安心、カンタン、本格派,ギターからPA・音響機材・DTM・デジタルまで楽器店ならではのワタナベ楽器店通販SHOPです。
ワタナベ楽器店 ONLINE SHOP トップページ
キャンペーン一覧楽器レコーディング・DTMPAシステム&マイクロフォン激安大特価コーナー
キーワード・商品名で検索

検索方法の解説です
楽器新着商品情報
エレキギター
ベース
初心者向け 入門用ギター・ベース・アコースティックギター
ミニギター&ベース
アコースティックギター
アンプ
エフェクター
ドラム
鍵盤楽器
アクセサリー
管楽器&弦楽器
ウクレレ
ハーモニカ
その他
ssl
新着&おすすめ

J Michael ( Jマイケル ) 信号ラッパ 2本 セット ATR-150A MAXTONE TB-3L 三つ巻 新品 ビューグル 本体 ケース付き お祭り 軍隊 号令 楽器 北海道 沖縄 離島不可

三回巻 bugle G調 ストレート式 ゴールド 楽器 信号 ラッパ
J Michael ( Jマイケル ) 信号ラッパ 2本 セット ATR-150A MAXTONE TB-3L 三つ巻 新品 ビューグル 本体 ケース付き お祭り 軍隊 号令 楽器 北海道 沖縄 離島不可

■メーカー名: J Michael ( Jマイケル )
■商品名  : 信号ラッパ 2本 セット ATR-150A MAXTONE TB-3L 三つ巻 新品 ビューグル 本体 ケース付き お祭り 軍隊 号令 楽器 北海道 沖縄 離島不可
特価 27,500円(税込)

ブランドの違う信号ラッパのお試しセット☆



昔から色々なことに用いられてきた信号ラッパは懐かしい方もいるのではないでしょうか。 基本的には音楽を演奏する通常の楽器としてではなく、信号を周りに伝える道具として軍隊や消防団、自衛隊、などの合図などに使われています。ピストンなどの音程を変える箇所は付いていないため、出せる音は自然倍ド、ソ、ド、ミ、ソ、ドとなります。トランペットの何も押さえない状態と同じで、とてもシンプルな構造です。マウスピースだけで音階が全て出せるベテランの方にはとても色々な曲が演奏できるかもしれませんね。他の金管楽器と同じく、管を巻いて作られてあります。
 

J.Michael bugle ATR-150A Jマイケル 信号 ラッパ

昔から色々なことに用いられてきた信号ラッパは懐かしい方もいるのではないでしょうか。 基本的には音楽を演奏する通常の楽器としてではなく、信号を周りに伝える道具として軍隊や消防団、自衛隊、などの合図などに使われています。ピストンなど の音程を変える箇所は付いていないため、出せる音は自然倍ド、ソ、ド、ミ、ソ、ドとなります。トランペットの何も押さえない状態と同じで、とてもシンプル な構造です。マウスピースだけで音階が全て出せるベテランの方にはとても色々な曲が演奏できるかもしれませんね。他の金管楽器と同じく、管を巻いて作られ てあります。こちらは三回巻(三つ巻)で、ラインナップにはありませんが、他に二回巻(二つ巻)なども存在しており、大きくはこの2種が主流です。本体に は紐(下げ緒)が巻いてあります。移動なども多い為、吊り紐としても使用されますが、他管楽器にはない装飾がきれいですね。マウスピースの装着方法は2つ のラインナップがあり、こちらは通常の金管楽器と同じくストレートのマウスピースです。他、現場でマウスピースが抜け落ちることがないよう、シャンク部分 がネジ式になっているものも別にございます。ご使用用途に合わせてお選び下さい。
 

■ 調子 =G
■ 3つ巻
■ マウスピース:ストレート式
■ ベルサイズ = 約125mm
■ ベル:イエローブラス
■ クリアラッカー仕上げ
■ セット内容:本体、ケース、マウスピース、保証書、取り扱い説明書、クロス、朱紐、房

※ 細かい仕様が画像と異なる場合がございます。

 

MAXTONE TB-3L マックストーン 3つ巻 信号 ラッパ

TB-3が廃盤になり、TB-3Lになりました。台湾製で以前のモデルより品質がよくなっています。


正直以前の房の部分はすごく貧弱でしたが今回のは見た目も良いです。従来品と同スペックではありますが、鳴り(響き)・吹きやすさにも違いがでています。

ねじ込み式のマウスピースを採用しています。ねじ込み式とは元来、信号ラッパを使用していた火事場や戦場でマウスピースが落下し演奏不能になることを防ぐ為の構造です。

抜き差し式チューニング管(中継管)です。つまみネジで素早くチューニング&固定が可能です。
 

 

 

昔から色々なことに用いられてきた信号ラッパ。

 

懐かしい方もいるのではないでしょうか。軍隊や消防団、自衛隊、などの合図や信号に使われています。最近はお祭りなどでも使用されているようです。

 

3つ巻は2つ巻に比較すると音が比較的出しやすくてお勧めです。ピストンなどの音程を変える箇所は付いていないため、出せる音は自然倍ド、ソ、ド、ミ、ソ、ドとなります。トランペットの何も押さえない状態と同じです。

 

マウスピースだけで音階が全て出せるベテランの方にはとても色々な曲が演奏できるかもしれませんね。

 

お値段もお手頃なことからトランペットには手が出せない...という方やお子様へのお遊びにとご購入される方もおられます。といっても今やトランペットでも1万円ちょっと出せばご購入いただけるのでトランペットの方がおすすめですが...

 

 

信号ラッパは「管楽器」とは需要が異なりますので、ヤマハなど一般的管楽器メーカーではあまり製造されておりません。

 

品質の高いものとしては「ヤマト」というブランドなどがあります。価格は4、5万といったところでしょうか。

 

需要が特殊ですので、メーカーの種類もあまりありませんが、同価格帯でいうとJマイケルとマックストーンでお悩みの方も多いと思います。

 

少し違いをご紹介させていただきますと、信号ラッパはつくりがシンプルですので、品質という面では大差はそうないと思われます。(個人差あり)

 

少し値段が高いJマイケルについては仕上げもそうですが、房など見た目的な部分で少し良いと思います。

 

 

大きな違いとして、調子の違いがあります。調子といっても音楽理論的なお話になりますのであまり必要ない方もおられるかもしれません。

 

ATR-150Aは「G調

 

こちら、TB-3は「F♯調」で製造されています。(基準ピッチA=435Hz当時のG管の響きを再現。)

 

掘り下げると19世紀の歴史的背景も関与しているという言われもあるようですのではっきりしたことは分かりませんが、

 

当時の基準ピッチが435Hzだったりしたことから違うピッチの楽器となっているのかもしれませんね。(近年のオーケストラでは多く445Hzを基準とされている場合が多いです。)

こういった楽器はマウスピースと口の形、吹き方などでピッチを調節しますが、

 

この2つの楽器を同じように吹いても少し音程が違うと思っていただくと良いと思います。

 

実際ご使用される場合、オーケストラのようにシビアにピッチを必要とする使い方ではないと思いますがご参考にされてみて下さい。

 

 

■三巻 信号ラッパ 楽器 ラッパ
■調子:F♯調
■サイズ:310mm ×185mm×φ128mm(ベル径)
■重さ:本体 約560g、ケース 約240g
■仕上げ:ゴールドラッカー仕上げ
■セット内容:本体、マウスピース、キャリングケース


※細かい仕様が画像と異なる場合がございます。

中国製の楽器について

中国製の評判はネットでも良く言われませんが出た当時から比較したら随分品質もよくなってきています。否定意見をお持ちの多くの方は、きっと演奏する技術と耳を持った方だと思います。本格的に学校での部活や楽団に所属しコンクールなどを目指すレベルにいる場合と、あくまで個人でひとりで初めて楽器を演奏する方では目的が異なると思います。 吹 奏楽での使用であれば最低ラインはヤマハ、ジュピターになりますが、信号ラッパはいわゆる一般的な管楽器と異なり有名ブランドの中でもラインナップはほと んどございません。本格的な有名なところで言えば「ヤマト」というブランドがあり価格は4~5万ほどになると思います。信号ラッパについては一時的なイベ ント行事的扱いが多いですので、あまりブランド、ノーブランドとして選ぶこともあまりないようです。本格的な品質を求める場合は、その相場価格が出せるか どうか。予算的に無理であればブランドものはあきらめるしかありません。ただ、どこかに所属される場合は必ず相談のうえ自分の楽器を決めましょう。という のは、管 楽器といえば、「オーケストラ」「クラシック」というイメージですよね。わたし個人的には、気軽な軽音楽と比較して、基礎に忠実、ピッチ にシビア、伝統を大事にする世界だと思います。わたしが学生の頃には楽譜を読めない苦労に悩まされました。なぜならピアノを習っている人がやっぱり多いの です。そのような中の一員になるということは、人に求められる音や技術が高いと思います。それを再現するものが自分の楽器ですので、その楽器がしっかり応 えてくれるレベルのものかどうか...やはり品質は価格に比例するのです。中学の吹奏楽部で使用する楽器であってもコンクールを目指す学校の部員達のほとんどは数十万の楽器が普通、ということもございます。かといって、そのままプロになるかというと、そういうことでもありません。きっと、そういう世界なんです。 と はいえ、全ての方に安い楽器をおすすめしないかというとそうではありません。お金を出せば良い楽器が手に入るのは当然です。ある程度演奏ができる方で生涯 1本目の楽器を使い続けるというのはあまりありません。あなたは今、各メーカーの音の違いが分かりますか?ざっくり言いますと、楽器は高額なものになるほ ど「個性」が強くなります。楽器選びは好みや演奏性が決め手になりますが、それには練習し技術と耳を養う必要もあるのです。「それまで」の楽器になにを選 ぶか、どういう目的でどれ選ぶか、少し見えてきませんか?管楽器は取り扱いに注意も必要です。初心者に扱い易いものは、丈夫で、高額なメンテナンス料の心 配が少ない、アフターケアがしっかりしているものです。ブランドものの中古や無名の楽器を買って使い捨てになっては意味がありません。もう一度、どのような環境でどういった目的で買うか考えてみてください。

 

 

★その他のショッピングサイトでも同時販売しています。
買い物かごに入れても売り切れの場合がありますのであらかじめご了承下さい。
★木目や色合い等は画像と異なる場合がございます。
★お届けの際の外箱が本体と異なる場合がございます。
★価格、サービスにつきまして、オンラインショップと店頭では異なる場合がございます。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。