安心、カンタン、本格派,ギターからPA・音響機材・DTM・デジタルまで楽器店ならではのワタナベ楽器店通販SHOPです。
ワタナベ楽器店 ONLINE SHOP トップページ
キャンペーン一覧楽器レコーディング・DTMPAシステム&マイクロフォン激安大特価コーナー
キーワード・商品名で検索

商品カテゴリ




 

フルート 頭部管が抜けない

フルートの頭部管がはまらなない、抜けない

管楽器は気密性を保つためにも精密に金属の摺り合わせが行われています。楽器を買ってはじめて組み立てを行う場合でも頭部管がはまらない、もしくは抜けないといったことが起こる可能性があります。残念ながら、そういったトラブルはメーカー保証対応には該当しません。

 

▼保証書について
製品購入時に付属している保証書にはどのメーカーでも「自然故障」や「注意書きに従った正しい使用方法で」とか「正しいお取り扱いで」などといった少し曖昧な表現が使われていることが多いと思います。
落とした、ぶつけた以外で楽器に不具合が起きた場合、ご使用者からの目線、また言葉通りであれば「勝手に壊れた」「自然とそうなった」などといった感覚だと思います。
しかしながら、管楽器は組み立て、使用時、お手入れ時に発生する状態変化においては基本的には保証範疇外となります。
ですので、頭部管がはまらないのも、抜けなくなるののも、「組み立てを行う側が行った行為によって発生した」ということになり、自然に発生したものではない、となります。
当然、どこでどのようにそうなったかなど証明はできませんが、最初にお話した通り、接合部分は精度が高く摺り合わせが行われていますので、ホコリ1つで抜けなくなることすらあります。
メーカ−や販売店側ではかなり丁重に扱い、また検品されている部分の1つです。よって、最初からそうであったと主張されるには少々無理があります。
このように、実は保証で対応ができる事例というのが殆どありません。フルートでメーカー保証がきく修理でいえば例えば「キィの溶接部分の問題(半田・ロウ付け部分の外れ、はみ出し」などです。
楽器はそもそもはじめて手にした方がすぐに全てを理解し演奏出来るものではありませんので、組み立てからお手入れまでそれなりの知識を持って触れる必要があります。


▼頭部管を組み立てる手順
・持ち方
頭部管部分はリッププレート部分は持たないようにします。リッププレートは半田で溶接されているため負荷をかけすぎてしまうとプレートが外れてしまう可能性があるので注意しましょう。
主管部分はキィがある部分は持たないようにします。キィは少しの負荷ががかかっただけでも曲がってしまう可能性が高いです。負荷をかけてしまった場合には全体のバランスを保っている連動が崩れてしまいますので十分に注意して下さい。

・組み立て前に

綺麗にホコリなどを取り除いて下さい。クロス等でジョイント部分を拭き取るだけではありますが、このときに使用するクロスはマイクロファイバー製など、ほこりの出にくいクロスをお勧めします。
ちなみに、シルバーポリシングクロスなど研磨剤を含んでいるクロスは使用不可です。しっかり摺り合わせされている金属同士にこのような研磨材の入ったものを使用しては少しずつ金属を削っていき緩くなりやすくなりますので意味がなくなってしまいます。

・まっすぐ入れる
頭部管はリッププレートより下を、主管はキィより上を持ちます。(ブランドロゴや品番が刻印されるような部分)

そして、入れるのですが、重要なこととしては「まっすぐ」「無理をせず」差し込むことです。


▼これはやってはダメ
・グリスをつける
いわゆるノーブランドなどでグリスが付属しているものもあったりするのですが、フルートの組み立てにはそういったものは一切使用しません。リコーダーなどの組み立てにはグリスなどを使用した記憶がある方も多いと思いますが、フルートには基本的には使いません。そういったものを塗らなくても組み立てができるように整備されています。
新品などは嵌合部分(組み立てる際の接触部分)が馴染んでおらず少し硬く感じることがありますがそこでグリスを塗ってしまいますと固着の原因となります。グリス自体ベタベタしたものなのでホコリなどの汚れを非常に吸着しやすい性質となっています。頭部管を入れた時にそういった汚れが噛んでしまうと、結果として抜けなくなってしまうことが多いです。

・ホコリや砂などの汚れは付着したままで組み立てを行う

野外練習などは正直最悪ですね...。砂が付いたまま組み立てを行えば嵌合部分の内部が傷ついてしまいます。接合部はホコリ1つで抜けなくなるくらいのものですので、傷は大きな致命傷となり、引っかかって抜けなくなることもあります。

・入れ方

少し斜めに入れてしまった程度でも管が歪んでしまって動かなくなることがあります。まっすぐ入れるということは重要なポイントですが、まっすぐ入れるにもかなり慎重にならないといけないということです。頭部管を回したり、ガタガタさせながら入れることも勿論ダメです。入りにくさを感じられた場合に、このようにされる方がおられますが入れにくい場合にはまずは無理には入れず一度嵌合部分を掃除しましょう。


▼スムーズにはいらない場合
・対策
おおむねは掃除をすることで改善されることが多いです。というか、それ以外に自分でできることというのはもうないくらいです。上記「頭部管を組み立てる手順」の「組み立て前に」に記載した通りです。

 

・原因

上記で解決しない場合には既に何らかの負荷がかかって変形してしまっている可能性もあると思います。こうなってしまったら、技術者にお願いして嵌合調整を行うしか手がありません。方法としてロウを塗るなどの手立てが無いわけではありませんが、まずおすすめはいたしませんので、ここではあえてそういった方法はご紹介しません。

 

▼技術者の修理
頭部管は長く使用するにつれ、段々と緩くなってきます。金属同士がこすれ合う摩擦によって少しづつ削られるので、そういうものです。購入当初にきっちり摺り合わせが行われている理由の1つに、いずれは緩くなるということもあります。最初から緩ければ楽器の寿命が短いということになります。ですのでよっぽどのことがない限り、緩めにセッティングするなどといったことはしない方が良いですし、自分で研磨するなんてことはまずされない方が良いでしょう。
緩くなってしまった頭部管の修理は基本的にはジョイントエキスパンダーや芯がねを頭部管の内部に入れ、管の内側から径を広げる処置となります。
このような処置をする側の人間から見れば、頭部管にどのような負荷がかかったかも、研磨の状態や径の状態で分かるものです。
また頭部管が抜けない場合に行う処置も原始的なものです。ここで軽く解説しますが、この方法について技術者以外はマネなんてしないで下さいね。


ホコリなどがつまって抜けない場合には主管と頭部管の隙間から潤滑材を流し込み、金属同士の引っ掛かりを軽減させます。

またその後軽く熱するしたりすることでホコリや汚れ自体の状態を変化させます。その後引っ張ります。抜けるまでこの繰り返しです。

場合によってキイなど邪魔になるパーツは全て外してしまえば力がかけれますので、そういうところでも技術を持った者が行うのと、全然違うことがお分かりいただけると思います。
上記の方法でも抜けないような凹みなどがある症状が重い場合にはその凹みを修正することから始まります。内側に芯金を入れ込み凹みに圧力をかけて凹みを修正します。