安心、カンタン、本格派,ギターからPA・音響機材・DTM・デジタルまで楽器店ならではのワタナベ楽器店通販SHOPです。
ワタナベ楽器店 ONLINE SHOP トップページ
キャンペーン一覧楽器レコーディング・DTMPAシステム&マイクロフォン激安大特価コーナー
キーワード・商品名で検索

検索方法の解説です

 

楽器新着商品情報
エレキギター
ベース
初心者向け 入門用ギター・ベース・アコースティックギター
ミニギター&ベース
アコースティックギター
アンプ
エフェクター
ドラム
鍵盤楽器
アクセサリー
管楽器&弦楽器
ウクレレ
ハーモニカ
その他
ssl
新着&おすすめ


J Michael ( Jマイケル ) TR-200 トランペット 新品 アウトレット 管楽器 ゴールド 本体 B♭ Trumpet gold 北海道不可 沖縄不可 離島不可

Bフラット gold 入門 練習用 ラッパ 金管楽器 ラッカー
J Michael ( Jマイケル ) TR-200 トランペット 新品 アウトレット 管楽器 ゴールド 本体 B♭ Trumpet gold 北海道不可 沖縄不可 離島不可

■メーカー名: J Michael ( Jマイケル )
■商品名  : TR-200 トランペット 新品 アウトレット 管楽器 ゴールド 本体 B♭ Trumpet gold 北海道不可 沖縄不可 離島不可
メーカー希望小売価格 24,640円(税込)
特価 17,500円(税込)

管楽器はメンテナンス、アフターケアが必要とされる楽器です。

 

安くで手に入る製品が沢山ありますが、管理が行き届いていない楽器は演奏に大事になる箇所に不備が起きたときにどうしようもなくなったり、そもそもうまく動作しないなどといったことが起こってしまいます。

 

 

 

また同じように見えても違い、本来一定の水準をクリアしたものはそんなに安く手に入るはずがないのです。

 

Jマイケルはもっと安いものがある中、最低限の品質が維持されている方で、尚且つ管弦専門メーカーですので、何かあったときにも比較的安心していただけるブランドになります。

 

また吹奏感も軽く、はじめてトランペットを手にされる方にも演奏しやすいものになります。

 

 

 

トランペットは15万以上の楽器になると、吹きやすさより1つ上のグレードになることが多く、音色、抵抗感、音量などを求めより個性的になっていきます。

 

 

TR-200は入門モデルで、初心者が一番よく使用する一般的なB♭トランペットです。

 

ピストンを駆使する楽器ですので、その部分はより一層ですがある程度の耐久性が必要になりますが、価格は品質に比例しますので安いものの中でもまだ強い方です。

 

初心者は練習が多かったり、またピストンを押すクセがあったりする方も多いため、変形や破損というトラブルはつきものなので安すぎるものには注意しましょう。

 

 

 

メッキや素材、またパーツの違い、本体の重さによって抵抗感が変わり、少ない息で軽く音が鳴る楽器は抵抗感が軽いものと言われます。

 

TR-200は1本支柱で管体も軽く、抵抗感が少ない類です。

 


管楽器全般の中で、トランペットは比較的メンテナンスが簡単で、またパーツが少なくシンプルであること、さらに吹奏楽などでは楽曲の主旋律を担当することも多い花形の楽器で手に入りやすく需要も多いため、価格も安い方です。

 

ちょっと楽器に興味がある人でも比較的簡単にはじめやすいというメリットがあります。

 

最初に揃える必要のあるものとしても、少ないですし、トラブルもキイが多い木管楽器(フルート、サックス、クラリネット)などに比較すると少ないです。

 

 

教本の種類なども多いですので、教室に習いにいかなくても1人でもある程度の練習に取り組めると思います。

 

1つ難点を言うならば、かなり音が大きいことですが、音を小さくするミュートも存在しているので、対処する余地があるだけマシですね。(リード楽器などはミュートで弱音できない)

 

 

キラキラした金色は見た目が鮮やかで目立ちます。色の違いは見た目だけではなく、素材とメッキの違いもあるのですが、個人的には見た目も大事だと思います。気に入ったものを買った方が練習もやる気になりますしね。

 

 

素材やメッキについては以下のような基本があります。

 

TR-200は イエローブラス ラッカー塗装 です。

 

 

▼モデルの違いと塗装の違い
~素材の違い~
素材の上にかける塗装によって同じような色に見えても実は素材が違っていたりします。
トランペットの素材となるブラス=真鍮とは銅と亜鉛を混ぜたもので、この配合率によって素材の強度や色が変わり、音色、吹奏感に違いがでます。銅の比率が上がるほど、音色に温かみが出ると言われます。

イエローブラスが一番安いです。


☆イエローブラス...明るく、張りのある音色。多くはイエローブラスが主流です。銅が70%、亜鉛が30%。
☆ゴールドブラス...幅のある豊かな音色。銅が75~85%、亜鉛が15%~25%ほど。
☆レッドブラス...より柔らかく落ち着いた音色。銅が85~90%、亜鉛が10%~15%ほど。より丸みのある音色に、深い響きを与えます。
☆スターリングプラスベル...スターリングシルバー(銀92.5%)よりも純度の高い純銀(銀99.9%)で、遠達性のある豊かな音色を持っています。

~塗装の違い~
ぱっと見はだいたい金か銀ですが、塗装の違いで濃いゴールド、薄いゴールドの違いがあったりもします。塗装の違いで音色や吹奏感にも違いがでてきます。

ラッカーが一番安いです。


☆クリアラッカー...透明なラッカーでパワフルで音抜けがよく艶やかな音色になる傾向です。
☆ゴールドラッカー...クリアラッカーを混合してつくられており、濃いめのゴールドになります。大差はないですが、シャープで音の立ち上がりがよいと言われたりします。
☆銀メッキ...ラッカーよりも塗装が薄いため、柔らかな音色になると言われています。やや抵抗感がりますので表現力を求める演奏にも向いています。主張も控え目になるためか吹奏楽では銀メッキで揃えることもあるようです。

 

▼支柱の本数
ベルの近くにある縦にある棒の部分で、支柱は音色や響きに重量感を加えるために立てられているパーツです。この本数で楽器を吹いたときの感触が変わります。

・支柱なし:明るく、抜けがよい。軽い音色。抵抗感が少なく少ない息で音になる感じ。
・支柱1本:音色が豊かになるが、ある程度の抵抗感あり。少し吹き慣れた方にとって必要となる適度な抵抗感は抑揚が付けやすく感じます。
・支柱2本:より豊かな音色ですが、かなりの抵抗感があり、重く太い音色。

 


 

J.Michael Trumpet gold TR200 Jマイケル スタンダ-ド トランペット TR-200 アウトレット(外傷のみ)

■調子: B♭
■ベルサイズ:約120mm
■ボアサイズ:約11.70mm
■仕上げ:クリアラッカー仕上げ、抜差外管=洋白製
 

セット内容

■トランペット本体
■黒のABS素材 トランペット ケース...丈夫なABS素材。比較的軽めです。
■保証書/取り扱い説明書...楽器の構え方からお手入れの方法、チューニング、トラブル対処法など詳しく掲載されています。保証は1年保証。
■マウスピース...口にあたる吹口をマウスピースといい、サイズなど色々ありますが付属のものは一番スタンダードな形状です。これがないと音は出ません。
■クロス...楽器に優しいクロス。不要な研磨剤など入っていないので毎日ご使用頂けます。
■取扱説明書/運指表/保証書...音を出す、その次は運指を覚える。これ大事。

 

中国製の楽器について

中国製の評判は ネットでも良く言われませんが出た当時から比較したら随分品質もよくなってきています。否定意見をお持ちの多くの方は、きっと演奏する技術と耳を持った方 だと思います。本格的に学校での部活や楽団に所属しコンクールなどを目指すレベルにいる場合と、あくまで個人でひとりで初めて楽器を演奏する方では目的が 異なると思います。 吹 奏楽での使用であれば最低ラインはヤマハ、ジュピターになり予算でいうと目安として5万円以上の金額を出せるかどうかが境目になると思います。その価格が 予算的に無理であればブランドものはあきらめるしかありません。ただ、どこかに所属される場合は必ず相談のうえ自分の楽器を決めましょう。というのは、管 楽器といえば、「オーケストラ」「クラシック」というイメージですよね。わたし個人的には、気軽な軽音楽と比較して、基礎に忠実、ピッチ にシビア、伝統を大事にする世界だと思います。わたしが学生の頃には楽譜を読めない苦労に悩まされました。なぜならピアノを習っている人がやっぱり多いの です。そのような中の一員になるということは、人に求められる音や技術が高いと思います。それを再現するものが自分の楽器ですので、その楽器がしっかり応 えてくれるレベルのものかどうか...やはり品質は価格に比例するのです。中学の吹奏楽部で使用する楽器であってもコンクールを目指す学校の部員達のほと んどは数十万の楽器が普通、ということもございます。かといって、そのままプロになるかというと、そういうことでもありません。きっと、そういう世界なん です。 と はいえ、全ての方に安い楽器をおすすめしないかというとそうではありません。お金を出せば良い楽器が手に入るのは当然です。ある程度演奏ができる方で生涯 1本目の楽器を使い続けるというのはあまりありません。あなたは今、各メーカーの音の違いが分かりますか?ざっくり言いますと、楽器は高額なものになるほ ど「個性」が強くなります。楽器選びは好みや演奏性が決め手になりますが、それには練習し技術と耳を養う必要もあるのです。「それまで」の楽器になにを選 ぶか、どういう目的でどれ選ぶか、少し見えてきませんか?管楽器は取り扱いに注意も必要です。初心者に扱い易いものは、丈夫で、高額なメンテナンス料の心 配が少ない、アフターケアがしっかりしているものです。ブランドものの中古や無名の楽器を買って使い捨てになっては意味がありません。もう一度、どのよう な環境でどういった目的で買うか考えてみてください。

 

 

初めての方へ ※付属しておりませんので、必要になるものです。

■グリス...初回は管が動く箇所には塗った方が良いです。次からはきついと感じたときのみでOK。少量を指でうすくのばし、余分なものはふき取ってください。

■ピストンにはバルブオイルをさして下さい。使用しないときにも定期的にピストンは動かして下さい。オイルが足りず錆びてしまったらピストンはスムーズに動かなくなります。一度錆びたらオイルをさしても同じです。そんな時にはメーカーで再調整が可能です。(故障では無いので保証対象外)

■困っているときは教本を読んでみて下さい。それでも分からない場合、修理のご依頼は メールでお気軽にお問い合わせ下さい。

★その他のショッピングサイトでも同時販売しています。
買い物かごに入れても売り切れの場合がありますのであらかじめご了承下さい。
★木目や色合い等は画像と異なる場合がございます。
★お届けの際の外箱が本体と異なる場合がございます。
★価格、サービスにつきまして、オンラインショップと店頭では異なる場合がございます。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。