安心、カンタン、本格派,ギターからPA・音響機材・DTM・デジタルまで楽器店ならではのワタナベ楽器店通販SHOPです。
ワタナベ楽器店 ONLINE SHOP トップページ
キャンペーン一覧楽器レコーディング・DTMPAシステム&マイクロフォン激安大特価コーナー
キーワード・商品名で検索

検索方法の解説です

 

楽器新着商品情報
Watanabeだけの逸品
エレキギター
ベース
初心者向け 入門用ギター・ベース
ミニギター&ベース
アコースティックギター
アンプ
エフェクター
ドラム
鍵盤楽器
アクセサリー
管楽器&弦楽器
ウクレレ
ハーモニカ
その他
カホン( Cajon )
ssl
新着&おすすめ



 

YAMAHA ( ヤマハ ) 送料無料 銀メッキ トランペット YTR-4335GS2 ゴールドブラスベル 新品 日本製 楽器 B♭ 本体 初心者 管楽器 マウスピース ケース付き

Trumpets YTR-4335GSII Silver made in JAPAN MP TR-11B4
YAMAHA ( ヤマハ ) 送料無料 銀メッキ トランペット YTR-4335GS2 ゴールドブラスベル 新品 日本製 楽器 B♭ 本体 初心者 管楽器 マウスピース ケース付き

初回:9,100円
2回目以降:9,000円
詳しくはこちら
買い物かごに商品を入れた後に
ご購入数量を入力下さい
■メーカー名: YAMAHA ( ヤマハ )
■商品名  : 送料無料 銀メッキ トランペット YTR-4335GS2 ゴールドブラスベル 新品 日本製 楽器 B♭ 本体 初心者 管楽器 マウスピース ケース付き
メーカー希望小売価格 145,800円(税込)
販売価格 100,093円(税別)
(税込 108,100円)

シルバーは在庫保管をすると表面の輝きが損なわれる可能性があるため、弊社では新しい商品を随時メーカーにオーダーしております。より綺麗な状態にてお届けをさせていただけますが、納期にお時間をいただく場合がございますので何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

 

 

吹奏楽はじめるなら、やっぱり国産 ヤマハがおすすめ☆


「はじめて音が出た」「一曲演奏できた」

初心者、入門者、これからトランペットをはじめる方におすすめです。

管楽器の中でも比較的安くて音も出しやすいと言われますが、種類豊富でいったいどれを選んだら良いか、分かりませんよね。


▽選ぶポイント▽

価格...高いものを買えばより品質は安定しています。

音色...家の練習だけでなく、ステージでの演奏予定があればブランド、塗装の違いも視野に入れた方が良いでしょう。高い楽器は、より良い音が鳴る可能性が広がります。しかしながら、良い音が出せるかどうかは技術次第です。

品質...学校、楽団など個人だけの演奏にとどまらない場合、またブランド品で過去/現在演奏される(された)機会や経験がある方はそれ以上のブランドを選ぶことによって違和感を感じられることは少ないでしょう。

ピッチ...ある程度は練習でカバーできます。初心者の方はとくに、技術不足を楽器のせいにせず、正確なピッチが出せるよう、チューナーを使用してアンブシュアをかためていきましょう。ただ、楽器にも限界はあります。耳がよく、アンサンブルが多い場合、ヤマハ以上のブランドの使用がおすすめです。

耐久性...上を目指す方は練習量も多いです。正しい使い方をしお手入れは必ず必要です。長く使用する予定でしたら、最初に投資することも必要でしょう。高額だから壊れない、安いからすぐ壊れるではありません。

保証...修理、アフターケアは各メーカーによって異なります。修理代金は本体価格に比例します。お手入れに自身がなく、あきっぽい方はいわゆるノーブランドもの(ケルントナー/マックストーン/Jマイケルなど)が修理費用も安くおすすめです。また安価なものは修理にかかる人件費を削減するため、「交換」にて対応することもあります。一見良いように見えますが、保証期間が過ぎれたとき、買い換えも視野に入れる必要がでてきます。


▽他モデルとの違い▽
ヤマハスタンダードシリーズのトランペットには大きく分けて3種類!

【YTR-2330、YTR-2330S】
一番安いモデルでゴールドとシルバーがあります。他モデルも含め、基本的には同数字品番で数字の後に付いているのがカラー(メッキの違い)やちょっとした仕様の違いを表しています。ゴールドがラッカー、シルバーが銀メッキとなり、価格差は塗装の仕上げの違いになります。ゴールドは、はっきりとした音色と、心地よい抵抗感。シルバーは、銀メッキ仕上げは、なめらかなサウンド、しっとりした吹奏感が特長です。可動式の指掛け。

【YTR-3335、YTR-3335S】
リバースタイプチューニングスライドを採用しています。通常のものですと主管抜差は、両側ともに中管となっていますが、こちらのリバース管と呼ばれるものは、主管抜差の吹込管側が外管となっています。伸びやかな音と吹きやすさが向上されています。また、主管の支柱が1本あります。これによって音色のまとまりも良く、スムーズな息の流れとしっかりとした吹き応えが体感できることでしょう。ケースがリュックタイプになります。可動式の指掛け。

YTR-4335GS2、YTR-4335GS2
ベルの素材が下位モデル2点と違います。一般的に一番安いトランペットはイエローブラスが使用されておりますが、こちらはゴールドブラスを使用しています。ゴールドであれば見た目にも少し赤みがかったカラーを見て取れると思います。シルバーは上から銀メッキの塗装をしているのでパッと見は違いが分かりにくいです。音色は柔らかい音色が特徴となり、より豊かで多彩な音色を作ることができます。こちらもケースはリュックタイプ。支柱はYTR-3335、YTR-3335Sと同じく1本支柱です。可動式の指掛けではありません。

セット内容

■ ヤマハ トランペット 本体
■ ケース TRC-450E
■ マウスピース TR-11B4
■ バルブオイル...ピストンに適量をさし、ピストンが正常に動きます。
■ グリス...管が動くところに少量塗ります。(かたいときだけでOK。)
■ ポリシングクロス
■ 保証書/取り扱い説明書

画像と細かい仕様が異なる場合がございます。

YAMAHA TRUMPETS YTR-4335GSII Standard series Silver
ヤマハ B♭トランペット YTR4335GS2 スタンダード シリーズ 銀メッキ

■管楽器 楽器
■調子: B♭
■ベルサイズ:123mm
■ボアサイズ:ML
■ベルの形状:YL-llベル(全体的に細身で開きが比較的早いもの)
■仕上げ:シルバーメッキ仕上げ
■ベル材質/加工法:ゴールドブラス/二枚取り


こちらのトランペットの最大の特徴として、ベルの素材にゴールドブラスを採用していることです。豊かで心地良い響きが魅力。吹きこむほどに色彩感を増す音色がトランペット奏者としての感受性を育む、正統派のモデルです。

支柱はあるもの、ないもの、本数によって音色に違いが出ます。1本支柱はある程度の抵抗感があります。抵抗感=吹きにくいと思うかもしれませんが、抵抗感がないと息ばかり入っていき、十分に音が鳴らない感じがします。支柱が増えるほど抵抗感が増し、重厚さがある力強い演奏に向いています。

トランペットは3つのピストンと口の形だけで音程を変えます。よって、この3つのピストンはとても大事な部分なのです。例えば、斜めに押すクセがあったり、早い演奏が多かったり、そんなとき重要になるのは耐久性。もちろん斜めに抑え続ければ歪みは徐々に生じてきますが、モネル合金製のピストンにより、耐久性がUP。早い演奏へのレスポンスも良い。また新設計の押金、笠、底により、音色がそれぞれ向上しました。

初心者にとって、演奏中長く楽器を支え続けるのも苦痛で、息づかいや演奏にも影響がでてきます。耐久性はそのままにベルを軽量化し、初心者にも持ちやすい重量バランスを実現しました。彫刻のデザインもさすがです。

最近の管楽器に付属のケースはセミハードケースが主流となってきております。昔はハードケースが主流でしたが、通学/通勤/個人練の運搬にはやはりリュックが一番楽に運べます。

最初の練習におすすめのマウスピースとして品番:TR-11B4が付属しております。たまに、音が出しやすいもの、高音が楽に出せるものが欲しい、と仰る方がおられますが、それは、スタンダードなもので音がでるようになってからです。基本の音色、基本のアンブシュアをしっかり学んだ頃には、どういったときにどういう音色が必要かが分かり、また自分のパートも確立した頃でしょう。そのときになって、はじめて必要な音が出せるマウスピースを選び直して下さいね。

☆カップ容量:B
☆リム内径:16.46mm
☆スロート径:3.65mm
☆特徴:やや浅いカップと中庸のリムで耐久力に富み,吹奏楽に最適。輝かしい音色で,D,Eb管,ピッコロトランペットにも好適。

 

楽器の製造国について

中国製の評判は ネットでも良く言われませんが出た当時から比較したら随分品質もよくなってきています。否定意見をお持ちの多くの方は、きっと演奏する技術と耳を持った方 だと思います。本格的に学校での部活や楽団に所属しコンクールなどを目指すレベルにいる場合と、あくまで個人でひとりで初めて楽器を演奏する方では目的が 異なると思います。 吹 奏楽での使用であれば最低ラインはヤマハ、ジュピターになり予算でいうと目安として5万円以上の金額を出せるかどうかが境目になると思います。その価格が 予算的に無理であればブランドものはあきらめるしかありません。ただ、どこかに所属される場合は必ず相談のうえ自分の楽器を決めましょう。というのは、管 楽器といえば、「オーケストラ」「クラシック」というイメージですよね。わたし個人的には、気軽な軽音楽と比較して、基礎に忠実、ピッチ にシビア、伝統を大事にする世界だと思います。わたしが学生の頃には楽譜を読めない苦労に悩まされました。なぜならピアノを習っている人がやっぱり多いの です。そのような中の一員になるということは、人に求められる音や技術が高いと思います。それを再現するものが自分の楽器ですので、その楽器がしっかり応 えてくれるレベルのものかどうか...やはり品質は価格に比例するのです。中学の吹奏楽部で使用する楽器であってもコンクールを目指す学校の部員達のほと んどは数十万の楽器が普通、ということもございます。かといって、そのままプロになるかというと、そういうことでもありません。きっと、そういう世界なん です。 とはいえ、全ての方に安い楽器をおすすめしないかというとそうではありません。お金を出せば良い楽器が手に入るのは当然です。ある程度演奏ができる方で生 涯 1本目の楽器を使い続けるというのはあまりありません。あなたは今、各メーカーの音の違いが分かりますか?ざっくり言いますと、楽器は高額なものになるほ ど「個性」が強くなります。楽器選びは好みや演奏性が決め手になりますが、それには練習し技術と耳を養う必要もあるのです。「それまで」の楽器になにを選 ぶか、どういう目的でどれ選ぶか、少し見えてきませんか?管楽器は取り扱いに注意も必要です。初心者に扱い易いものは、丈夫で、高額なメンテナンス料の心配が少ない、アフターケアがしっかりしているものです。ブランドものの中古や無名の楽器を買って使い捨てになっては意味がありません。もう一度、どのよう な環境でどういった目的で買うか考えてみてください。

 

★その他のショッピングサイト、雑誌通販等でも同時販売しています。
買い物かごに入れても売り切れの場合がありますのであらかじめご了承下さい。
★木目や色合い等は画像と異なる場合がございます。
★お届けの際の外箱が本体と異なる場合がございます。
★価格、サービスにつきまして、オンラインショップと店頭では異なる場合がございます。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。