安心、カンタン、本格派,ギターからPA・音響機材・DTM・デジタルまで楽器店ならではのワタナベ楽器店通販SHOPです。
ワタナベ楽器店 ONLINE SHOP トップページ
キャンペーン一覧楽器レコーディング・DTMPAシステム&マイクロフォン激安大特価コーナー
キーワード・商品名で検索

検索方法の解説です

 

楽器新着商品情報
Watanabeだけの逸品
エレキギター
ベース
初心者向け 入門用ギター・ベース
ミニギター&ベース
アコースティックギター
アンプ
エフェクター
ドラム
鍵盤楽器
アクセサリー
管楽器&弦楽器
ウクレレ
ハーモニカ
その他
カホン( Cajon )
ssl
新着&おすすめ



 

Morris ( モーリス ) M-351 (TS) 【モーリス アコギ ドレッドノート】

トップのみ単板を採用されたモデル
Morris ( モーリス ) M-351 (TS) 【モーリス アコギ ドレッドノート】

買い物かごに商品を入れた後に
ご購入数量を入力下さい
■メーカー名: Morris ( モーリス )
■商品名  : M-351 (TS) 【モーリス アコギ ドレッドノート】
メーカー希望小売価格 37,800円(税込)
販売価格 28,000円(税別)
(税込 30,240円)

トップ材のみ単板が使用された「M-351」

 

「"M-351"より安い"M-251"からどう変わったの?」という声が聞こえてきますね。(楽器店にてよくある素朴な質問です)

仕様変更されたのはトップ材に単板が採用くらいです。

 

次に思うのは"トップのみ単板に変えてどう変わるのか?"
まず合板は字のごとく製作の際、板を重ね合わせ作られたという意味です、ギターでは3枚構成がポピュラーですね。単板は文字通り1枚板で作られます、1枚で作る分強度の高い高価な板を使うため値段が割り増しになります。しかし、単板は1枚で作られるため、音の振動性は合わせて作られた合板より上がるのが特徴。より鳴る楽器をお探しなら単板の方が好まれる...という感じです。

 

値段で良し悪しが決まるものではありません、特徴のひとつ・楽器を選ぶポイントとして参考にお考え下さい。

より鳴るドレッドタイプを選ぶなら「M-351」!!

 

ボディスタイル:     ドレッドノート            
表甲:     スプルース単板         
裏甲/側板:     サペリ/サペリ         
指板:     ローズウッド     

指板幅(ナット部):     43.0mm
ネック材:     ナトー     

ヘッドインレイ:     ワンポイント
ペグ:     ダイキャスト・クローム     

ポジションマーク:     ドット
弦長:     25 1/2インチ     

出荷時標準弦:     ライトゲージ
ナット材:     Graphtech Nubone     

サドル材:     Graphtech Nubone
ピックアップシステム:     なし         
フィニッシュ/カラー:     グロス/ TS

 

ソフトケース付属
掲載はメーカー画像です。お届けの商品とは木目や色合いが異なる場合がございますのであらかじめご了承下さい。

★その他のショッピングサイト、雑誌通販等でも同時販売しています。
買い物かごに入れても売り切れの場合がありますのであらかじめご了承下さい。
★木目や色合い等は画像と異なる場合がございます。
★お届けの際の外箱が本体と異なる場合がございます。
★価格、サービスにつきまして、オンラインショップと店頭では異なる場合がございます。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。