安心、カンタン、本格派,ギターからPA・音響機材・DTM・デジタルまで楽器店ならではのワタナベ楽器店通販SHOPです。
ワタナベ楽器店 ONLINE SHOP トップページ
キャンペーン一覧楽器レコーディング・DTMPAシステム&マイクロフォン激安大特価コーナー
キーワード・商品名で検索

検索方法の解説です

 

レコーディング・DTM新着商品情報
DTM/DAWセット for WINDOWS
DTM/DAWセット for Mac
ブランド別ソフトウェア
DAWソフトウェア/ホストアプリケーション
ソフトウェア・インストゥルメンツ
ソフトウェア・エフェクト
インターフェース
コントローラー
アウトボード/エフェクター
シンセサイザー・リズムマシン
DJ関連機器
MTR/デジタル機器
コンパクト・ミキサー
マイクロフォン関連
ヘッドフォン
モニタースピーカー
DTM系アクセサリ
VOCALOID ボーカロイド
ssl
新着&おすすめ



 

Sonnox Oxford ( ソノックスオックスフォード ) Inflator Native

「存在感のある音」に向上させる、プロ御用達の大人気プラグイン!
Sonnox Oxford ( ソノックスオックスフォード ) Inflator Native

買い物かごに商品を入れた後に
ご購入数量を入力下さい
■メーカー名: Sonnox Oxford ( ソノックスオックスフォード )
■商品名  : Inflator Native
販売価格 17,300円(税別)
(税込 18,684円)

楽曲の中に埋もれてしまった「控えめなサウンド」を際立たせる、プロフェッショナル御用達のプラグインです!
これ以上のレベルは無理、と思われていた素材にかけることで、さらなる音圧をかせぎ、聞き取りにくかった小さな音の存在感を向上させたい。
でも、いかにもコンプやリミッターをかけました、という音にはしたくない。

そんなマスタリングエンジニアやミキサーの要望に応えて開発されたOxford Inflatorは、単にピークを抑えるのではなく、独自のアルゴリズムによって聴感上の音量をかせぐことに成功しています。

Oxford Inflatorを使えば、音の迫力を向上させるだけでなく、アナログ機器のように暖かい、音楽的なサウンドを得ることができるので、アコースティックジャズのミックスのように繊細な処理が必要な時にも威力を発揮します。
ソロ楽器やボーカルのトラックにかけて、音に存在感、柔らかさや深みを与える。
パーカッションやドラムにかけて、ダイナミックな存在感、タイトさと、ボリューム感を同時に向上させる。
そして、ミックスの最終段階で、全体の音圧を上げる。

ドラムの迫力からボーカルの存在感まで、他に類をみない質感で調整してくれる、魔法のようなEffectフェーダー。
「生命力が足りない」と感じたら、気持ちをこめて、息を吹き込むようにフェーダーを操作してみてください。
きっと、以前のミックスには戻れなくなりますよ。
 
□ 弊社担当Kのレヴュー。
私は常々スネアの「音色」には出来る限りの時間を割くようにしています。
ダンスミュージックを作る方なら、誰しもそんな一面があるのではないでしょうか?
しかし楽曲として仕上がりプレイバックしてみると、なんだか前に出てこない、という事がしばしばあります。
こんなとき単調にヴォリュームアップしたり、リミッティングする事で問題解決出来れば困ることはありません。

トータルコンプ/リミッターでのバランスが良い感じなので出来ればレベルは弄りたくない。
リミッティングしてしまうと作り込んだサウンドが意図せぬ形に変質してしまう。

残念なことに、こういった問題が浮かび上がってくるため、万策尽きた状態となる訳です。

inflatorはこうしたタイミングに非常に有効なプラグインです。
音の響き、ニュアンスを維持したまま存在感のあるサウンドに仕上げることが出来るからです。
お陰で、常に私の楽曲は満足のいく "スネアのヌケ具合" が得られています。

inflatorは色々なソースにおすすめです。
スネアだけでなくボーカル、アコースティックギターなどには特にうってつけである印象です。
キックやベースなどに使うと、存在感が増す代わりに「重さ」が軽減されていくように感じますが、実際には低音が減衰している訳では無い為、芯を維持したまま軽い感じに仕上げることができる、という使い方ができます。
これはオールドロックやラジオサウンドを求める場合においては、非常に効果的だと思います。
□ 主な特徴とレヴュー。
* あらゆる素材で、聴感上の音量を上げる。
* デジタル上で限界と思われていたレベルを超えた仮想ヘッドルームを生み出し、突発的なピークでのデジタルクリップを回避。
* コンプレッサー/リミッター特有のポンプ感とは無縁の、独自のアルゴリズム。
* 微妙にかけた時の真空管機器のような暖かいサウンドから、目の前に音が迫ってくるような太い音、アナログ機器が飽和点に達したときのサチュレーション歪みまで、音楽的な再生音。
* ダイレクト/バンドスプリットの2モードを用意。DSP負荷や、欲しい音にあわせて選択可能。

レヴュー:伊藤圭一/Kim Studio
自然なマキシマイズ効果で存在感のある音を作り出す。

マキシマイズという、よりラウドネス感を高めるものだ。

このシリーズに一連のグラフィック・デザインを施しながら、従来のようにアナログ部分のシミュレーションにこだわらない、スライダー・タイプの入力装置ですこぶる操作性が良く、また視認性も良い。

その効果は素晴らしく、音質変化が極めてナチュラルなのだ。
音圧そのものと言うより、穏やかに音楽の存在感を増してくれる感じが良い。

この手のエフェクターには、音量とともに音質が著しく変化するものも少なくない。
それをファットになったとか太くなったなどと言われても、どうしてもなじめなかったのは私だけではないはずだ。
このプラグインは、自然な感じで音圧を増したい、かといって単純なコンプレッサー/リミッターでは物足りない、存在感が欲しいというようなときに使いたい。コンプのようなポンピングや、チューブのようなサチュレーションが感じられないのも嬉しい。

CURVEというパラメーターで穏やかな効果からファットな音までキャラクターを設定でき、EFFECTで深さを調整できる。音声帯域を3バンドに分けて動作するモードも備えており、より深いエフェクトにもスムーズな効果と高いマキシマイズ・レベルが手に入る。

 

※上記製品仕様は2012年06月時点のものです。
随時更新するよう努めてはおりますが、最新状況は常に変動するため合わせてメーカーでもご確認下さい。

 

★その他のショッピングサイト、雑誌通販等でも同時販売しています。
買い物かごに入れても売り切れの場合がありますのであらかじめご了承下さい。
★木目や色合い等は画像と異なる場合がございます。
★お届けの際の外箱が本体と異なる場合がございます。
★価格、サービスにつきまして、オンラインショップと店頭では異なる場合がございます。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。