安心、カンタン、本格派,ギターからPA・音響機材・DTM・デジタルまで楽器店ならではのワタナベ楽器店通販SHOPです。
ワタナベ楽器店 ONLINE SHOP トップページ
キャンペーン一覧楽器レコーディング・DTMPAシステム&マイクロフォン激安大特価コーナー
キーワード・商品名で検索

検索方法の解説です

 

レコーディング・DTM新着商品情報
DTM/DAWセット for WINDOWS
DTM/DAWセット for Mac
ブランド別ソフトウェア
DAWソフトウェア/ホストアプリケーション
ソフトウェア・インストゥルメンツ
ソフトウェア・エフェクト
インターフェース
コントローラー
アウトボード/エフェクター
シンセサイザー・リズムマシン
DJ関連機器
MTR/デジタル機器
コンパクト・ミキサー
マイクロフォン関連
ヘッドフォン
モニタースピーカー
DTM系アクセサリ
VOCALOID ボーカロイド
ssl
新着&おすすめ



 

Zynaptiq ( ザイナプティック ) UNVEIL

独自の技術でオーディオファイルの残響成分を調整する驚愕のプラグイン。
Zynaptiq ( ザイナプティック ) UNVEIL

初回:4,780円
2回目以降:3,700円
詳しくはこちら
買い物かごに商品を入れた後に
ご購入数量を入力下さい
■メーカー名: Zynaptiq ( ザイナプティック )
■商品名  : UNVEIL
販売価格 42,111円(税別)
(税込 45,480円)

独自の技術でオーディオファイルの残響成分を調整する驚愕のプラグイン。
UNVEILはリアルタイムで “de-mix” 処理を行ないます。すなわち音声信号から、特定の要素の分離を行うプラグイン・ソフトウェアなのです。例えばミックス済みの音楽ファイルに内在する、残響成分を弱めたり強めたりすることが可能です。モノラルからサラウンドまで、入力音源のチャンネル数を問いません。

さらには録音素材において特徴となる部分を、聴覚上でより際立たせます。あるいは逆に“バックグラウンド”、つまり目立たない存在へと変えることも可能です。知覚的には重要でない音声内の要素を、弱めたり強めたりすることによって得られる効果です。

MAP(Mixed-Signal Audio Processing)テクノロジーに基づく独自の人口知能技術によって、使い物にならなかった収録現場での音声やダイアログを修正したり、録音されたライブ演奏の内容を引き締まったものにします。クリエイティブなサウンド・デザインが行なわれたかのように、不要な残響やモヤモヤした成分を音声信号から取り除きます。



・オーディオのエンジニアは、録音素材における残響成分を減らすことが可能です。
・映画の音声技師は、台詞や現場の収録音から、残響成分を取り除くことが出来ます。
・ミュージシャンやDJは、残響が豊かなビンテージのドラムループをドライな素材として扱えます。
・効果音制作者は、理想的でない環境での録音から、アンビエンス要素を取り除くことが出来ます。
・ミキシングおよびマスタリング・エンジニアは、"mud"と称されるモヤモヤした要素を減少させることにより、楽曲内のキーとなる要素を際立たせることが出来ます。
・モノラル、ステレオは勿論、サラウンド・トラックにおいても使用可能。
・CPUパワーが許す限り、いかなるサンプリング周波数にも対応。
□ 最新技術が結集した驚愕の効果。
グッバイ、リバーブ。
goodby_reverb.png録音素材からリバーブ(残響)成分を取り除くことは、これまで不可能といえるほど難しいことでした。従来のリバーブ除去方法とは、音声信号のダイナミクスを処理したり、決まったチャンネル数であったり、特定のタイプの信号に限られていました。UNVEILは、エキスパンダーやエンベロープ・シェイパー、あるいはスレッショルディング方式のスペクトラム・プロセッサではありません。位相キャンセルや、チャンネル間相関分析の技術も利用していないので、モノラル、そしてDAWが対応するサラウンド・フォーマットであれば、何チャンネルであっても処理が可能です。さらに、入力される音声のダイナミクスに変化を与えることもありません。音声信号のどの部分が残響であるかを識別するよう、人間の聴覚組織をモデリングする技術を利用して、この驚くべき機能を実現しています。正にヒトが行なうように、UNVEILは信号を「聴いている」のです。識別された残響は、独自のMAPテクノロジーによって、元の信号から切り離されます。実際に音声素材のリバーブ量を減らす操作はとても簡単で、トラック・ボール型のフェーダーを調整するだけです。

ハロー、リバーブ。
hello_reverb.png反対に、録音素材に含まれているリバーブの量を増やすことも可能です。近接したマイクで録音されたドラム・セットを巨大ホールの怪物のように仕立て上げたり、元の音源をステージの奥の方へ収めることも出来ます。あるいは異なる場所で収録された、音素材の残響量を個別に調整して、それぞれを適合させることも可能です。さらに幾つかのパラメータによって、リバーブの特性をも操作することが出来ます。ミックス済みの楽曲に含まれる残響をリアルタイムで、しかもモノラルの音源であっても調整可能です。これはマジックではありません。最新の技術による、驚きの効果なのです。

サウンドの細部をあらわに。
unveil_detail.pngそのアルゴリズムは、リバーブ処理だけに使用を限られません。人間の聴覚組織にとって、重要でないと判断される要素に対しても効果を施します。それは海外のサウンド・エンジニアが「mud」すなわち「泥」と称する、モヤモヤした成分をも含みます。その結果、音声を曇らせたり、ディテールを覆ってしまうような成分を減少させることになります。音声の特徴部分を際立たせ、備わっていた細部を明らかにします。あるいはリバーブの調整同様、その反対の効果を利用して、オーディオを目立たせないようにすることも出来ます。

シンプルな操作と最高のクオリティ。
One Small Step.png画面には映ることのない演算処理を除けば、全てはシンプルで操作も簡単です。わずか数ステップの調整によって、結果が得られるでしょう。にも関わらず、UNVEIL はとても広い範囲にわたって効果を適用します。使い方にイージー・モードはありませんが、素晴らしく合理的で、無駄の無いインターフェイスです。そして何よりも、原音のクオリティを可能な限りキープする、そのサウンドは最高です。
 

※上記製品仕様は2013年01月時点のものです。
随時更新するよう努めてはおりますが、最新状況は常に変動するため合わせてメーカーでもご確認下さい。

 

★その他のショッピングサイト、雑誌通販等でも同時販売しています。
買い物かごに入れても売り切れの場合がありますのであらかじめご了承下さい。
★木目や色合い等は画像と異なる場合がございます。
★お届けの際の外箱が本体と異なる場合がございます。
★価格、サービスにつきまして、オンラインショップと店頭では異なる場合がございます。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。