京都市中京区指物町332 営業時間11:30〜19:30 年中無休
TEL: 075-231-2778 FAX :075-211-6422 MAIL:honten@watanabe-mi.com
  • 新着商品一覧
  • エレキギター
  • エレキベース
  • アコースティックギター
  • ウクレレ
  • アンプ
  • エフェクター
  • 交換パーツ、アクセサリー
  • リペア・修理
  • USED情報
  • 機材レンタル

Headway ( ヘッドウェイ ) HF-415 ATB ARS

ブレーシングパターンに「リアシフト」を採用したアスカチームビルド最新作。かなり良いです。

Headway ( ヘッドウェイ ) HF-415 ATB ARS
ハードケース、六角レンチ、保証書
■Headway ( ヘッドウェイ )
HF-415 ATB ARS
メーカー希望小売価格275,000円(税込)
特価ASK円(税込) 売り切れました。

近年人気を伸ばしている長野県松本市に工房を構えるヘッドウェイギターズ。マスタービルダーを務める百瀬康夫氏は信州の名工にも選ばれ、その卓越した技術は確実に氏の弟子の世代にも受け継がれております。

2017年にブランドスタート40周年を迎えるHEADWAY Guitarsが、2016年より新しくヘッドウェイが取り組んだのが「アドバンスドリアシフト」。百瀬の製作するカスタムモデルで採用、その後試作も踏まえ、2017年に満を持して登場します。

楽器スペックはシトカスプルース材トップ、インディアンローズウッド材サイド&バック、削りだしマホガニー材1ピース、エボニー材指板&駒、628mmス ケール、43mmナット幅、アドバンスドリアシフト・ブレーシングパターン、GOTOHゴールドペグ、ヘリンボーントリム、ジグザグバックストリップと、戦前のマーティンスタイルを参考にしております。

アドバンスドリアシフトはノーマルの位置から若干ブリッジ側に寄せたレイアウト。フォワードシフト、ノーマルの音の傾向を踏まえると、強度が上がり振動しづらくなることで、当初は「硬く扱いづらい音になるのではないか」という見方もありましたが、数本制作する中で得られた結果は音の芯、特に近年のヘッドウェイで少し弱かったプレーン弦(1,2弦)の鳴りに存在感が増した、という予想外の結果でした。

事実、一音一音芯のある立ち上がり、ストローク時のまとまり、ボディ全体を鳴らすバランス感は素晴らしい仕上がりを見せており、位置をブリッジ側へ寄せることでトップ材に対しての丈夫さも増し、永くご使用頂ける安心のモデルに仕上がっております。

かなりお薦めの新モデル。大変お薦めの商品です。


Body Top :シトカスプルース
Body Side&Back:インディアンローズウッド
Neck:アフリカンマホガニー1P
Fingerboard:エボニー
Nut:牛骨
Saddle:牛骨
Bridge:エボニー
Pickguard:赤べっ甲柄
Machineheads :SG-301 05 GG
Scale:628mm
Width at Nut:43.0mm
Bracing:Scalloped Advanced Rear Shifted X Bracing
Finish:Thin Urethane
Accessories:ハードケース、六角レンチ、保証書

♪ご来店にあわせて商品をお取り寄せする事も可能です♪
 

☆商品のお取り寄せをご希望の方はメールまたは電話にてご連絡下さい。 (一部、事前お取り寄せが不可の商品もございます。あらかじめご了承ください。)
mail : honten@watanabe-mi.com
Tel : 075-231-2778

 

株式会社ワタナベ楽器店   京都府公安委員会 許可証番号 第611029610020号