安心、カンタン、本格派,ギターからPA・音響機材・DTM・デジタルまで楽器店ならではのワタナベ楽器店通販SHOPです。
ワタナベ楽器店 ONLINE SHOP トップページ
キャンペーン一覧楽器レコーディング・DTMPAシステム&マイクロフォン激安大特価コーナー
キーワード・商品名で検索

検索方法の解説です

 

楽器新着商品情報
Watanabeだけの逸品
エレキギター
ベース
初心者向け 入門用ギター・ベース
ミニギター&ベース
アコースティックギター
アンプ
エフェクター
ドラム
鍵盤楽器
アクセサリー
管楽器&弦楽器
ウクレレ
ハーモニカ
その他
カホン( Cajon )
ssl
新着&おすすめ



 

アウトレットエフェクターへGO

Radial ( ラディアル ) CABBONE

スピーカーキャビネットの切り替えを実現したスウィッチャー
Radial ( ラディアル ) CABBONE

初回:3,640円
2回目以降:3,400円
詳しくはこちら
買い物かごに商品を入れた後に
ご購入数量を入力下さい
■メーカー名: Radial ( ラディアル )
■商品名  : CABBONE
メーカー希望小売価格 51,840円(税込)
販売価格 38,000円(税別)
(税込 41,040円)

CABBONE
スピーカー・キャビネット・スイッチャー


■ 概要


クリーンとドライブ、それぞれのサウンドに適したスピーカーは異なります。
しかし、スピーカーキャビネットの切り替えは真空管アンプへの安全性の確保など、
様々な問題があり、決して簡単ではありませんでした。


CABBONE は安全性を確保しながらもスピーカーキャビネットの切り替えを実現しました。
他のスイッチングシステムなどとの組み合わせに便利な機能も、多数搭載されています。
一見シンプルですが、複雑で最新のシステムがスピーカー切り替えを行い、高い機能と安全を実現しています。

■ スピーカー切り替え


アンプヘッドからのスピーカーアウトを切り替えて、異なるスピーカーに出力します。
真空管とソリッド、両方のアンプに対応しています。求めるサウンドに応じて、スピーカーを切り替えが可能です。


■ リレースイッチ


真空管アンプは必ずスピーカーなどのロード(負荷)を必要とし、無負荷状態はアンプの故障の原因です。
スピーカーを1から2に切り替える際には、
一瞬両方がオンになり、オーバーラップしながらスピーカー2がオンになり1がオフになります。
そのため、アンプが無負荷状態になることはありません。


この一見、シンプルながら複雑なスイッチングを実現するために、
スピーカーアウト部にはクオリティの高いリレースイッチが搭載され、そのリレースイッチはICにて正確に制御されています。

■ リモートコントロール

リモートコントロール用にSlingshot Remoteインとアウト/スルーを搭載しています。


* Slingshot Remoteインはスピーカー切り替えを外部フットスイッチで行います。
* Slingshot Remoteアウト/スルーは、外部アンプのチャンネル切り替えなどを行います。


Slingshot Remoteインで、外部フットスイッチ(その他Slingshotアウト機能搭載のRadial製品など)
でスピーカー切り替えができます。
CABBONEを足元ではなく、アンプやキャビネットの側に置いて使用できます。もう長いケーブルは不要です。


Slingshot Remoteアウトで、外部アンプのチャンネル切り替が可能です。
外部アンプのフットスイッチジャックの仕様に対応できるよう、
Slingshot Remoteアウトから送信されるスイッチング信号のタイプ(ラッチ/モーメンタリー)、
極性(チップ/リング)を設定できます。他のスイッチング・システムなどと合わせ、大規模なシステムを容易に構築可能です。


■ セーフモード


不意に電源が落ちた場合などのトラブルの際にもアンプが無負荷状態になることを防止するセーフモード機能を搭載しています。
この機能により、電源トラブルなどが発生した場合でも、
自動でアンプの出力はスピーカー1にルーティングされトラブルを防止します。

■ 異なるスピーカーインピーダンスにも対応


使用したいスピーカーキャビネットのインピーダンスが2×12"(4Ω)、4×12"(16Ω)など異なる場合があります。
そういった場合でもアンプ側にインピーダンスに応じた出力端子が搭載されていれば、
適切なインピーダンスのスピーカーアウトから出力しCABBONEに入力できます。


例えば、スピーカー1に2×12"(4Ω)、スピーカー2に4×12"(16Ω)を接続する場合、
アンプの4ΩアウトとCABBONEのアンプインに入力し、アンプの16ΩアウトとALT-Zに入力します。
このように、異なるインピーダンスのスピーカーを使用する場合でも、インピーダンスを合わせて使用可能です。


★その他のショッピングサイト、雑誌通販等でも同時販売しています。
買い物かごに入れても売り切れの場合がありますのであらかじめご了承下さい。
★木目や色合い等は画像と異なる場合がございます。
★お届けの際の外箱が本体と異なる場合がございます。
★価格、サービスにつきまして、オンラインショップと店頭では異なる場合がございます。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。