安心、カンタン、本格派,ギターからPA・音響機材・DTM・デジタルまで楽器店ならではのワタナベ楽器店通販SHOPです。
ワタナベ楽器店 ONLINE SHOP トップページ
キャンペーン一覧楽器レコーディング・DTMPAシステム&マイクロフォン激安大特価コーナー
キーワード・商品名で検索

検索方法の解説です
楽器新着商品情報
エレキギター
ベース
初心者向け 入門用ギター・ベース・アコースティックギター
ミニギター&ベース
アコースティックギター
アンプ
エフェクター
ドラム
鍵盤楽器
アクセサリー
管楽器&弦楽器
ウクレレ
ハーモニカ
その他
ssl
新着&おすすめ

SUZUKI ( スズキ ) C調 教本 セット SU-21SP-N スペシャル 複音ハーモニカ 21穴 ハーモニカ Tremolo harmonica いちばんやさしい複音C 北海道 沖縄 離島 不可

初心者 ダブルリード 複音 メジャーC 鈴木楽器 スズキスペシャル
SUZUKI ( スズキ ) C調 教本 セット SU-21SP-N スペシャル 複音ハーモニカ 21穴 ハーモニカ Tremolo harmonica いちばんやさしい複音C 北海道 沖縄 離島 不可

■メーカー名: SUZUKI ( スズキ )
■商品名  : C調 教本 セット SU-21SP-N スペシャル 複音ハーモニカ 21穴 ハーモニカ Tremolo harmonica いちばんやさしい複音C 北海道 沖縄 離島 不可
特価 5,260円(税込)

2018年これまでのSU-21SPが販売停止になり、2019年2月SU-21SP-Nとなりリニューアルしました。


 

ハーモニカのデザイン、吹きやすさは基本的に変更がありません。ケースはベージュ(肌色)のハードケースから、ゴム(?)っぽい表面のセミハードケースに変更になりました。これでハーモニカが中でカタカタと動くこともなくなり安心です。

スズキスペシャルは鈴木楽器の複音ハーモニカで一番お安い定番の入門用モデルとして長くご愛用者の多いハーモニカです。扱い安くコストパフォーマンスの高さが魅力です。

ハーモニカには種類があります。こちらは古くから日本で愛用されるハーモニカとして、いわゆる「複音ハーモニカ」と呼ばれる楽器です。

おじいちゃん、おばあちゃん世代が昔を懐かしみ手にされるのがこのモデルが多く、昭和の後期から現代の幼稚園、小学校教育で使用されるハーモニカはこれとは違うと思います。

教育用ハーモニカは右にいくと音階が上がり「ラシド」の音階が「吹吸吸」となっていると言えば思い出す方も多いかもしれません。

こちらの複音ハーモニカはそのような配列になっていないのも1つの特徴です。複音ハーモニカのその独特の配列こそが昔を思い出して探り吹きをされる方には重要な要素かもしれません。



複音ハーモニカはトレモロハーモニカと呼ばれ、その音色に大きな特徴があります。複音という言葉通り、複数の音が同時になるダブルリードのハーモニカです。

しかしながら「ダブルリード」のハーモニカにも実は色々あります。

ダブルリードのハーモニカは上下2段の見た目になっているものがほとんどですが、その2段を同時に吹くから同時に複数の音が奏でられるのです。

その複数の音には若干の違いがあり、上下が1オクターブ違うものは複音ハーモニカの中でも「オクターブハーモニカ」と呼ばれるものになります。

こちらはオクターブではなく、言うなれば「同じ音階」を若干ピッチをずらして上下にセットしてあります。

それによって「トレモロ」の効果が得られるのが、この複音ハーモニカの特徴です。演歌など哀愁漂う音質はポップスやジャズなどでよく使われる10穴のブルースハーモニカでは得ることはできません。

情緒豊かなアコーディオンのような重厚な美しい音がでます。

ブルースハーモニカなどはアコギなどで弾き語りをするゆず、長渕剛などが有名ですが、複音ハーモニカは独奏も多くそもそも単音ではありませんので、1人での演奏でも音圧もあると思います。



また、複音ハーモニカはいろいろな奏法で演奏もでき、その独自の配列がそこにも生かされてきます。

当然練習が必要になる奏法ですが、ビブラート奏法、バイオリン奏法、ベース奏法など色々な奏法があり、1人で演奏しているにも関わらずあたかも複数の人と演奏しているような演奏ができます。



その技術も安定した音程と美しい音があってこそ生かされるものです。ハーモニカは小さな楽器ですので部品の1つ1つに高い精度が求められるとても繊細な楽器です。

以前のモデルSU-21SPは日本製でしたが、このリニューアルモデルは中国製になりました。

長期出荷停止になりコストがきっとあがったのでしょう...ですが、定価は変わりません。中国製といえども日本のハーモニカメーカーの製品クオリティーはとても高くパーツやアフターケアも充実しています。

ただ、リードプレートなどの研磨キズなどは若干気になりますね...。



ハーモニカを選ぶ際にもう1つ気にしておくべきことがあります。

「調子」です。

以前のモデルではメジャーマイナー共に24調子ありましたが、リニューアルモデルでは調子が減りました。

導入モデルですので、そういった意味でも最低限この調子を入門者としては持っておくと良いということになります。どれを選べばいいか分からないという悩みを持つ方が多くおられると思いますので、そういった意味では選びやすくなりましたね。

吹く曲がきまっていない、何も分からない、とりあえず1本目という方は「C調」がおすすめです。

教本の多くもC調を使う場合が多いです。日本の童謡などの曲もC調を使う曲が多いです。ですので、こちらのセットはC調をご用意いたしました。



C調とはなにか、分からない方に簡単に説明しますと、C調のハーモニカはピアノでいう白鍵の部分だと考えます。C調では黒鍵の音階が出ません。ですので、楽譜に♯(シャープ)、♭(フラット)のある音が出ないということです。

さらに、そのC調に対してのピアノでいう黒鍵部分の音階が入ったハーモニカが「C♯調」のハーモニカです。

こちらも難易度が上がり裏技的ではありますがC調とC♯調を2本同時に持ち、C調にない音をC♯調で補って演奏する方法もあります。



ですが、そもそも調子が分かれている楽器です。分かれているには意味があり、違う調子を持つハーモニカで演奏した場合に吸音ばかりになって演奏が辛かったり、穴飛びが多くて早く音の移動ができなかったりということが出てくるわけです。

楽譜にそった調子のハーモニカを選ぶことで、そのハーモニカの配列が生かされスムーズな演奏ができるということです。



こちらのハーモニカは安いハーモニカですが、同じ構造と効果、穴数を持った複音ハーモニカでも素材などの違いで価格に差がでてきます。

一番の注目点はボディ材です。ハーモニカはサンドイッチのようになっていますが、真ん中の部分の素材が安いものだとほとんどが樹脂(プラスチック)製になります。

高価なものには木製やさらに新素材などがあります。

素材が違えば音色が異なり、木製はご想像の通り柔らかで豊かな音色になり、一般的には良い音とされますね。

ただ、木材は膨張します。環境に(気候)などによっても吹奏感は左右されます。お手入れも必要になり、素材そのものに劣化があります。

音の立ち上がりなども違いますので、良い音を持続して奏でるにはそれなりの知識と技術があってこそ。

高いから良いではないのです。

一番分かりやすい大きな部分としてボディ材をあげましたが、細かく見ればカバー、リードプレート、リード、耳、素材、メッキ、厚み、などなどこだわる部分が色々あり、その価格になっています。

本体樹脂、カバーの素材がステンレスである一般的なものがこちらの商品です。

導入モデルということで、ポジションマークが付いていますので、ハーモニカ初心者の方でも一目で位置を把握しやすいです。



ちなみにさらに安い複音ハーモニカでSU-13M(ハミングメイト)などございますが、穴の数は少ないです。複音は基本が21穴、少し多いもので23穴、さらに多いと30穴くらいまで。同系のハーモニカであれば穴数が多ければ音域が広がり吹ける曲の幅が広がります。(ほとんど21穴が主流です。)

種類の違うハーモニカであれば穴数は全然異なってきますので、そこもご注意下さい。

 

SUZUKI Special Tremolo Harmonica Double Reed SU21SP-N 鈴木楽器 SU-21SP-N スズキスペシャル

■スズキ 複音ハーモニカ 楽器 ハープ
■調子ラインナップ:メジャー6調子(C調、G調、A調、C♯調、G♯調、A♯調)、マイナー2調子(Am調、Gm調)
■音域:21穴
■材質:ステンレスカバー ABSボディ
■寸法:164×30×22mm
■重量:121g
■付属品:ハーモニカケース(セミハードケース)

■ポジションマーク付き
※細かい仕様が画像と異なる場合がございます。

 

オンキョウ  いちばんやさしい複音Cハーモニカレッスン

ハーモニカの種類 ハーモニカの音列 ハーモニカの持ち方 ハーモニカのくわえ方(ブレス・息の使い方) ハーモニカの音の出し方 基本練習(ドレミの練習) 音階(スケール)の練習 1穴をとばす、2穴をとばす (ド・ミ・ソ) (ド・ラ・ファ) 3穴をとばす、4穴をとばす (ド・ファ・ミ) (ド・ソ・ファ・ミ) 5穴をとばす、オクターブ・6穴をとばす (ド・シ・ソ・ミ) (ド・ド・レ・レ) 春の小川(練習曲) 数字譜について1 数字譜、長さの表わし方 数字譜、音楽用語、スタッカート ビブラート奏法

フワフワ奏法 夕やけ小やけ(練習曲) 主冷たき上に(練習曲) リズムの入れ方 リズムパターン マンドリン奏法 【応用曲】 聖夜 早春賦 七つの子 故郷 赤とんぼ おおスザンナ 里の秋 ここに幸あり/飯田三郎 北国の春/遠藤実 瀬戸の花嫁/平尾昌晃 てんとう虫のサンバ

取り扱いとお手入れについて

ハーモニカは保証などはない楽器です。リードに食べかすやホコリなどが挟まるだけで音が出なくなる場合がございます。必ず演奏前には歯磨きをするのをおすすめします。簡単なお手入れ次第で長持ちしますので演奏した後にはお手入れをして末永くご愛用して下さい。リード楽器はある意味消耗品。錆びます。劣化します。冬は結露しやすく水分が残ればサビる可能性も高くなりますよね。演奏後は手の平にタオルやクロスなどを起き、ハーモニカの吹き口を手のひらに軽く打ち付け、中の水分を取り除いて下さい。本体は乾いたクロスで拭き、十分に乾燥してからケースに収めましょう。演奏前には少しの時間、楽器を手のひらで暖めることでリードのダメージが少なくなりますのでこちらもおすすめ。もちろん使用していないときも楽器にゴミなどが入らないようにしっかりとケースに保管して下さい。各種パーツはメーカーで販売がありお取り寄せができるものもありますが細かいパーツになりますので個人のパーツ交換は知識のある方にお願いをしております。また修理としてお預かりすることが可能ですのでそちらもお気軽にメールなどでご相談下さい。

★その他のショッピングサイトでも同時販売しています。
買い物かごに入れても売り切れの場合がありますのであらかじめご了承下さい。
★木目や色合い等は画像と異なる場合がございます。
★お届けの際の外箱が本体と異なる場合がございます。
★価格、サービスにつきまして、オンラインショップと店頭では異なる場合がございます。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。