安心、カンタン、本格派,ギターからPA・音響機材・DTM・デジタルまで楽器店ならではのワタナベ楽器店通販SHOPです。
ワタナベ楽器店 ONLINE SHOP トップページ
キャンペーン一覧楽器レコーディング・DTMPAシステム&マイクロフォン激安大特価コーナー
キーワード・商品名で検索

商品カテゴリ




 

トランペット 出荷前調整と定期メンテナンス

トランペット 出荷前調整と定期メンテナンス

当社では該当の楽器に対し、ご注文をいただいてから調整を行っています。ただし、Jマイケル、ケルントナーなどの一部直送品を除きます。直送品の場合でもメーカー側へ調整をお願いしています。
管楽器は状態変化のある楽器のため調整の作り置きができません。よって、多くの場合、出荷日の前日や当日に技術スタッフが実際に作業を行います。

店頭で買ったら、事前に調整してもらえるでしょうか。日々の変化においては仮に店頭購入したからといって安心できないのです。


▼楽器の状態変化について

メーカーで検品・調整された楽器が当社へ納品されます。しかしながら、100%の状態であった楽器は振動や素材の特性、気温や湿度、保管状態、保管期間によって変化し残念ながら100%の状態を維持することができません。それは楽器の値段に関わらず楽器の特性であり奏者はそれを理解し付き合っていく必要があるのです。当社の行う出荷前調整は、この楽器の状態をより100%に近づける作業とも言えます。新品、未開封を好む方もおられますが、管楽器においては未開封でも仮に1年前の在庫品であれば残念ながらもうその楽器のクオリティはしっかり発揮されない状態かもしれません。例えば、メーカー出荷時点では抜差し管にはグリスが塗布されているのがほとんどであり、楽器の保管期間によってはそのグリスが原因で抜差し管が固着してしまう場合もあります。

 

▼調整について
調整という範疇でいえば、楽器の状態が90%の状態でも80%の状態でもそれは不具合ではありません。それが例えば30%、20%などという状態にもなれば演奏するにあたり何らかの問題を感じられることにもなるかもしれません。初心者、あるいはご経験者でも調整の精度の見極めは難しいと思います。楽器は個体差や個性もありますので、例えば音が鳴りにくいのが抵抗感から来るものからなのか、あるいはどこからか息漏れしているからなのか、といった具合です。楽器によって高音が鳴りやすいもの低音が鳴らしやすいもの、色々ありますので、たとえ違和感を感じられたとしても必ずしも何かのせいではないかもしれません。

 

▼調整と精度について

メーカーから弊社へ納品される楽器の状態は、安い楽器はしっかり調整されていない状態が多く、高い楽器はしっかり調整された状態で届く傾向にあると思います。これは元々の楽器の精度の問題と、コストの問題があります。

仮に精度の違う楽器に対し同じ作業工程で調整をしたとしても安い楽器の方が楽器の精度が悪いため、手間と時間がかかります。つまり、安い楽器においてはある程度許容範囲の状態で検品にクリアしないと、人件費=コストが上がってしまうので、安い値段で販売ができなくなります。安いものが値段なりであるのはこういうことです。

精度の悪い楽器は精度の高い楽器より調整の幅が狭く全体のバランスを調整するには技量が必要となります。キイが沢山ある楽器ですので、1つの箇所に手を入れるとどこか違う部分で状態が変わります。そこをまた修正して...という作業が続くわけです。安い管楽器の扱いや修理の持ち込みが敬遠されたりする背景にはこともあるかもしれませんね。上記の通りとなり、安い楽器(精度の悪い楽器)ほど調整をすることによって起こる状態変化の振り幅は広いと言えます。

 

▼トランペットの定期メンテナンスは年に1、2回くらいがおすすめ。
管楽器は定期メンテナンスが必要と言われます。基本的に調整は楽器の構造とその作業技術を学んだ技術スタッフが行うもので、プロでも個人で行う方は殆どおられません。金管楽器は木管楽器と違い、細かいメンテナンスをせずともある程度は音が鳴ってしまうため安心しがちです。楽器は使用してもしなくても状態変化は進行していきます。気づかぬうちにサビが進行しているかもしれません。演奏に支障はないけど実は壊れているところがあるかもしれません。大がかりな修理は高額になることもしばしば。定期的にメンテナンスを出すことで結果的に修理費用も安くなることもあると思います。楽器によって推奨される定期的なメンテナンスの頻度が変わります。それは、楽器の構造、使用されているパーツや素材が異なるからです。使用頻度や使われているパーツなどは個人によって異なり、ちょっとした変化は楽器をみてはじめてわかることもありますのであくまで目安とされています。

 

調整をしていない楽器、メンテナンスをしていない楽器はどうなるの?
調整が崩れた楽器とは全部の部品に少しづつ緩みある状態だと想像してみて下さい。1つの箇所だけであれば全体への影響は少ないかもしれませんが、その少しづつの誤差を全て足したら大きな誤差になりますよね。1箇所の部品が完全に外れていれば気づくかもしれませんが、ちょっとづつではなかなか気づくことができません。あなたにとって急な故障でも経年劣化は日々の積み重ね。楽器の状態は徐々に進行しているのです。

・ピストンの押しがねの裏のフェルトやピストン内部のフェルトが動作による摩擦や経年劣化で消耗します。薄く固くなり押したときに「カンカン」とした音が鳴ったり、薄くなることでピストンの穴の位置が正常な場所より少しずれ多少吹奏感にも影響が出てきます。
・ピストンガイドが動作による摩擦や経年劣化で消耗します。ピストンをつまんで左右に回すとわかる通り、動作しやすいよう初期から左右に回すと多少動くように調整されていますが、使用するにつれ左右に動く幅が大きくなってしまいます。そうなると穴の位置が正常な場所より少しずれてしまい、吹奏感にも影響でてしまいます。さらに悪化すると突起部分が減ったり、ガイドが破損する可能性があります。ガイドが破損するとピストンが回ってしまい正常ない位置にとどまれない為、音が出なくなってしまいます。

・ピストンやロータリーの日々のお手入れによる蓄積物、使用するオイルの残留、成分にシリコンなどが使用されているとぶよぶよとしたプリン感触の汚れなどが少しづつ溜まっていきます。これを長期間放置すると蓄積し、吹奏感にも影響が出ます。さらにその汚れがピストンやロータリーに侵入すると急に動かなくなってしまう可能性があります。
・楽器の持ち方や構るなどの動作、演奏によって支柱や半田、ピストンなどに負荷がかかっておりますので金属が摩耗したり外れてしまったりヒビが入ってしまうことがありますが細かい部分のパーツの変化には気づきにくいです。「ビーッ」というノイズが出ることもありますが、金管楽器はピストンの向きやロータリー向きさえ合っていれば基本的には音が鳴る楽器ではありますので箇所によっては音の変化や支障がほとんど無いことがあります。しかし放置することでその楽器自体の強度は下がっており、ほかのパーツにさらに負荷がかかってしまい大きな破損へと繋がることもあります。



▼出荷前に行う調整内容の例
●半田の状態確認

パーツが外れていないか確認します。半田外れがあった場合は個体ごと交換するか半田付けを行い修繕します。
半田漏れが許容範囲かどうか、半田量が適正量か確認します。メーカーの基準も異なるため、問題を感じた場合はメーカーに良品内か確認し、不良とみなされた際は個体を交換します。

 

<確認箇所例>

 ・ベルとケーシングの接合部分
 ・ベルとマウスパイプをつないでいる支柱3本(延座1,延座2,D支柱)。但し、メーカーによって支柱の本数は変わります。
 ・指かけ
 ・マウスパイプレシーバー
 ・主管抜差し管枝管部分
 ・主管抜差し管内管とU字接着部分
 ・第1抜き差し管 枝管部分
 ・第1抜差し管 内管
 ・第2抜き差し管 枝管部分
 ・第2抜差し管 内管
 ・第3抜き差し管 枝管部分
 ・第3抜差し管 内管
 ・抜差し管指かけまたは抜差し管可動式指かけの台座
 ・各抜差し管についている支柱
 ・ウォータキィ台座



●ピストン笠ネジ、底ネジ(計6箇所)の動作確認

ピストンの笠ネジ、底ネジがスムーズに回るかどうか確認します。固すぎたり、回りにくい場合には楽器を傷つけないようにローハイドハンマー(豚の皮製)や木ハンマーでネジ部を叩き振動を与えます。数回繰り返し、スムーズな動きであるかどうか、許容範囲かどうかを検証します。問題があればクリーニングを行い、また改善されない場合には必要に応じてパーツ交換で対処します。

●ピストンの動作確認

ピストンにバルブオイルを注油し、スムーズな動きが得られているか確認します。問題があれば掃除をし、研磨剤等で摺り合わせ調整をします。ピストンのバネの音が目立つ際には、バネとピストンの接する部分にグリスを少量付けることで雑音を解消します。

●抜き差し管の動作確認

全ての抜き差し管 主管抜差管/第1抜差管/第2抜差管/第3抜差管 が動作するか確認します。固着している場合は楽器を傷つけないようにクロスを引っかけ引っ張る、またはオイルなどを流し込み管を温めた後に管を引っ張ることで管をぬきます。その後、抜き差し管の掃除をし、新しくグリスをつけます。これでも動きが悪い場合は、抜き差し管と本体側の管の幅、平行具合があっているかをオイルの漏れる方向やノギスで検証、測定し、平行が保たれてなければ手で圧力をかけるか専用の工具を使って修繕します。また、研磨剤等を使用し動きを出します。製品の精度によっては限界もあるため、その楽器で可能な範囲での動作にて終了とします。

●トリガー付きの抜差管の調整

指掛けのある抜差は演奏中に音程補正をするためかなりスムーズな動きを保つ必要があります。他の抜差管より動きを滑らかにする必要があると考え、精度を求め厳重に処置します。基本作業は上記と同じです。

●ウォーターキイの確認

ウォーターキイコルクがしっかりついているか、欠けていないかを確認します。場合によって接着剤などを足すなどで対応し、欠けが許容範囲を超えていれば新しいものに付け替えるなどします。また、バネに問題がないか確認をし、問題があった場合はパーツ交換を行います。

●試奏
・最低音のFからチューニングB♭まで半音階で上がり、正しくなっているか確認します。
・全ての運指で問題なく音が出せるどうか確認します。
・極端に音程のおかしい音がないか確認します。

●掃除 ・管体についている指紋、汚れをしっかりと拭き取ります。 ※マウスピースは付属品につき目視確認のみとなり、基本的には試奏を行わないことが殆どです。


●最後に再度、外観に凹みなど異常がないか確認をします。