安心、カンタン、本格派,ギターからPA・音響機材・DTM・デジタルまで楽器店ならではのワタナベ楽器店通販SHOPです。
ワタナベ楽器店 ONLINE SHOP トップページ
キャンペーン一覧楽器レコーディング・DTMPAシステム&マイクロフォン激安大特価コーナー
キーワード・商品名で検索

検索方法の解説です
楽器新着商品情報
エレキギター
ベース
初心者向け 入門用ギター・ベース・アコースティックギター
ミニギター&ベース
アコースティックギター
アンプ
エフェクター
ドラム
鍵盤楽器
アクセサリー
管楽器&弦楽器
ウクレレ
ハーモニカ
その他
ssl
新着&おすすめ

Seydel ( サイドル ) C調 1847 CLASSIC クラシック ステンレスリード ブルースハーモニカ 木製ボディ 10穴 楽器 16201C ハーモニカ 1847クラシック 10ホールズ

ドイツ製 Blues Harmonica stainless reed Standard major
Seydel ( サイドル ) C調 1847 CLASSIC クラシック ステンレスリード ブルースハーモニカ 木製ボディ 10穴 楽器 16201C ハーモニカ 1847クラシック 10ホールズ

■メーカー名: Seydel ( サイドル )
■商品名  : C調 1847 CLASSIC クラシック ステンレスリード ブルースハーモニカ 木製ボディ 10穴 楽器 16201C ハーモニカ 1847クラシック 10ホールズ
メーカー希望小売価格 10,780円(税込)
特価 10,220円(税込)

 

 

 

 

 

 

〜培われた伝統、未来への挑戦 since 1847〜(メーカーサイトより引用)


SEYDEL(サイドル)社は"Christian August Seydel"によって今から約165年前、1847年(日本では江戸時代末期)にドイツ東部の九厘減タールで創業された世界で最も歴史のあるハーモニカ専業メーカーです。

1847年の創業時からその高い品質に支えられ1890年代には既にドイツはもとよりヨーロッパ、北米、オーストラリアなどを中心に世界中で愛される存在となりました。
しかし第二次世界大戦後当時の東ドイツ政府により"SEYDEL"ブランドの使用を禁じられ、東西ドイツ統一後に"SEYDEL"を使えるようになるまで約50年近くに亘り表舞台から忘れ去られる結果となりました。そのため"SEYDEL"は一般的に知られることはありませんでした。

その一方で品質に対するこだわりは、いかなる環境下でも創業以来変わることがありませんでした。現在でもすべてのサイドルハーモニカは厳選された素材を使用し、創業当時と同様に経験豊かな技術者によって一本一本ハンドメイドされています。そのことは、ひと吹きすれば その際立つ音色と豊かな響き、素早いレスポンスと正確なチューニング、そして丁寧で安定感のある丈夫な造りからもお分かりいただけます。

またサイドルは長い歴史を持った伝統あるメーカーというだけではありません。常に変革を求める創造性あふれるメーカーでもあります。伝統的なブラスリードを採用する一方で、世界で初めてステンレスリードを標準採用したモデルを世に出し、新しいスタンダードを創り上げました。ステンレスリードを採用したハーモニカは耐久性が高いだけでなく、倍音豊かで迫力のあるサウンド、安定した品質が魅力で多くのトッププレーヤーからそのクオリティの高さが絶賛されています。さらにチューニングもスタンダードだけでなくHighやLow、Super Lowの幅広い音域、様々な特殊チューニングへの対応もしておりハーモニカ演奏の可能性を広げています。

My Sound,My Seydel あなたの最高のパートナーであるために、サイドルはこれからも進化を続けます。

 


 

こちらは 1847 CLASSIC C調です。

 

Since 1847

1847シリーズは165年を越えるサイドルの経験が生み出した革新的なハーモニカです。世界で初めて標準採用されたステンレリードが倍音豊かで迫力のあるサウンドと素早いレスポンスを実現しました。ステンレスリードをはじめ厳選され正確に作られたパーツを熟練職人がハンドメイドする1847シリーズはジャンルを問わず最高のパフォーマンスに応えます。

 

 

Seydel ( サイドル )はドイツのハーモニカブランド。

 

国内では HOHNER( ホーナー ) 、SUZUKI( スズキ ) 、TOMBO( トンボ )が有名ですが サイドルは出回っている数が少ない いわゆる高級ハーモニカを扱うブランド。

 

サイドルのハーモニカは一般的なブルースハーモニカの2~3倍ほどの価格のハーモニカが多くございます。

 

仕上げの良さ、素材の良さなど細部にわたるこだわりのハーモニカですが、まず大きな違いはステンレスのリードであることです。もちろんサイドルハーモニカの全てがステンレスリードであるわけではありません。

 

HOHNER、スズキ、トンボのハーモニカには基本的にはステンレスリードはなく、ブラスリードが使用され、長年の劣化や耐久性はまずまずのものであることはハーモニカ奏者であればご存じだと思います。ブラスリードとステンレスリードの違いとしては耐久性が高いだけではなく、倍音豊かで迫力のあるサウンドが得られることが特徴です。劣化しにくいですのでそれだけピッチの安定感もあります。

 

 

 

▽1847シリーズ▽

・クラシック

こちらの商品がこれ。1847シリーズの代表機種でありサイドルを知るにはまずこの1本が良いでしょう。木製ボディが特徴。

 

・シルバー

珍しい白いボディは樹脂製ボディ。耐久性が高く食器洗い機で洗えるとも言われるほど。湿度変化もなく雨の日の演奏も気になりませんね。

 

・ノーブル

アルミボディを採用したモデル。木製がブルージーな音色とすると、アルミはよりシャープに輪郭のはっきりした音色といったイメージです。カバーは美しいマット仕上げ。
 

・ロー

低音を鳴らし切るために極厚専用ボディ&カバープレートを採用したモデルです。といっても素人は鳴らしきりませんので、まず手は出さない方が無難でしょう...かなり息の量が必要になると思います。

 

 

▽1847クラシックの特徴▽

 

カバープレート
倍音が豊かで安定したサウンドを生み出す広い背面開口、ウェーブシェイプのステンレス製カバープレート。丁寧にラウンド処理されています。通常のツヤのある仕上げ。厚さは0.4mm。
  

・ボディ・マウスピース
湿気での変形に強い防湿マルチコーティング処理を施した木製ボディ。サイドルの木製ボディは穴の1つ1つにがとても綺麗に角の処理がされています。これはなかなか他社にはない部分ではないでしょうか。口当たりが良く、演奏性を高める人間工学を基に設定されているそうです。
   

・リードプレート

気密性を高めエアロスを最小限に抑える、平滑で精度良く製作、組み上げられるリードプレート。素材は洋銀製です。多くのブルースハープが真鍮(ブラス)を使用しておりますのでこれも特徴の1つでもあります。

 

・リード
これ無しでは語れないサイドル。上記ご紹介の1847シリーズは全てステンレスリードです。高い耐久性でハードな演奏時でも安定したピッチを生み出します。

 

 

▽ここがサイドル!▽

・キーラインナップが多い!

ハーモニカと言えばC調ですが、国内で流通量が多いハーモニカについては近頃キーが少しづつ減ってきているように思います。特殊なキーはやっぱりあんまり売れないのは致し方ありません。HOHNERは国内でも流通量が多くラインナップも多いのですが代理店が仕入れをするかどうかで我々販売店、お客様が手に入れることができる商品が決まります。サイドルはまだまだ国内での流通量が少ないのですが、だからこそ海外からの仕入れについては比較的柔軟性もあり特殊なキーでも1~2ヶ月ほど待てば日本に入ることもしばしばあるようです。また海外視野で様々な音楽に対応するようアイリッシュ、ケルト音楽向きのPaddy Richter(パディ リヒター)キー、他LOWキーなど幅広く取りそろえられています。

 

・気密性

ハーモニカは気密性がとても大事とされます。ですので、スズキ、トンボなど日本のメーカーのハーモニカは細部まで綺麗でありよって気密性も高いです。サイドルもこの気密性にこだわっているようで操作性がさらに向上したスライドデザインであり、気密性を高めエアロスを最小限に抑える、平滑で精度良く製作、組み上げられるリードプレート。気密性が高いと結果息漏れが少なくなり音が鳴りやすいと感じられるのですが、サイドルのハーモニカはどちらかというとプロフェッショナル仕様で「ただ音がでやすい、初心者に向いたハーモニカ」といったものとは少し違うと思います。
 

・ケースについて

ケースはよくあるプラスチックケースではありません。紙のような素材のしっかりとした箱ケースが付属しています。サイドルは様々なケースが別売されていますし、また必要に応じて別途ご購入下さいませ。

 

 

▽ご注意▽

ステンレスリードは耐久性が良いといわれますが、劣化しない、折れないということではありません。また高級品といえども素材や製造上の都合上、細かいキズなどはございます。これは国民性などにもよると思いますのご理解のうえご購入下さい。

 

ハーモニカは色々な種類がありますが、「単純に高いものが音が出やすい」というものではありません。どちらかというと、高いものの方が個性は強くなっていきますので、求める演奏方法や音色によって機種を選びます。素材や形状によって音が出しやすい、出しにくいがあり、自分に合う、合わないがあります。ハーモニカはとても繊細で「吹き方」の影響が大きく出る楽器です。音が出しにくくても、出た音が良い音だということもあるのです。(かなり息の量とコントロールが必要)こういう部分も含め楽しめる楽器ですのでじっくり向き合ってみてください。

 

 

Seydel Blues Harmonica 1847 CLASSIC 16201 サイドル ブルースハーモニカ 1847シリーズ 1847クラシック

■ブルースハープ型 10ホールズ ハーモニカ  リード 楽器

■10穴

■リード:ステンレス製リード 20

■リードプレート素材:洋銀製

■リードプレート厚み:約1.0mm

■カバープレート素材:ステンレス製

■カバープレート仕上げ:艶あり

■カバープレート厚み:約0.4mm

■ボディ:木製 メイプル材(防湿マルチコーティング処理)

■サイズ:約104×29×20mm

■重さ:約75g

■キーラインナップ:Standard メジャー G調, A♭調, A調, B♭調, B調, C調, D♭調, D調, E♭調, E調, F調

 ☆1847 Classic Lowとして:LLow E, LLow F, LLow F#, Low C, Low D♭, Low D, Low E♭, Low E, Low F, Low F# 極厚専用ボディ&カバープレートを採用しています。(別ページ)

 ☆Paddy Richter(パディ リヒター)G, A, C, D アイリッシュ、ケルト音楽向き(価格は少し高くなります。ご希望の場合はメールにてお問い合わせ下さい。)

 

※細かい仕様が画像と異なる場合がございます。在庫はメーカーに準じますので品切れの場合はご予約(もしくはキャンセル)とさせていただきます。

★その他のショッピングサイトでも同時販売しています。
買い物かごに入れても売り切れの場合がありますのであらかじめご了承下さい。
★木目や色合い等は画像と異なる場合がございます。
★お届けの際の外箱が本体と異なる場合がございます。
★価格、サービスにつきまして、オンラインショップと店頭では異なる場合がございます。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。