安心、カンタン、本格派,ギターからPA・音響機材・DTM・デジタルまで楽器店ならではのワタナベ楽器店通販SHOPです。
ワタナベ楽器店 ONLINE SHOP トップページ
キャンペーン一覧楽器レコーディング・DTMPAシステム&マイクロフォン激安大特価コーナー
キーワード・商品名で検索

商品カテゴリ




 

フルート よくあるトラブル

フルート よくあるトラブル

フルート よくあるトラブル

管楽器は使用回数に問わず、また届いた時点においても故障してしまう可能性があります。それは最低限の知識が必要な楽器だからで気づかぬうちに起きてしまうことだってあるのです。「勝手に壊れた」などという方がおられますが、超常現象でも起きない限り「勝手に」なんてことはありません。持ちはこび、組み立て、演奏、お手入れ、何らかのタイミングで起きてしまっていることがほとんどです。


 


▼音がならない
頭部管単体でも音が出ない場合、吹き方の問題も疑ってください。頭部管のみで問題なく音が出ているのであればどの音が鳴らないのか特定しましょう。症状や傾向にはヒントがありそれによって問題点が明確になることがあります。まずは音が鳴らないという状態がどのような状態か確認しましょう。

 

●高音が鳴らない

高音全体が「ならない」「ならしにくい」場合には、息のスピードが足りていない可能性があります。頭部管の角度や息の入れ方でも影響します。本来の高音ではなく、オクターブ下の音が鳴ってしまう場合や一瞬音が鳴ってもすぐに下がってしまうときは息のスピードが足りなかったり、維持できていなかったりします。また、頭部管の角度を内側にしすぎている可能性もあります。頭部管の角度は教本、または各ブランドで基準の構えがありますので必ずご確認下さい。フルートにはサックスやクラリネットなどの楽器のようにオクターブキィというもので高音に切り替えができるキイは存在しません。よって、息で音の高さをコントロールする楽器です。低音には低音の吹き方、高音には高音の吹き方があります。そこは要練習ですね。

 

●低音が鳴らない

上記の「高音が鳴らない」にも記載しているように息のコントロールが完全にできていない可能性があると思います。高音の息のスピード感では低音が鳴りません。また、頭部管の角度が外側になりすぎている状態でも低音は鳴りにい状態になります。息のスピード感ですがあったかい息を流すようなイメージで演奏するとなりやすくなるかと思います。この部分についても要練習の必要があります。

 

●特定の音だけがならない

構造上、トラブルが起きやすいキイ、鳴らしにくい音が存在します。組み立ての際にひっかかりやすい場所などもありますよね。 

・出ない音のキイが本来の動作で動いているかを確認して下さい。その前後の音が演奏できるか確認して下さい。その状況によって原因が特定できる場合もあると思います。 

・パッド(タンポ)は普段ちゃんとお手入れしているでしょうか。クリーニングペーパーで水分をしっかり取るお手入れは何気ないお手入れではありますが、日々の積み重ねで結果タンポがベタベタになってしまった時点で手遅れになることもあります。梅雨の時期などの湿気によっても貼りつきやすかったりなどもあります。鳴らない音に関連するパッドにパウダーペーパーを使用し状態を確認してみて下さい。但し、頻繁に使用することはお勧めしません。また、改善されたとしても一時的であればパッドの交換が必要な状態かもしれません。  ・衣服などに特にひっかかってしまいやすいキイ...G#キィ

・組み立て時にうっかり歪ませてしまいやすいキイ...LowC#キィ

・Eメカニズムが搭載されていない楽器は2オクターブ上のミは鳴らしにくい音になります。

 

▼頭部管/足部管が抜けない、はまらない
ジョイント部分は精密に作られており、少しのほこりや汚れが噛んでしまったらすぐに抜けなくなってしまいます。はじめて組み立てる楽器がそういったトラブルに見舞われることも少なくありません。出荷前に調整を行う管楽器ではこういう部分はとくに念入りに確認するのが一般的ですので、新品の楽器であっても残念ながら楽器のせいでも調整のせいでもなく、組み立て時、組み立て方に何か問題があったということになってしまいます。まずは、組み立てる前、演奏後は綺麗なクロスかガーゼで汚れを拭き取ります。クロスの素材も重要になりますね。研磨剤入りのクロス(シルバークロス)や研磨剤(シルバーポリッシュ)は使用不可です。研磨することによりジョイント部分がすり減り、ジョイントが緩くなる原因となり、また、磨き剤が残っているとそれがジョイントする際に噛んでしまい抜けなくなってしまいます。この部分にグリスを塗って装着される方も稀におりますが、本来はグリスを付けずに装着する場所でありグリスが空気中のほこりなどを吸着してしまうので、最終的に頭部管が抜けなくなる要因となる場合がありお勧めしません。また、組み立てに注意すべきは頭部管/足部管の入れ方です。当然ですが、本体に対してまっすぐに入れます。入りにくさを感じられたからといって、ガタガタと振りながら入れてしまうと、ジョイント部分の変形や傷がついてしまう可能性が高いです。ジョイント部分は少しのキズでも抜き差しに大きく影響します。万が一抜けなくなった場合は、無理に抜き取ろうとすると、誤ってキィ歪ませてしまったり、頭部管のリッププレートが外れてしまうなどといったこともありますので、技術者による修正をお勧めします。また、落としたりしてしまうことで頭部管や足部管の嵌合部分が変形している場合でも抜けなくなる原因になります。その場合も当然、技術者による修正が必要です。気づかぬうちに軽くぶつけてしまった、などでも抜けなくなる可能性は高いです。

 

▼バネが外れた
バネは何かで固定されているわけではなく、各パーツの凹凸部分に引っかかっているというだけで機能しています。何らかのタイミングで気づかぬうちに本来の場所から外れてしまうことがあります。特にCキィやトリルキィ部分は何気なくクロスで拭いている最中に気づかぬうちに引っかけやすい位置にあり特に外れやすいバネでもあります。バネ自体が変形していない場合にはかけなおせば済むのですが、外れた時点でバネには負荷がかかっていますので、元に戻す行為で悪化する可能性もあります。技術者に状態確認をお願いして対処を行う必要があります。

 

▼音がなりにくい、なりにくくなった
●連動の崩れ

連動が崩れている部分があるかもしれません。まずはキィの後ろに貼ってある軟物(フェルトやコルク)が剥がれていないか、劣化して潰れていないか確認してください。ネジが緩み、連動の崩れている可能性がありますが技術者でなければなかなか見つけにくいと思います。1つづつの運指を確認し、動くべきパーツがちゃんと動いているか、またそれによって音孔が閉まっているか、隙間がないかを確認して下さい。隙間があれば息漏れによって音が鳴りにくいことが考えれます。またパッドの表面が破れていないか、パッド自体が固くなっていないか確認してください。1、2年調整せずに使用しているとすればネジは相当緩んでいると思われますので、1箇所だけではなく全体の少しづつの状態の崩れによって特定の箇所だけに異常が発生している場合もあります。故障までいかずとも技術調整を必要とする状態でありメンテナンスに出す必要があると思われます。

 

●バネ外れ

上記「▼バネが外れた」項目をご確認下さい。

 

●キィ歪み

フルートのキィは衣服に引っかけやすく、また組み立ての際にキィのついている部分をもって組み立ててしまっていたり、お手入れをしている最中など、無意識のうちにキィを曲げてしまっていることも多いです。キィを曲げてしまうとキイの動作の連動が崩れたり、連動する部分に隙間が出来てしまいキィのタッチ感が悪くなってしまうことがあります。(この隙間を遊びなどといわれます。) 遊びについては楽器の構造によって作らなければならないこともあるので、遊びがあることが一概に悪いことではないですが、基本的にフルートは遊びを作らないのが一般的です。キィが曲がってしまっている場合は技術者による修理が必要となります。


▼音程がおかしい

●反射板の位置

頭部管の内部には反射板という円形の板があり、その位置によっても音程が変化致します。
クリーニングロッドには対象の楽器の適切な反射板の位置を示す印がございます。写真のように差し込んでいただき、クリーニングロッドに刻まれている線がおおよそ真ん中にありましたら正常です。(メーカーによってロッドの線は1本の場合や3本の場合があります。例えば3本刻まれているものは3本線の真ん中が基準となります。)




●頭部管の抜き具合

頭部管を主管から3〜5mmくらい抜いた状態が理想の抜き具合ですが、楽器全体の音程が高くなり過ぎる場合は頭部管を抜き、音が低い場合は頭部管を深めに差し込みます。音程が高いからといって1cm以上抜くのはよくありませんので、目安として1cmまでとして下さい。とはいえ、そこまで抜かないとまだ音程が高いという場合は、息の入れ方や構え方が出来てない可能性もありますので、吹き方を今一度見直す必要もあるかもしれません。息のコントロールができていない状態はもちろんですが、力んだ状態で演奏したり、息の入れる角度があっていない場合は音程が安定しずらい傾向にあります。

 

●チューナーの設定

適切なチューナーの設定をしておらず、音程が合わない、合っていないと勘違いされている場合があります。チューナーのHzの設定値は440Hz~442Hzが一般的です。(バロック音楽など演奏する曲によって変わります。) 管楽器の特徴として気温が暑くなると音程が高くなり、気温が低くなると音程が低くなる傾向にありますので、夏場などの暑い時期は442Hz、冬場などの寒い時期は440Hzで設定することもあります。(必ずしもそのようにするという決まりはないです) ほとんどのチューナーはドイツ音名(C,Dなど)で表示されますので「ド」などとは表示されませんよね。その楽器の「ド」の音は、他の楽器の「ド」と必ずしも同じ音ではないからです。 

一般的にチューニングで使用する音はヘルツ数同様、第三者と合わせる際に変わることがあり、例えば、オーケストラではA(ラ)、吹奏楽ではB♭(シ♭)で確認したりします。例えばフルートを吹奏楽で吹く場合、チューナーの設定を442Hzにし、運指をシ♭(左手の親指<ブリチアルディキィ>+人差し指)で音を出し、チューナーの表示がB♭(A♯)になっていることを確認しチューニングするといったような感じです。管楽器の殆どは楽器と吹き方で調整できますが、ピアノなど一部楽器はその場で調律できませんので、変えられない楽器にヘルツ数を合わせてチューニングをすることもあります。

 

<チューナーに表示される表記について>
ド = C
レ = D
ミ = E
ファ = F
ソ =G
ラ = A
シ♭=A#/B♭
シ = B

<運指>
ド (左手の親指+人差し指 + 中指 + 薬指 と 右手の指全て)
レ (左手の親指+人差し指 + 中指 + 薬指と 右手の人差し指 + 中指 + 薬指)
ミ (左手の親指+人差し指 + 中指 + 薬指と 右手の人差し指 + 中指)
ファ (左手の親指+人差し指 + 中指 + 薬指 と 右手の人差し指)
ソ (左手の親指+人差し指 + 中指 + 薬指)
ラ (左手の親指+人差し指 + 中指)
シ♭(左手の親指<ブリチアルディ>+人差し指)
シ (左手の親指+人差し指)


▼故障箇所の特定方法

●バネの確認
バネが写真の赤丸の部分のようにしっかりとかかっていますでしょうか。かかっていない場合はキィの動きが悪い、または開かないなどの症状があります。


●連動の確認
赤い矢印の部分のキィを押した際に、青い矢印のキイが同時に動くしくみになっていますので、青い矢印のキイが同時にしっかり閉じているかどうかをご確認下さい。