安心、カンタン、本格派,ギターからPA・音響機材・DTM・デジタルまで楽器店ならではのワタナベ楽器店通販SHOPです。
ワタナベ楽器店 ONLINE SHOP トップページ
キャンペーン一覧楽器レコーディング・DTMPAシステム&マイクロフォン激安大特価コーナー
キーワード・商品名で検索

検索方法の解説です

 

楽器新着商品情報
Watanabeだけの逸品
エレキギター
ベース
初心者向け 入門用ギター・ベース
ミニギター&ベース
アコースティックギター
アンプ
エフェクター
ドラム
鍵盤楽器
アクセサリー
管楽器&弦楽器
ウクレレ
ハーモニカ
その他
カホン( Cajon )
ssl
新着&おすすめ



 

HOHNER ( ホーナー ) 限定 HOHNER 360° 50周年記念 ブルースハープ型 透明 樹脂ボディー 10穴 C調 テンホールズ ハーモニカ 楽器 ブルースハーモニカ

532/20MS ベースの ハープ 50 YEARS space anniversary Blues Harp Harmonica
HOHNER ( ホーナー ) 限定 HOHNER 360° 50周年記念 ブルースハープ型 透明 樹脂ボディー 10穴 C調 テンホールズ ハーモニカ 楽器 ブルースハーモニカ

買い物かごに商品を入れた後に
ご購入数量を入力下さい
■メーカー名: HOHNER ( ホーナー )
■商品名  : 限定 HOHNER 360° 50周年記念 ブルースハープ型 透明 樹脂ボディー 10穴 C調 テンホールズ ハーモニカ 楽器 ブルースハーモニカ
メーカー希望小売価格 4,320円(税込)
販売価格 2,685円(税別)
(税込 2,900円)

こちらのハーモニカは【世界で始めて宇宙で演奏された楽器】である【リトルレディー】を記念してつくられた50周年記念モデルです。

リトルレディーはサイズ約35mmの4穴1オクターブが出る大変小さなハーモニカで、1965年12月16日、Gemini 6号で宇宙飛行士Walter Schirraが“Jingle Bells”を演奏したことで大変有名になりました。

それから50年、記念すべき2015年に3種類のクリアボディ仕様のハーモニカが限定発売されました。

ホーナー代名詞とも言えるブルースハープ(532/20MS)を元に作られており、通常のものはボディが木製ですが、こちらは透明のプラスティック仕様になっています。

ブルースハープはドシェール材の木の枯れた音色がブルース音楽に最適で人気があるのですが、最近は木製より樹脂製が主流にもなっています。自然の素材である木製のハーモニカは音色の良さはあるのですが、初心者には少し扱いにくい点があります。こちらの限定モデル360°はブルースハープの良さでもある木製部分がプラスチックになっているので、音色は異なるものにはなるということです。

何しろ人気のブルースハープなので、50周年モデル3種類の中では一番人気になる予感がしますね。これまでホーナーは度々記念モデルを出しており、ホーナーの限定品といえばクリスタルボディが多いのです。しかし、5万、10万と高い商品が多かった中、今回はとてもリーズナブルになっていますので、ハーモニカ好きはすぐにゲットされておられるかもしれませんが、プレゼントにもおすすめです。
 

 

HOHNER 360° 50 YEARS space anniversa Blues Harp
ホーナー ブルースハープ コレクターエディション

■楽器 テンホールズハーモニカ 10ホールズ ブルースハーモニカ
■調子(キー): C調のみ
■システム:10穴
■素材:透明ABS樹脂ボディ
■0.9mmブラスリード
■ステンレスカバー
■Made in Germany
※細かい仕様が画像と異なる場合がございます。

 

ハーモニカの豆知識

世界でも最も愛用者が多く、ゆず、コブクロ、長渕剛、山崎まさよしなどの使用により若者にも大人気の10ホールズ(テンホールズ)。一番売れてる10穴ハープがホーナー社のブルースハープということから、ブルースハープという名前の方が一般的かもしれませんが、ブルースハープは商品名ですのでご注意を。幼稚園や小学校で童謡を吹いたハーモニカよりも小さく、また演奏方法も少し違います。ブルース音楽の象徴的な楽器であり、ロック、ニューミュージック、フォークのプレイヤーからも愛されています。 中央の4穴で完全に1オクターブをカバーし、上下の音階は和音演奏を考慮した配列になっています。演奏されたい曲のキーに合ったハーモニカを選ぶことから、残念ながら1本あれば全てOK!というわけではありません。メジャー(長調)とマイナー(短調)合わせて24本のハーモニカがいることになりますが、マイナーなどはあまり使用されませんし、必要によって揃えていくものですのでご安心下さい。まずは1本から。なんとなく始めてみたい方、何がなんだかさっぱり分からない方、プレゼントにちょっと...という方々にはC調がおすすめです。教室、教本などでも、最初に使用するのが多いのはC調ですので教本があれば一人ででもぼちぼちと練習できるのではないでしょうか。曲のキーと違うハーモニカを選ぶこともありますので演奏したい曲が決まっている方はよく調べてみましょう。10穴ハープは単音でメロディを楽しむことはもちろん、同時に3個の穴に息を入れることによって和音も演奏出来るのです。選ぶハーモニカを間違わなければアドリブでハーモニカを吹いても曲のキーから外れて音痴になる、といったこともないということですね。あとはこのハーモニカに魅力的なベンド奏法です。ベンドは簡単にいうと音を下げる奏法のことで、少しコツが要りますがこれを取り入れることで独特のニュアンスが表現できます。
■【樹脂(プラスティック)ボディ】...安くて初心者向けです。気密性が高いので、息を入れた時の音の立ち上がりが早く、演奏がしやすく感じられます。硬めの音で音量も大きいです。頑丈で手入れにもさほど気を遣わないとこも良いですね。
■【木製ボディ】...息の入れ方が少し難しいと言われていますが出た音はとてもキレイです。木製であることから水分を木が吸収し、なじむまで少し時間がかかります。そのため樹脂製と比べ音の立ち上がりが遅く感じられます。樹脂製は本体に水分が吸収されることはないですが木は水分を含み膨張してしまうことがありますのでお手入れをして大事にして下さい。

以上のような事はブルースハーモニカの教本で紹介されています。ハーモニカの教本の中では一番種類も多く、お近くの本屋さんでも教本は手に入るかもしれません。今はインターネットで少し調べれば出てくる情報もありますので、分からないことがあれば調べて見て下さいね。その他、ご不明な点やご要望などがございましたらお気軽にメールでお問い合わせ下さい。


 

お手入れについて

ハーモニカは簡単なお手入れ次第で長持ちしますので演奏した後にはお手入れをして末永くご愛用して下さいね。もちろん使用していないときも楽器にゴミなどが入らないようにしっかりとケースに保管して下さい。また食事の後などの演奏はリードに異物がつまってしまうこともあるかもしれません。ハミガキ後の演奏をおすすめします。演奏後は手の平にタオルやクロスなどを起き、ハーモニカの吹き口を手のひらに軽く打ち付け、中の水分を取り除いて下さい。本体は乾いたクロスで拭き、十分に乾燥してからケースに収めましょう。演奏前には少しの時間、楽器を手のひらで暖めることでリードのダメージが少なくなりますのでこちらもおすすめ。さて、どんなに大事に扱って頂いてもリードなどは消耗してしまいます。各種パーツはメーカーで販売がありお取り寄せができるものもありますが細かいパーツになりますので個人のパーツ交換は知識のある方にお願いをしております。また修理としてお預かりすることが可能ですのでそちらもお気軽にメールでご相談下さい。

★その他のショッピングサイト、雑誌通販等でも同時販売しています。
買い物かごに入れても売り切れの場合がありますのであらかじめご了承下さい。
★木目や色合い等は画像と異なる場合がございます。
★お届けの際の外箱が本体と異なる場合がございます。
★価格、サービスにつきまして、オンラインショップと店頭では異なる場合がございます。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。