安心、カンタン、本格派,ギターからPA・音響機材・DTM・デジタルまで楽器店ならではのワタナベ楽器店通販SHOPです。
ワタナベ楽器店 ONLINE SHOP トップページ
キャンペーン一覧楽器レコーディング・DTMPAシステム&マイクロフォン激安大特価コーナー
キーワード・商品名で検索

検索方法の解説です

 

楽器新着商品情報
エレキギター
ベース
初心者向け 入門用ギター・ベース・アコースティックギター
ミニギター&ベース
アコースティックギター
アンプ
エフェクター
ドラム
鍵盤楽器
アクセサリー
管楽器&弦楽器
ウクレレ
ハーモニカ
その他
ssl
新着&おすすめ


MAXTONE ( マックストーン ) CL-40 クラリネット 新品 調整済 樹脂製 プラスチック リード マウスピース ケース 管楽器 B♭ 本体 clarinet CL40 セット B 北海道 沖縄 離島不可

B♭クラリネット セット Clarinet ABS樹脂 プラスチック
MAXTONE ( マックストーン ) CL-40 クラリネット 新品 調整済 樹脂製 プラスチック リード マウスピース ケース 管楽器 B♭ 本体 clarinet CL40 セット B 北海道 沖縄 離島不可

■メーカー名: MAXTONE ( マックストーン )
■商品名  : CL-40 クラリネット 新品 調整済 樹脂製 プラスチック リード マウスピース ケース 管楽器 B♭ 本体 clarinet CL40 セット B 北海道 沖縄 離島不可
メーカー希望小売価格 27,500円(税込)
特価 19,600円(税込)

初心者にうれしい割れにくいリードをセットにした吹きやすいABS樹脂クラリネット☆

通常のリードより音質は落ちますが初心者には葦のリードより吹きやすさを感じられるかも。何より割れにくいということは結果安く済むのでご予算にない方にもおすすめ。またマウススピースパッチも一緒にしていますので咥え方が安定して前歯の痛みも軽減。お手入れも必要最小限の小物をセットです。

 

 

一般的なB♭のクラリネットです。素材をプラスチックにし、大量生産することで、新品でもここまで安くご提供させて頂けるようになりました。

本来クラリネットは木製(木管楽器)のものですので素材代や製造が大変ですが、そこを樹脂素材(プラスチックのようなもの)でつくることによってコストが大変削減されます。

安いからといってキイが単純な形だったり押さえにくいキイがあるようなこともなく、ゆくゆく高い楽器との持ち替え・移行も違和感ないと思われます。

CL-40は定番モデルで、上位機種にCL-50があります。CL-50は本格的木製のクラリネットで5万前後の価格になります。木製であることで安く製造することが難しくなり、初心者クラリネットとしても木製を買おうとすると5万前後が相場になると思います。

初心者の導入モデルとしての定番品は、こちらのCL-40、少し安いZCL-30、少し高いJマイケルのCL-350になります。

比較とし、ZCL-30とこちらCL-40は同じ卸メーカーが販売しています。同じであればどちらかのみでの販売になっていきますが、並行して販売しており当然ながら若干の違いが存在します。

Zeff(ゼフ)のZCL-30はCL-40よりも後にラインナップに登場しており、CL-40でもちょっと高いな、と思って手を出せなかった方がより安くご購入いただける価格帯になっています。

 

クラリネットは管楽器の中でも比較的扱いやすいと思います。例えばフルートは特に定期的に調整が必要と言われる楽器ですが、フルートやアルトサックスほどシビアなバランスの崩れもないのがクラリネットの特徴であり扱いやすさでもあります。


ただし、お手入れ、組み立ての不備などによって管楽器特有のトラブルは他楽器と同じく発生しますので基本を学び、お取り扱いには十分に注意しましょう。


▽違いと特徴▽
・CL-40は本体がABS樹脂製、ZCL-30はベークライト樹脂
ABS樹脂の方が素材の値段が高く、一般的に吹きやすいと言われる。(個人差あり)また、樹脂の硬さの違いによってキズつきやすさに違いが出る。(かたさ...ABS樹脂>ベークライト樹脂)

・CL-40の方が、ZCL-30と比較してベルが薄い(軽い) 
薄いベルの特徴としては、音が鳴らしやすい、手が疲れにくい。明るい音になる。ただし、音量はあまり出ない傾向。

・CL-40、CL-50、ZCL-30、ZCL-65は可動式指掛けです。

・CL-40、CL-50、ZCL-30、ZCL-65はキイの形と配置はほぼ同じです。

・リガチャーについて
リガチャーの精度というか、見た目からして安い楽器に付属のリガチャーの品質はあまりよくありません。Jマイケルにも言えます。ZCL-30のリガチャーは正直ひどいかもしれません。CL-40の方がまだマシだと思います。品質が悪いが故にマウスピースに対してリガチャーのネジをかなりきつく締める必要があります。リードにリガチャーが食い込むくらいの強さです。リード交換やセッティングは苦労するレベルの品質です。ただこの値段でターゲット層をみてメーカーでは価格重視としこの付属品においては許容範囲としております。本来リガチャーの品質やリードのセッティングも繊細な部分ではありますが、楽器の品質など総合的にみますと音色や演奏に大きく問題があるかというとそうでもありません。リガチャーに品質を求める場合、単品で5~6千円以上、高いものであれば3万円などの商品もございます。ちなみにヤマハの一番安いリガチャーは2000円弱ほどで手に入ります。

・ピッチについて
ピッチなどについては大差はないと思います。管楽器のピッチの安定感は技量に大きく影響する部分ですので、まずは楽器のせいにはせず練習あるのみ。ただ、どんなに管体を良い素材を使用していたとしても、キィがちゃんとしていなければ音は安定しませんし、さらに、リード、リガチャー、マウスピースにおいてはそれ以上に音と吹奏感に大きく影響する部分になります。

・素材の違い
素材の違いは音色の違い。プラスチック管であれば、もう木製の温かな音色にはかないません。クラリネットは音がひっくり返ったりするのも楽器の特徴ですし、高音にいくほどひしゃげたような音色になってしまうので木製らしい音色が出るというのは大きい差なのです。

・プラスチック素材クラリネットのメリット
気候の変化に強いです。音程は環境によって左右されやすいため、プラスチックであることで比較的安定します。といっても当然アンブシュア(口のかたち)で調整する必要はあります。楽器はきちんとお手入れをして頂く必要がありますが、木製のものはお家に置いていただけで木が割れてしまった...などということもありえます。プラは乾燥による木材の変化などもありませんので、おこさまの1本目としても、お手入れのことがよく分からない方、ずぼらな方でも安心して楽器に触れることができると思います。

 

 


MAXTONE B♭ Clarinet マックストーン Bフラット クラリネット

■楽器 管楽器 Bクラ
■調子: B♭ システム
■システム:ベーム式17キィ6リング
■素材:管体 ABS樹脂
■仕上げ:キー ニッケルメッキ仕上げ

※細かい仕様、また画像と若干異なる場合がございます。


セット内容

クラリネット 楽器 本体...スタンダードなB♭クラリネット。一番主流なタイプです。
ハードケース...しっかりしたケース。
保証書/簡単な取り扱い説明書...自然故障のみ無償にて修理が可能です。
マウスピース...これがないと音がなりません。口にあてる部分です。
リガチャー...リードをセッティングする際に使用する器具。とても繊細な部分です。
リード...消耗品で、また少しのことで割れてしまうので、複数持つのが普通です。
マウスピースキャップ...リードの割れを防ぐキャップです。演奏しないときには付けておきましょう。
グリス...接合部分のコルクに塗ることでスムーズに組み立てができます。毎回の使用は必要ありませんが、必需品です。
スワブ...演奏後は必ず内部の水分を取ってお手入れしましょう。
■プラスチックのような割れにくいリード(黒色)...通常セットされているものとは別で初心者に使いやすい素材のものです。リードは消耗品ですが、練習がたっぷりできます。割れないわけではありませんがちょっと触れただけでも折れる葦とは全然違います。
■クリーニングペーパー...演奏後、タンポの水分を取るお手入れ用品
■マウスピースパッチ...マウスピースに貼るシール。これをつけることで咥え心地が少しだけ柔らかく感じます。それによって前歯も滑らず安定。前歯、下の唇などが痛くなる初心者には少しでもその痛みも軽減すると思います。マウスピースにキズもつきにくいです。


※細かい仕様、また画像と若干異なる場合がございます。また、画像の教本は実際のものとは異なる場合がございます。

 

中国製/韓国製/東南アジアの楽器について

中国製の評判はネットでも良く言われませんが出た当時から比較したら随分品質もよくなってきています。否定意見をお持ちの多くの方は、きっと演奏する技術と耳を持った方だと思います。本格的に学校での部活や楽団に所属しコンクールなどを目指すレベルにいる場合と、あくまで個人でひとりで初めて楽器を演奏する方では目的が異なりますよね。 吹奏楽での使用であれば最低ラインはヤマハ、ジュピターになり予算でいうと目安として7万円以上の金額を出せるかどうかが境目になると思います。その価格が 予算的に無理であればブランドものはあきらめるしかありません。ただ、どこかに所属される場合は必ず相談のうえ自分の楽器を決めましょう。というのは、管 楽器といえば、「オーケストラ」「クラシック」というイメージですよね。わたし個人的には、気軽な軽音楽と比較して、基礎に忠実、ピッチ にシビア、伝統を大事にする世界だと思います。わたしが学生の頃には楽譜を読めない苦労に悩まされました。なぜならピアノを習っている人がやっぱり多いの です。そのような中の一員になるということは、人に求められる音や技術が高いと思います。それを再現するものが自分の楽器ですので、その楽器がしっかり応 えてくれるレベルのものかどうか...やはり品質は価格に比例するのです。中学の吹奏楽部で使用する楽器であってもコンクールを目指す学校の部員達のほとんどは数十万の楽器が普通、ということもございます。かといって、そのままプロになるかというと、そういうことでもありません。きっと、そういう世界なんです。 と はいえ、全ての方に安い楽器をおすすめしないかというとそうではありません。お金を出せば良い楽器が手に入るのは当然です。ある程度演奏ができる方で生涯 1本目の楽器を使い続けるというのはあまりありません。あなたは今、各メーカーの音の違いが分かりますか?ざっくり言いますと、楽器は高額なものになるほ ど「個性」が強くなります。楽器選びは好みや演奏性が決め手になりますが、それには練習し技術と耳を養う必要もあるのです。「それまで」の楽器になにを選 ぶか、どういう目的でどれ選ぶか、少し見えてきませんか?管楽器は取り扱いに注意も必要です。初心者に扱い易いものは、丈夫で、高額なメンテナンス料の心 配が少ない、アフターケアがしっかりしているものです。ブランドものの中古や無名の楽器を買って使い捨てになっては意味がありません。もう一度、どのような環境でどういった目的で買うか考えてみてください。

★その他のショッピングサイトでも同時販売しています。
買い物かごに入れても売り切れの場合がありますのであらかじめご了承下さい。
★木目や色合い等は画像と異なる場合がございます。
★お届けの際の外箱が本体と異なる場合がございます。
★価格、サービスにつきまして、オンラインショップと店頭では異なる場合がございます。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。