安心、カンタン、本格派,ギターからPA・音響機材・DTM・デジタルまで楽器店ならではのワタナベ楽器店通販SHOPです。
ワタナベ楽器店 ONLINE SHOP トップページ
キャンペーン一覧楽器レコーディング・DTMPAシステム&マイクロフォン激安大特価コーナー
キーワード・商品名で検索

商品カテゴリ




 

フルート 出荷前調整と定期メンテナンス

フルート 出荷前調整と定期メンテナンス

当社では該当の楽器に対し、ご注文をいただいてから調整を行っています。ただし、Jマイケル、ケルントナーなどの一部直送品を除きます。直送品の場合でもメーカー側へ調整をお願いしています。
管楽器は状態変化のある楽器のため調整の作り置きができません。よって、多くの場合、出荷日の前日や当日に技術スタッフが実際に作業を行います。

店頭で買ったら、事前に調整してもらえるでしょうか。日々の変化においては仮に店頭購入したからといって安心できないのです。

▼楽器の状態変化について
メーカーで検品・調整された楽器が当社へ納品されます。しかしながら、100%の状態であった楽器は振動や素材の特性、気温や湿度、保管状態、保管期間によって変化し残念ながら100%の状態を維持することができません。それは楽器の値段に関わらず楽器の特性であり奏者はそれを理解し付き合っていく必要があるのです。当社の行う出荷前調整は、この楽器の状態をより100%に近づける作業とも言えます。新品、未開封を好む方もおられますが、管楽器においては未開封でも仮に1年前の在庫品であれば残念ながらもうその楽器のクオリティはしっかり発揮されない状態かもしれません。

 

 

▼調整について
調整という範疇でいえば、楽器の状態が90%の状態でも80%の状態でもそれは不具合ではありません。それが例えば30%、20%などという状態にもなれば演奏するにあたり何らかの問題を感じられることにもなるかもしれません。初心者、あるいはご経験者でも調整の精度の見極めは難しいと思います。楽器は個体差や個性もありますので、例えば音が鳴りにくいのが抵抗感から来るものからなのか、あるいはどこからか息漏れしているからなのか、といった具合です。楽器によって高音が鳴りやすいもの低音が鳴らしやすいもの、色々ありますので、たとえ違和感を感じられたとしても必ずしも何かのせいではないかもしれません。

 

▼調整と精度について

メーカーから弊社へ納品される楽器の状態は、安い楽器はしっかり調整されていない状態が多く、高い楽器はしっかり調整された状態で届く傾向にあると思います。これは元々の楽器の精度の問題と、コストの問題があります。

仮に精度の違う楽器に対し同じ作業工程で調整をしたとしても安い楽器の方が楽器の精度が悪いため、手間と時間がかかります。つまり、安い楽器においてはある程度許容範囲の状態で検品にクリアしないと、人件費=コストが上がってしまうので、安い値段で販売ができなくなります。安いものが値段なりであるのはこういうことです。

精度の悪い楽器は精度の高い楽器より調整の幅が狭く全体のバランスを調整するには技量が必要となります。キィが沢山ある楽器ですので、1つの箇所に手を入れるとどこか違う部分で状態が変わります。そこをまた修正して...という作業が続くわけです。安い管楽器の扱いや修理の持ち込みが敬遠されたりする背景にはこともあるかもしれませんね。上記の通りとなり、安い楽器(精度の悪い楽器)ほど調整をすることによって起こる状態変化の振り幅は広いと言えます。

 

▼フルートの定期メンテナンスは半年に1回くらいがおすすめ。

管楽器は定期メンテナンスが必要と言われます。基本的に調整は楽器の構造とその作業技術を学んだ技術スタッフが行うもので、プロでも個人で行う方は殆どおられません。たまに安い楽器にドライバーなど入っていることもありますが、まず使わない方が良いでしょう。楽器は使用してもしなくても状態変化は進行していきます。また楽器によって推奨される定期的なメンテナンスの頻度が変わります。それは、楽器の構造、使用されているパーツや素材が異なるからです。
クラリネットやサックスは接着剤を溶かし、タンポの角度を変えることで合わせるのが通常ですが、フルートのタンポはクラリネットやサックスのタンポに比べ、繊細で柔らかみがあり、面の状態がなだらかではないためサックスやクラリネットのように角度を変えるだけでは合わせることができません。そこで接着剤を使用せず台紙を使用します。接着剤と違って、台紙は湿気や状態が変化しやすくタンポ状態が変化しやすいです。ですのでサックスやクラリネットよりも短期的にメンテナンスを行う必要があります。
最近はストロビンガーパッドなどタンポの中にプラスチックや金属の円盤などを入れ、表面をなだらかにさせ環境の状態にも強いものもありますが、中に固い物質を入れることで音孔が当たる部分にはより負荷がかかり、ブラダー(表面の皮)が破れやすいという欠点もあるので、こちらについてもこまめに点検をすることをお勧めします。

フルートは吹きこんだ際に発生する湿度や水分で大きくバランスが変化することもあり、お店によっては新品の購入後やパーツ交換した場合は1週間後に再度持ち込みをお願いするところもあるほどです。弊社が出荷前日や当日に調整を行う意図もこのようなところにあります。ただ、使用頻度や使われているパーツなどは個人、個体によって異なり、ちょっとしたバランスの崩れはなかなか気づきにくいためあくまで目安とされています。
ほとんどのメーカーサイトでは年に1~2回のメンテナンスをお勧めしておりますが、当店技術スタッフの見解としては3カ月に1度のメンテナンスをお勧めします。年1,2回のメンテナンスでも十分ですが、メンテナンスについての説明にもあった通りフルートは繊細な楽器になります。3カ月に1度の頻度の方がより安定した吹奏感を得られるのではないのかと思います。また使用頻度にもよりますが、年に1、2回の場合、複数のパーツ交換を必要とする場合も出てきてしまう可能性がありますので、1回の調整代金が多くかかってしまうことがあります。こまめにメンテナンスに出すことで楽器の異常にも早期に気づくことができ、1回あたりのパーツ交換も少なく済み調整代金を抑えることが出来るのではないでしょうか。



▼調整をしていない楽器、メンテナンスをしていない楽器はどうなるの?

調整が崩れた楽器とは全部の部品に少しづつ緩みある状態だと想像してみて下さい。1つの箇所だけであれば全体への影響は少ないかもしれませんが、その少しづつの誤差を全て足したら大きな誤差になりますよね。1箇所の部品が完全に外れていれば気づくかもしれませんが、ちょっとづつではなかなか気づくことができません。あなたにとって急な故障でも経年劣化は日々の積み重ね。楽器の状態は徐々に進行しているのです。
・楽器の連動を司る調整ネジが緩みます。音を出せばキイを動かすだけではなく楽器自体の振動により緩みが発生するのですが、これによって各部に息漏れが発生し音が出しにくくなったりします。(低音やPPなどの音は特に)
・タンポが劣化し破れることによって、キィを抑えてもきっちり抑えきれず息漏れが発生し音が出しにくくなります。また、タンポには緑青や汚れが付着しやすく不衛生な状態になってしまうこともあります。
・キィの隙間から汚れが入り込み、キィの動きが悪くなってきます。さらに放置すると錆が発生し、キィを押した後戻らなくなることもあります。キィにはオイルなども使用しますので、それによってホコリなどは非常に付着しやすい状態でもあります。
・キィに使われているフェルトやコルクは時間が経つにつれて潰れたり収縮していきます。交換せずにいると連動が崩れる原因にもなり、最終的に音が出しにくくなります。
・管体保護の緩衝材パーツも時間が経つにつれて潰れたり収縮していきます。接着剤で付いていたりするので、接着力が落ち仮に取れてしまっても支えのパーツにつき気づかぬうちに無くしてしまっていたりすることもしばしば。これによって支えがないため負荷がかかってしまい最終的にバランスが崩れてしまうことにもなりかねません。

▼実際の調整内容

●連動キィ以外のキィ調整

以下のキィに対しタンポと音孔の隙間がないか目視確認し、その後、フィラーゲージをキィに挟み抵抗があるかどうかを確認します。隙間がある場合にはカップの角度を調整し、タンポ全面に均等にしっかりと閉じるように調整します。 技術スタッフだからこそ判断できる重要な部分です。
・Cキィ
・G#キィ
・トリルDキィ
・トリルD#キィ
・D#キィ

 

●連動キィ調整

以下の各キィについている調整ネジとキィの角度を調整して1つ1つのキィがしっかりと閉じるように調整します。
・左手主列 3か所(B♭キィ-Aキィ、Bキィ-B♭キィ、Gキィ-G#キィ)
・右手主列 4か所(B♭キィ-Fキィ、F#キィ-Fキィ、F#キィ-Eキィ、F#キィ-Dキィ)
               ※Eメカニズム付きは上記の箇所に1か所追加G#キィ-Eキィ
・足部管 1か所(LowC#キィ-LowCキィ)

 

 

●連動キィに付随する調節ネジの調整
総合計5か所のネジで、完全に締め切らないネジにつき適度な状態であることを目視、感触、フィラーゲージを使い確認します。技術スタッフだからこそ判断できる重要な部分です。



●反射板の位置確認
各社、モデルで適正な反射板の位置があり、基準となるものが付属しているクリーニングロッドに刻まれている目印になります。

クリーニングロッドを頭部管に入れ目印の線が頭部管の歌口の真ん中であるかどうかを確認し、場合によっては頭部管内部にあるコルクの位置を専用の道具を使用して動かし、反射板の位置を真ん中に移動させます。
反射板の移動には専用工具を使用します。またコルクが緩くなっている(縮んでいる)こともあるので同時に確認します。

頭部管のヘッドキャップがしっかりしまっているかも確認します。仮に緩んでいる場合、キャップをしっかり締めますがその際に反射板の位置も変わってしま事がありますので、反射板の位置も再確認します。

<反射板が真ん中より手前(管体側)になっているとき>
専用の工具を使用し、コルクを奥に入れ込み反射板を適正な場所に調整します。


<反射板が真ん中より奥側(頭部管先端側)になっているとき>
専用の工具を使用し、コルクの位置を移動させ反射板の位置を適正な場所にします。この場合、コルクが緩くなっている(縮んでいる)可能性もあり、位置を移動させてもキャップを締めこんだ際に反射板の位置が変わってしまうことがありますので、その際はコルクの交換などで対応します。


●頭部管・足部管の嵌合確認

頭部管・足部管を実際に装着し、適切な固さで脱着できるか、問題が感じられた場合にはジョイント部分の掃除を行い、研磨剤などで微調整を行います。

特にU字管は演奏時に頭部管が重さで下に下がってしまうと困るので特に注意しセッティングします。

頭部管と主管の接続部分は管厚が薄く少しのホコリなどが挟まるだけで抜けなくなるなどのトラブルの発生も多い部分です。

緩いと問題があるため、かなりシビアに調整されている部分ですのでちょっとしたキズがあるだけでもスムーズな装着ができません。より厳重にチェックのうえ場合によっては研磨して仕上げます。

●ピボットネジと芯金の状態確認

ピボットネジとはキィを支えるネジで、そのネジにドライバーを挿し込み、キツく閉めすぎていないかを確認しますが、キィの動きに関わる部分であり適度な締め具合が必要となります。技術スタッフだからこそ判断できる重要な部分です。

●パーツの状態確認
キィの裏側についているコルクなどが剥がれていないか確認します。(コルク、フェルト、合成樹脂など総合計9個)剥がれている場合はコルクなどをこちらで成形し接着します。


●試奏

・全ての音が正しくなっているか確認します。

・最低音が問題なく出せるどうか確認します。

・息のスピードを遅くした状態でも許容範囲かどうか確認します。
・替え指を使用して音が出るか確認します。(シ♭の音)
・3オクターブ上のミの音が出やすいか確認する(Eメカニズム付きのみ)

 

●掃除
・頭部管のリッププレート部分の消毒します。
・頭部管、主管、足部管内部の水分を除去します。

・管体についている指紋、汚れをしっかりと拭き取ります。

 

●外観に凹みなど異常がないか確認します。



▼個体差について
同じモデル(型番)の楽器でも全く同じではありません。機械製造でもハンドメイドでもそうです。だからこそ選定品なども存在しています。間違えてはいけないのが、ただの品質の善し悪しではないということ。メーカーが製造する楽器は一定の基準を通過した製品であることは間違いありませんのでそこはご安心下さい。ただ、中にはいわゆる「ハズレ」の楽器もあるかもしれませんよね。「ハズレの楽器を安く売っているんじゃないの?」と通販をご利用の方の中にはこのように思う方もおられるかもしれません。でも、どんなに他人が良いものを選んだとしても自分に合っているかは結局のところ分からないのです。また、調整をした楽器かどうかなんて初めて手にする楽器に対して分かるはずもなく、経験者でさえ判断は難しいと思います。楽器の調整をしている当社では最低限のメーカーの検品の見落としである不良品が手元に届く可能性が少なくなるということ。また、その個体の持つ最大限の状態で出荷された楽器が手元に届くということです。

▼調整内容の管理について
上記でも明記した通り、調整がなされた楽器かどうかの判別は難しいです。信用問題にはなりますが、当社では調整をしたお客様の情報と施した内容を記録し管理しております。その記録はときにお客様のご不安を取り除くことにもなり、再びメンテナンスのご依頼をされたときの情報にもなります。また楽器の個性や性質を知る資料にもなっています。