種類あり、2オクターブから3オクターブ半まで広く活躍します。

クロマチックは12穴が主流で、基本は演奏する曲にあった穴数を使用しなければ音が足りない...ということが起こってきます。12穴は3オクターブで比 較的スタンダードなものなら演奏できると思います。「もっと多くの曲を演奏できる方が良い!」という理由だけで12穴以上のハーモニカを選ぶと、難易度が あがりますので初心者はまずは12穴からの練習がおすすめです。

というのは、12穴以上の穴数は低音が拡張されていきます。ハーモニカは 中間音が一番音が出しやすく、次に高音、最後に低音と練習を積んでいきます。つまり腹式呼吸で正しい息づかいでないと低音は出すことができません。ご購入 された方から、「低音が出ないので不良品だ!」と問い合わせを受けることがございますが、多くは正常な商品でした。弊社ではクロマチックの注意点として別 途ページを設けておりますので、必ずご確認のうえご注文下さいね。


またディスカバリーの特徴として、スライドパッケージが2つのパートで構成されたシンプル構造になっています。初心者は分解は禁物ですが、メンテナンスが比較的容易ですので長くご愛用頂けるということです。

ま たハーモニカの音色に関わる大きな違いとして、ボディの素材がありますが、こちらはABS樹脂ボディーで気候の変化に強く音の立ち上がりも良いです。他木 製はクラシックなどしっとりとした音を好む方におすすめです。ホーナーでは有名なクロモニカ260、クロモニカ270、クロモニカ270デラックスが木製 ボディです。

これは専門的内容となりますが、カバーとマウスピース/スライドはChromonica 270 (スーパークロモニカ270)と 270 Deluxe (クロモニカ270DX)との互換性あり、スライドを左用に簡単にかえることができます。左ききの方にもおすすめ。ハーモニカ好きの方にはとても魅力的な ハープです。
 

HOHNER Chromatic Harmonica Discovery 48
ホーナー ディスカバリー48 Discovery 48

■ 調子:C調のみ
■ 12穴
■ ABS樹脂ボディ
■ おおよそのサイズ:横 約14.3cm、縦 約4cm、厚み 約2.9cm(スライド部分は別で約1.4cm)
■ 付属品:ソフトケース

※細かい仕様が画像と異なる場合がございます。

ハーモニカの豆知識

ク ロマチックハーモニカといえば有名な方が2人います。ジャズではトゥーツ・シールマンス、もう一人はご存じスティーヴィー・ワンダー。ハーモニカは最初は なかなか音は出にくいものですが根気よく練習していただければ、しっとりとしたメロウな音色からコントロール次第で派手なファンキーな音色まで幅広い表現 を楽しめることでしょう。右横のレバーを押すことにより半音上の音が出るので1本で全ての音階が演奏できます。(ブルースハープなどは曲によって何本も持 ち替えが必要な場合があります。)ですのでクラシックからポピュラー、ジャズまで幅広い音楽シーンで使われています。12穴(3オクターブ)と16穴(4 オクターブ)が一般的です。最初は中音域から練習を始め、次に高音域へとすすめて下さい。あまり強く吹き吸いをせず、息づかいはしっかりと腹式呼吸で。 ゆっくり流れるような息づかいをすることで楽に音がでるようになります。ただ空気を入れればいいというものではありません。根気よく練習すればきっと自然 に音がでるようになることでしょう。曲によって強い息で演奏するときは鼻から同時に息を抜くのがコツです。逆に弱い演奏の場合は鼻からの息は止めて口だけ で演奏します。それらが出来るよういなれば最後に低音域を演奏してみて下さい。その頃にはあまり力を必要としないでも音が出るようになるはずです。以上の ような事はクロマチックの教本で紹介されています。ご不明な点やご要望などがございましたらお気軽にメールでお問い合わせ下さい。

★その他のショッピングサイト、雑誌通販等でも同時販売しています。
買い物かごに入れても売り切れの場合がありますのであらかじめご了承下さい。
★木目や色合い等は画像と異なる場合がございます。
★お届けの際の外箱が本体と異なる場合がございます。
★価格、サービスにつきまして、オンラインショップと店頭では異なる場合がございます。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。