安心、カンタン、本格派,ギターからPA・音響機材・DTM・デジタルまで楽器店ならではのワタナベ楽器店通販SHOPです。
ワタナベ楽器店 ONLINE SHOP トップページ
キャンペーン一覧楽器レコーディング・DTMPAシステム&マイクロフォン激安大特価コーナー
キーワード・商品名で検索

検索方法の解説です

 

楽器新着商品情報
エレキギター
ベース
初心者向け 入門用ギター・ベース・アコースティックギター
ミニギター&ベース
アコースティックギター
アンプ
エフェクター
ドラム
鍵盤楽器
アクセサリー
管楽器&弦楽器
ウクレレ
ハーモニカ
その他
ssl
新着&おすすめ


J Michael ( Jマイケル ) CT-470S コルネット 銀メッキ 新品 ショート 管楽器 本体 B♭ 管体 cornet シルバー サイレントブラス SB7X セット B

Bbコルネット トランペット持替に 金管楽器 練習用
J Michael ( Jマイケル ) CT-470S コルネット 銀メッキ 新品 ショート 管楽器 本体 B♭ 管体 cornet シルバー サイレントブラス SB7X セット B

■メーカー名: J Michael ( Jマイケル )
■商品名  : CT-470S コルネット 銀メッキ 新品 ショート 管楽器 本体 B♭ 管体 cornet シルバー サイレントブラス SB7X セット B
メーカー希望小売価格 60,500円(税込)
特価 49,000円(税込)

コルネットはトランペットよりも柔らかな音色です。


フレーズの移り変わりも滑らかでゆったりとした演奏をお楽しみ頂けます。

塗装によって音質が変わるといわれており、ゴールドはシルバーに比べ、軽い立ち上がりのある音色が特徴です。シルバーメッキはゴールドのラッカー塗装に比べると落ち着きのある音色になりますが、楽器自体の特性が直接表れ、よりきめ細かなニュアンスが表現できるのはシルバーならではではないでしょうか。


一部ですがより柔らかな音色に近づくレッドブラス製マウスパイプを使用しています。

過去には雑誌「サックス&ブラス・マガジン」の誌面で紹介されており石井慎太郎さんなどプロの感想が取り上げられるなど評価も非常に高いです。

運指表、ラッパの取扱の詳しい取扱説明書も付けておりますので初心者 入門者の方でもご安心頂けます。



こちらはショートコルネットです。ショートコルネットは管の曲がりが多く、全体にコンパクトで、コルネット特有の柔らかい音色を持ちます。英国式金管バンドに多く使われています。

ショートが主流になり、一般的ヤマハなども基本ショートです。

Jマイケルではございませんが、他にロングコルネットというものも存在しており、管の曲がりが少なく、円錐の度合いも小さくし、トランペットに近づけてあります。ジャズや吹奏楽でトランペットよりやや柔らかな音を求められるときに効果的です。

ロングとショートでは使用するマウスピースが異なります。もっとレベルの高い楽器を選ぶ際にはボアサイズやベルサイズ、ベル材質やつくりなどにも着目していただくと良いかもしれません。
 

J.Michael CT470S short cornet silver Jマイケル CT-470S コルネット アウトレット(外傷のみ)

■楽器 管楽器 金管楽器 ショートコルネット
■調子:B♭<
■ボアサイズ:約11.70mm
■ベルサイズ:約120mm
■レッドブラス製マウスパイプ
■銀メッキ仕上げ


※細かい仕様が画像と異なる場合がございます。

 

セット内容

■ 楽器 本体
■セミハードケース
■保証書、取り扱い説明書
■マウスピース
■クロス
■運指表
■ヤマハ サイレントブラス (以下)

 

YAMAHA TRUMPETS CORNET SILENT BRASS SB7X ヤマハ サイレントブラスシステム トランペット用 コルネット用

「サイレントブラス」とは。。。

サイレントブラスはヤマハ株式会社の登録商標されており、このような商品は現状ヤマハだけ。楽器の音を小さくし、より練習ができるように開発された電子機器です。

通常金管楽器のミュート(弱音器/消音器)はプラスチック、アルミなどの素材で作られており、楽器のベルにはめ込んで音を小さくしたり、音質を変えることができます。サイレントブラスは、これだけでは終わりません。出た音をお手持ちのイヤフォンやヘッドフォンを通して聴くことができます。

さらに、MP3プレーヤー(オーディオプレーヤー)やスマートフォンなど音源を再生する機器をつなげば、音楽の再生をバックに演奏が楽しめます。

管楽器の音量を小さくするという行為の難点を上げるとすると、抵抗感が増し、音質がこもってしまうことです。そもそもベルを塞ぐ状態となるミュートはどんなミュートでも抵抗感を感じてしまうことは致し方ありません。とはいえ、旧モデルSB7-9から改良を重ねて作られたモデルSB7Xは小型、軽量化(120g→70g)されたミュート部分とBrass Resonance Modelingが搭載されており消音性能と吹奏感の改善を求めて発売されたモデルになります。



■付属品:専用接続ケーブル、ステレオイヤホン、取扱説明書

~ピックアップミュート部分~

 

Pickup Mute  PM7X
■トランペット、コルネット用

■Brass Resonance Modeling対応
■ピックアップ端子:ミニフォンジャック
■内蔵マイク:エレクトレット・コンデンサーマイク
■消音程度:-25~-30dB
■素材:ABS樹脂
■サイズ:82 × 139mm
■重量:70g
※細かい仕様が画像と異なる場合がございます。Brass Resonance Modelingは非対応です。

~パーソナルスタジオ部分~

Personal Studio STX ( STX-2 )
■入出力端子 :MUTE IN(PM7Xの接続箇所)
AUX-IN=ミニステレオジャック
アウトプット/ヘッドフォン=ミニステレオジャック
■コントロール:リバーブ (Rev1/Rev2)、ボリューム

■Brass Resonance Modeling搭載 (対応ピックアップミュート を接続した時のみ動作します)
■電源:単三電池×2本 (アルカリまたはニッケル水素電池:別売)
■外形寸法:70 × 20 × 98mm
■重量:69g (電池含まず)


※細かい仕様が画像と異なる場合がございます。

 

STXからSTX-2 変更点は以下
・チューバとユーフォニアムの音源データを追加
・4極端子(スマートフォン向けのマイク付きイヤホン端子)のイヤホン/ヘッドホンの接続に対応
・モノラル端子へ接続可能

 

ご注意

・ベル形状やベル径などが大きく異なる楽器についてはピックアップミュートが適合しない場合がございます。
・ヤマハ金管楽器および付属ケースの対応につきましては「対応製品一覧表」をご参照ください。
・長期間にわたる楽器収納時には、ピックアップミュートを取り外してください。
・パソコンなどの「電源供給機能付き(プラグインパワー対応)」マイク入力端子(ライン入力兼用を含む)に接続しないでください。
・Brass Resonance Modelingは、ピックアップミュートPM3X/5X/6X/7X とパーソナルスタジオSTX/STX-2、およびPM1X/2XとSTX-2を組み合わせた時にのみ動作します。それ以外のピックアップミュートやパーソ ナルスタジオを組み合わせた場合は動作しませんのでご注意ください。
・単三電池は同梱しておりません。別途お買い求めください。

楽器の製造国について

中国製の評判はネットでも良く言われませんが出た当時から比較したら随分品質もよくなってきています。否定意見をお持ちの多くの方は、きっと演奏する技術 と耳を持った方 だと思います。本格的に学校での部活や楽団に所属しコンクールなどを目指すレベルにいる場合と、あくまで個人でひとりで初めて楽器を演奏する方では目的が 異なると思います。 吹 奏楽での使用であれば最低ラインはヤマハ、ジュピターになり予算でいうと目安として7~8万円以上の金額を出せるかどうかが境目になると思います。それが 予算的に無理であればブランドものはあきらめるしかありません。団体には意向もありますのでどこかに所属される場合は必ず相談のうえ楽器を決めましょう。 管楽器といえば「オーケストラ」「クラシック」というイメージですよね。スタッフ個人的には、気軽な軽音楽と比較して、基礎に忠実、 ピッチにシビア、伝統を大事にする世界だと思います。学生の頃には楽譜を読めない苦労に悩まされました。なぜならピアノを習っている人がやっぱり多いので す。そのような中の一員になるということは、人に求められる音や技術が高いと思います。それを再現するものが自分の楽器ですので、その楽器がしっかり応え てくれるレベルのものかどうか...やはり品質は価格に比例するのです。中学生でもコンクールを目指す学校の部員達であれば数十万の楽器が普通、というこ ともございます。かといって、そのままプロになるかというと、そういうことでもありません。きっと、そういう世界なんです。 とはいえ、全ての方に安い楽器がダメかというとそうではありません。お金を出せば良い楽器が手に入るのは当然です。ある程度演奏ができる方で生涯1本目の 楽器を使い続けるというのもあまりありません。あなたは今、各メーカーの音の違いが分かりますか?ある程度高額なものになると楽器は「個性」が強くなりま す。自分の好みや演奏性を知るには練習し技術と耳を養う必要もあるのです。「それまで」の楽器になにを選ぶか、どういう目的で選ぶか、少し見えてきません か?お手入れも必ず必要です。初心者に扱い易いものは、丈夫で、高額なメンテナンス料の心配が少ない、アフターケアがしっかりしているものです。ブランド ものの中古も場合によっては危ないです。もう一度、どのような環境でどういった目的で買うか考えてみてください。

 

初めての方へ

■ グリス...初回は管が動く箇所には塗った方が良いです。次からはきついと感じたときのみでOK。少量を指でうすくのばし、余分なものはふき取ってくださ い。 ■ピストンにはバルブオイルをさして下さい。使用しないときにも定期的にピストンは動かして下さい。オイルが足りず錆びてしまったらピストンはスムーズに 動かなくなります。一度錆びたらオイルをさしても同じです。そんな時にはメーカーで再調整が可能です。(故障では無いので保証対象外)■困っているときは 教本を読んでみて下さい。それでも分からない場合、修理のご依頼は メールでお気軽にお問い合わせ下さい。

★その他のショッピングサイトでも同時販売しています。
買い物かごに入れても売り切れの場合がありますのであらかじめご了承下さい。
★木目や色合い等は画像と異なる場合がございます。
★お届けの際の外箱が本体と異なる場合がございます。
★価格、サービスにつきまして、オンラインショップと店頭では異なる場合がございます。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。

管楽器の保証について/調整あり
管楽器の保証について/調整あり

店頭 展示販売/試奏は行っておりませんので

全て新品となります。

店頭には管楽器担当/技術スタッフはおりませんので

通販のみで対応となります。