安心、カンタン、本格派,ギターからPA・音響機材・DTM・デジタルまで楽器店ならではのワタナベ楽器店通販SHOPです。
ワタナベ楽器店 ONLINE SHOP トップページ
キャンペーン一覧楽器レコーディング・DTMPAシステム&マイクロフォン激安大特価コーナー
キーワード・商品名で検索

検索方法の解説です

 

楽器新着商品情報
Watanabeだけの逸品
エレキギター
ベース
初心者向け 入門用ギター・ベース
ミニギター&ベース
アコースティックギター
アンプ
エフェクター
ドラム
鍵盤楽器
アクセサリー
管楽器&弦楽器
ウクレレ
ハーモニカ
その他
カホン( Cajon )
ssl
新着&おすすめ



 

YAMAHA ( ヤマハ ) APX1000(PW) 【エレアコ アコースティックギター 】

ダイナミックなサウンドに空気感をブレンド!フレイムメイプルボディ
YAMAHA ( ヤマハ ) APX1000(PW) 【エレアコ アコースティックギター 】

初回:6,550円
2回目以降:6,400円
詳しくはこちら
買い物かごに商品を入れた後に
ご購入数量を入力下さい
■メーカー名: YAMAHA ( ヤマハ )
■商品ID  : APX1000 PW
■商品名  : APX1000(PW) 【エレアコ アコースティックギター 】
メーカー希望小売価格 102,600円(税込)
販売価格 71,250円(税別)
(税込 76,950円)

攻撃系エレアコサウンドからアコースティックらしい煌きと豊かな深さまで幅広いサウンドが魅力。
ボーカリストがパフォーマンスするのに最適なサイズ、サウンドです。
少し小さく薄めのボディながらトップにスプルース単板、サイド&バックにはフレイムメイプルを採用。引き締まった弦のトーンをストレートに再現します。
APX1200IIとはサイド&バックやネック、指板の材が違います。
高級感とサウンドクオリティーを保ちながら価格を抑えています。

SRTシステムは各弦独立したエレメント方式ピックアップから拾った音に推定したサウンドホール内の響き成分を加えて出力する新しい発想から生まれました。
マイクの種類や立て方、距離などコントロールしてリアルなサウンドメイクを可能にしました。
SRTシステムはアコースティックギターのサウンドを再現するためのシステムです。

主な仕様
ピックアップ&コントロール:SYSTEM63(SRTシステム)
胴型:APXカッタウェイ
胴厚:80mm~90mm
表板:スプルース単板
裏板:フレイムメイプル
側板:フレイムメイプル
棹:ナトー
指板:ローズウッド
下駒:ローズウッド
弦長:650mm
指板幅(上駒部/胴接合部):43mm/55mm
糸巻:ダイキャスト・ゴールド(TM29G)
塗装:PW(パールホワイト)
弦:カスタムライトゲージ(FS50BT)
電源:単3乾電池x2
付属品:サウンドホールカバー、アルカリ単3乾電池x2
ソフトケース付属

 

スタジオクオリティのアコースティックギターサウンドを手に入れた- YAMAHA SRT System

プロのミュージシャン達は、レコーディングの際にアコースティックギターサウンドが欲しいとき、多くの場合エレクトリック・アコースティック・ギターを使わず、アコースティックギターのサウンドをマイクで拾うスタイルを取ります。エレクトリックアコースティックギターの進化はめざましく、現在ではヤマハARTシステムのようにアコースティックギターのボディの振動を拾い上げて、ギター本体のサウンドをナチュラルにラインアウトするものもありますが、ブリッジ等で拾った振動を増幅するだけのエレクトリックアコースティックギターでは、アコースティックギターの「空気を震わす響き」、空気感が不足しがちです。
私達がCDなどで聴くことのできる上質なアコースティックギターサウンドとは、「上質なアコースティックギター」「高性能なマイクロフォン」「経験豊富なサウンドエンジニア」といった条件が揃ったスタジオにしか存在しないものでした。
しかし、私達ヤマハ技術陣は新開発"SRT "システムにより、実際に高性能マイクロフォンをギターの前に立てた時と同様のサウンドを生み出すことに成功しました。プロ仕様のマイクを選び、そのマイク位置を決めるという、まるでスタジオでレコーディングしているかのようなプロセスでサウンド設定ができます。さらに新開発SRTピックアップとのサウンドのブレンドやレゾナンスの調整など、緻密な音づくりが可能です。"SRT"なら、ライブにおいてもスタジオクオリティのアコースティックギターサウンドを響かせることができます。

エピソード   いいサウンドを得るには、やっぱりいいギターが必要!

最新技術"SRT"では、人工的に作り出したギター・サウンドをラインアウトするわけではありません。あくまでギター本体が発生したサウンドを元にして、空間やマイキングといったギター以外のサウンド要素を忠実になぞっているのです。ですから、クオリティの高いサウンドを得るためには、アコースティック・ギターとしての生のサウンドが上質であることが重要です。
"SRT"搭載のギターには、選び抜かれた上質な材が用いられ、そこにはヤマハギタービルダー達の熟練の技が惜しみなく注ぎ込まれています。品質はもちろん演奏性、耐久性すべてが自信のヤマハクオリティです。
ギタリストの感情を余すところなく表現できるギターと、その美しい響きを空気感と共にラインアウトする"SRT"システム。「職人の技」「ギタリストの技」「SRT技術」。この3つの技の融合が、"SRT"サウンドの源なのです。

エピソード      "良いサウンド"を追い求めること3年!

最新技術“SRT”の完成には、企画および基礎研究の開始から実に3年もの時間が必要とされました。サウンドを調整する技術には何の不足もなかったのです が、目指す“良いサウンド”のデータを手にすることに苦労したのです。幾度ものレコーディングを繰り返す中であらためて確信したのは、“良いサウンド”を 得るためには「ギター」「レコーディング環境」「マイクロフォン」「エンジニア」のすべてが高いレベルで揃っていなければならないということ。 “良いサウンド”を求め、技術陣は東京で3回、ロスアンゼルスで6回、ナッシュビルで2回、本格的なレコーディングセッションを行なっています。テストし たビンテージマイクロフォンは実に10本以上。マイキングはもちろんさまざまな条件をテストし、さらにレコーディングセッションごとにエンジニアやミュー ジシャンを交えてのevaluationも繰り返しました。 そうして得た「これだ!」というサウンドデータを元に、各モデルごとの“SRT”サウンドを作り上げていったのです。

 

★その他のショッピングサイト、雑誌通販等でも同時販売しています。
買い物かごに入れても売り切れの場合がありますのであらかじめご了承下さい。
★木目や色合い等は画像と異なる場合がございます。
★お届けの際の外箱が本体と異なる場合がございます。
★価格、サービスにつきまして、オンラインショップと店頭では異なる場合がございます。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。