安心、カンタン、本格派,ギターからPA・音響機材・DTM・デジタルまで楽器店ならではのワタナベ楽器店通販SHOPです。
ワタナベ楽器店 ONLINE SHOP トップページ
キャンペーン一覧楽器レコーディング・DTMPAシステム&マイクロフォン激安大特価コーナー
キーワード・商品名で検索

検索方法の解説です

 

レコーディング・DTM新着商品情報
DTM/DAWセット for WINDOWS
DTM/DAWセット for Mac
ブランド別ソフトウェア
DAWソフトウェア/ホストアプリケーション
ソフトウェア・インストゥルメンツ
ソフトウェア・エフェクト
インターフェース
コントローラー
アウトボード/エフェクター
シンセサイザー・リズムマシン
DJ関連機器
MTR/デジタル機器
コンパクト・ミキサー
マイクロフォン関連
ヘッドフォン
モニタースピーカー
DTM系アクセサリ
VOCALOID ボーカロイド
ssl
新着&おすすめ



 

Roland ( ローランド ) STUDIO-CAPTURE UA-1610

アナログ入力を16CHも備えたROLANDフラグシップモデル登場!
Roland ( ローランド ) STUDIO-CAPTURE  UA-1610

初回:9,152円
2回目以降:8,500円
詳しくはこちら
買い物かごに商品を入れた後に
ご購入数量を入力下さい
■メーカー名: Roland ( ローランド )
■商品名  : STUDIO-CAPTURE UA-1610
販売価格 95,048円(税別)
(税込 102,652円)

バンドの一発録音にも対応する最大16インプットを備えたRolandフラッグシップ・モデル。
STUDIO-CAPTUREは定評のあるマイク・プリアンプ「VS-PREAMP」を12系統搭載したオーディオ・インターフェースのフラッグシップ・モデルです。最大24ビット/192kHz※、16イン/10アウトの入出力に対応。バンドの一発録りや、本格的な音楽制作システムの核として高いパフォーマンスを実現します。アコースティック・ドラムのレコーディングを始めとしたマルチ・レコーディング時に威力を発揮するAUTO-SENSや、超低レイテンシーを実現する独自技術のVS-STREAMINGも搭載。新たに視認性の高いレベル・メーターやモニター・ミックス端子、新設計のコンプレッサー・アルゴリズムを採用し、より柔軟なレコーディング環境を実現しました。2台のSTUDIO-CAPTUREを同時使用することで、32イン/18アウトという巨大なシステムを構築することもできます。

◎ 最大16イン/10アウトの同時入出力、12基のVS-PREAMPを搭載。
◎ 超低レイテンシーを実現するVS-STREAMING。
◎ 入力レベルを瞬時に自動設定可能なAUTO-SENS機能。
◎ 視認性の高い入力レベルメーターと直観的なコントローラー機能。
◎ 4系統のモニター・ミキサー機能、XLRモニター・アウトを装備。

※サンプリング周波数を192kHzにした場合、8イン(INPUT1-8)/4アウト(OUTPUT1-4)の入出力に対応します。
□ クリアなサウンドを実現する、12系統のVS-PREAMPとAUTO-SENS機能。
STUDIO-CAPTUREの持つ、16チャンネルのアナログ・インプットの内、12系統のXLR/TRSコンボ・ジャックにはOCTA-CAPTURE、QUAD-CAPTUREで高い評価を得ているVS-PREAMPを搭載。

 VS-PREAMPはこだわりのアナログ回路と自社開発のDSPによるデジタル・コントロールで一切の妥協なく音質を追求し、様々な入力に対応できるヘッドルームを持ちながら広いダイナミック・レンジを実現。クオリティの高いレコーディングを可能にします。
 各チャンネルにはロー・カット、位相反転、コンプレッサー、そしてチャンネルごとにファンタム電源の供給が可能で、自由なマイク・チョイスが行えます。
  なお、コンプレッサーには、定評のあるローランドV-Mixerシリーズ譲りの高品位なアルゴリズムを新たに採用し、録音時の補正用途だけでなく積極的な サウンド・メイクにも利用できます。コンプレッサーには楽器ごとに実践的なプリセット設定を付属し、ユーザーのオリジナル・プリセットも保存することがで きます。

残る4系統(INPUT 13-16)のTRSアナログ入力は、-20dB/-10dB/+4dBの切り替えにより、シンセサイザーなどの電子楽器はもちろん、業務用機器の接続にも対応します。

スピーディでミスのない安心な作業環境を実現する「AUTO-SENS」。
 また、STUDIO-CAPTUREには、最大で16チャンネルのインプット・レベルを自動調整することのできるAUTO-SENS機能を装備。過大入力によるクリップを未然に防げるだけでなく、マルチ・マイクを使ったレコーディング時にもレベル合わせの作業は不要。
AUTO-SENSを使うことで、生ドラムやボーカルのようにダイナミック・レンジの広いソースの録音時にも、レベルを気にすることなく瞬時にレコーディング作業に入ることができます。
 また、AUTO-SENSの検出時間やレベルの音量マージンも自由に設定が可能。ソースに応じて最適なレベル管理を行うことができます。
※上記製品仕様は2013年04月時点のものです。
随時更新するよう努めてはおりますが、最新状況は常に変動するため合わせてメーカーでもご確認下さい。

 

★その他のショッピングサイト、雑誌通販等でも同時販売しています。
買い物かごに入れても売り切れの場合がありますのであらかじめご了承下さい。
★木目や色合い等は画像と異なる場合がございます。
★お届けの際の外箱が本体と異なる場合がございます。
★価格、サービスにつきまして、オンラインショップと店頭では異なる場合がございます。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。