安心、カンタン、本格派,ギターからPA・音響機材・DTM・デジタルまで楽器店ならではのワタナベ楽器店通販SHOPです。
ワタナベ楽器店 ONLINE SHOP トップページ
キャンペーン一覧楽器レコーディング・DTMPAシステム&マイクロフォン激安大特価コーナー
キーワード・商品名で検索

検索方法の解説です

 

楽器新着商品情報
Watanabeだけの逸品
エレキギター
ベース
初心者向け 入門用ギター・ベース
ミニギター&ベース
アコースティックギター
アンプ
エフェクター
ドラム
鍵盤楽器
アクセサリー
管楽器&弦楽器
ウクレレ
ハーモニカ
その他
カホン( Cajon )
ssl
新着&おすすめ



 

YAMAHA ( ヤマハ ) 送料無料 テナーサックス YTS-480 新品 日本製 管楽器 サックス 管体 ゴールド オプションネック対応 初心者 楽器 テナーサクソフォン

tenor saxophone マウスピース TS-4C 本体 木管楽器
YAMAHA ( ヤマハ ) 送料無料 テナーサックス YTS-480 新品 日本製 管楽器 サックス 管体 ゴールド オプションネック対応 初心者 楽器 テナーサクソフォン

初回:16,900円
2回目以降:16,100円
詳しくはこちら
買い物かごに商品を入れた後に
ご購入数量を入力下さい
■メーカー名: YAMAHA ( ヤマハ )
■商品名  : 送料無料 テナーサックス YTS-480 新品 日本製 管楽器 サックス 管体 ゴールド オプションネック対応 初心者 楽器 テナーサクソフォン
メーカー希望小売価格 253,800円(税込)
販売価格 179,630円(税別)
(税込 194,000円)


吹奏楽はじめるなら、やっぱり国産 ヤマハがおすすめ!定番のテナーサックス。



お求めやすい価格設定のエントリーモデル。よりスムーズな演奏に向き、レベルに合わせて成長できるスタンダードなサクソフォーン。

サックスには種類があり、一番定番のものが「アルト」になります。アルトサックスとテナーサックスの違いですが、簡潔に言ってしまうと、「サイズ」「調子(音域)」「音色」でしょうか。

テナーの方が大きく、大きいのでアルトより低い音になり、よって出る音の音域が変わります。ただ、運指はほぼ同じですが、サイズが違うことで調子が異なりますので、「同じドの運指」で音を出したら、アルトはピアノで言う「ミ♭」、テナーは「シ♭」が出ます。曲によって持ち替えてどちらも演奏する方もおられますが、口にあたるマウスピースのサイズ、楽器の本体のサイズが若干違いますので、吹奏感はかわります。

サックス奏者には圧倒的にアルトが多いですので、最初によくわからず手にされるのでしたら、まずはアルトからがおすすめです。
少し抽象的になりますが、テナーサックスはジャズなどでも使用され、太くしっかりした抑揚のある音色を出すことができます。合唱などで、ソプラノ/アルトなどとパートが分かれているように、サックスもアルト/テナーとパートが分かれているような感じですね。

管楽器は見た目だけではなく、カラー(素材/仕上げ)によって、音色が異なります。こちらはゴールドラッカーで仕上げてありますので、フォルテの音抜けがとても良く響きます。
マウスピースもスタンダードなものが付属しています。管楽器は口元に近づくほど音質やピッチに影響する大事な部分となり、マウスピースは良い音色を奏でるためにとても重要な要素です。


<安いものとは、ココが違う!!>
■ピッチの安定感...技術力のあるスタッフによる調整によって個体差も少なく良品がお手元に届くことでしょう。
■全体のバランス...安いものはとりあえず楽器というかたちにするというところまでコストを落として製造していますので、後々の微調整や全体のバランスを取る作業で限界が出てきます。各キィでのピッチの不安定さを解消させるためにも調整の幅に余裕のある製品づくりが求められます。
■長くご使用いただけるよう、各部品の品質も良いです。

■誰が鳴らしても「高い楽器なら良い音が出る。」ということではなく、良い音が鳴らせる可能性が広がります。
■指掛け...安いものは固定式のものもありますが、これを可動式にすることで吹きやすい構えができ、結果演奏性が増します。長時間の演奏でも指に負担がかからず快適です。
■安心の日本製。アフターケアも充実しており、部品がないので、対応できない、などの修理トラブルも少ないです。





▽ヤマハの上位モデルとの違い▽

【シーソー式左手小指キイです!】
アルトにはシーソー式でない型番の商品がありますが、テナーはありません。ただ、他メーカーの商品と比較される際に参考にすると良いと思います。左手の小指で操作する4つのキーがあります。滑らかな演奏をするために必要不可欠なスムーズな運指。シーソー式でないものはキーに段差があります。シーソー式は隣り合うキイに指を滑らして移動できます。つまり、より早い曲や滑らかな音色を追求できるというわけです。全ての方、全ての曲でその音(運指)を使用する訳ではございませんが、あれば便利、あればラクだったな...ということになるかもしれません。

【ネック部分は音の"鳴り"を向上させます!】
下位モデルYTS-380との大きな違いであるネック。管楽器は口元に近づくほどより音色に差を感じられると言いますので、リード/マウスピース/リガチャー/ネックはこだわる箇所なのです。音の"鳴り"にこだわったこちらのモデルYTS-480は下位モデルYTS-380と異なるネックが付属しております。また、より深く音楽を楽しみ、豊かな音色を生み出したいと思ったとき、高級モデルであるカスタムシリーズや62モデルのネックにチェンジできるのです。(ネックは単品販売がございます。)380よりは若干価格は上がりますが、初期投資によって、自分のレベルに合わせ段階を経て長く愛用いただけます。480以上のモデルは基本オプションネック対応となります。

【見た目も大事!】
サックスはベルの彫刻にもこだわりたいところ。彫刻があればより高級感があります。YTS-380には彫刻はありませんがこちらのモデルから彫刻がつきます。ということは、見た目で楽器のレベルが分かってしまうということですね...

【ケースが違います!】
下位モデルYTS-380のケースは2WAYケース。手持ちとリュックです。こちらのYTS-480は人気の3WAYケース。肩掛けのショルダー持ちができます。便利ですね。


ただ「安い」を求めることが悪いことではありません。品質や保証、アフターケアを考えなければ、安いにこしたことはありません。

どのような楽器を求め、どういった演奏をし、どれくらいの音楽を奏でたいかで選ぶ必要があります。 安さだけに着目すれば、結局「吹きにくい」「音色がいまいち」と感じ、買い換えも検討するはめになってしまいます...。

国内で吹奏楽部、ブラスバンド部に所属している学生さんの定番はヤマハさんやジュピターの製品です。ヤマハは国産のため、海外視野でもかなり人気が高く、日本の技術力、仕上げの良さは世界的にも認められておりメーカーでは調整、検品された商品をお客様へお届けしております。
 

 

YAMAHA Tenor saxophone YTS-480 ヤマハ テナー テナーサクソフォン YTS480

■楽器 管楽器 木管楽器 サックス
■彫刻あり
■オプションネック対応モデル
■調子:B♭調
■システム:High F♯、フロントFキィ(固定式)
■Low C#開き止めメカ:ローC#キイが確実に閉まるよう新設計され、低音の発音性と音色の均一性が格段に向上しました。
■シーソーキイ(シーソー式左手小指キイ)
■管体 仕上げ:ゴールドラッカー
■ベル:2枚取り
■ベル支柱:2点式
■パッド:プラスチックレゾネーター
■針バネ:ステンレススプリング
■鉛フリーハンダ使用
■アジャスタブルサムレスト:上下位置や角度調整が可能な指掛けで、長時間の演奏でも指に負担がかからず快適です。
■指貝材質:ポリエステル
※細かい仕様が画像と異なる場合がございます。

 

セット内容

■ サックス 本体 
■ セミハードケース (TSC-400Ell)...カラーはブラック。手さげ、リュックタイプ、さらに肩掛けショルダーと3種類の持ち方ができる持ちやすいケースです。
■ ネック(TS-480用ネック)
■ マウスピース...スタンダードなTS-4C。ティップオープニング 1.70mm、フェイシング 24mm
■ リガチャー
■ キャップ
■ リード
■ サックス ストラップ
■ コルクグリス
■ クロス
■ 取り扱い説明書/保証書 
 

中国製の楽器について

予算がないから中国製をご検討されておられる方も多いと思います。中国製の評判はネットでも良く言われませんが出た当時から比較したら随分品質もよくなってきています。否定意見をお持ちの多くの方は、きっと演奏する技術と耳を持った方だと思います。本格的に学校での部活や楽団に所属しコンクールなどを目指すレベルにいる場合と、あくまで個人でひとりで初めて楽器を演奏する方では目的が異なりますよね。 吹奏楽での使用であれば最低ラインはヤマハ、ジュピターと言われています。独奏であれば好きな楽器を選べばいいでしょうが、美しいハーモニーをつくるには楽器、人のレベルを揃える必要もあるでしょうし、指導者の方向性や好み、趣旨もあるのです。予算でいうと目安として18~20万円以上(アルトよりテナーが高い)の金額を出せるかどうかが境目になると思います。どこかに所属される場合は必ず相談のうえ自分の楽器を決めましょう。管楽器といえば「オーケストラ」「クラシック」というイメージですよね。スタッフ個人的には、気軽な軽音楽と比較して基礎に忠実、ピッチ にシビア、伝統を大事にする世界だと思います。わたしが学生の頃には楽譜を読めない苦労に悩まされました。なぜならピアノを習っている人がやっぱり多いのです。そのような中の一員になるということは、人に求められる音や技術が高いと思います。それを再現するものが自分の楽器ですので、その楽器がしっかり応えてくれるレベルのものかどうか...やはり品質は価格に比例するのです。安いもので事足りれば高い楽器は誰も買いません。中学の学生さんでもコンクールを目指す学校の部員達のほとんどは数十万の楽器が普通です。かといって、そのままプロになるかというと、そういうことでもありません。きっと、そういう世界なんです。 とはいえ、全ての方に安い楽器をおすすめしないかというとそうではありません。ある程度演奏ができる方で生涯 1本目の楽器を使い続けるというのはあまりありません。あなたは今、各メーカーの音の違いが分かりますか?ざっくり言いますと、楽器は高額なものになるほど「個性」が強くなります。楽器選びは好みや演奏性が決め手になりますが、それには練習し技術と耳を養う必要もあるのです。「それまで」の楽器になにを選ぶか、どういう目的でどれ選ぶか、少し見えてきませんか?管楽器はお手入れも必要になりますし安い楽器は初心者にメリットもあります。高い楽器は修理代も高いです。ブランドものの中古にはご注意下さい。どのような環境でどういった目的で買うか考えて選んでくださいね。

 

★その他のショッピングサイト、雑誌通販等でも同時販売しています。
買い物かごに入れても売り切れの場合がありますのであらかじめご了承下さい。
★木目や色合い等は画像と異なる場合がございます。
★お届けの際の外箱が本体と異なる場合がございます。
★価格、サービスにつきまして、オンラインショップと店頭では異なる場合がございます。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。