京都市中京区指物町332 営業時間11:30〜19:30 年中無休
TEL: 075-231-2778 FAX :075-211-6422 MAIL:honten@watanabe-mi.com
  • 新着商品一覧
  • エレキギター
  • エレキベース
  • アコースティックギター
  • ウクレレ
  • 初心者用セット
  • アンプ
  • エフェクター
  • 交換パーツ、アクセサリー
  • PAセット
  • USED情報

今年も行ってきました!C.F.Martinファクトリーツアー旅行記2017!


『C.F.MARTINナザレス本社』

 

アコースティックギターを嗜む人間なら誰もが耳にし憧れる、アコギを語るには外せない超一流の老舗ブランド。それが「C.F.MARTIN」。今年で183年の歴史を持ちながら、今尚トップであり続けています。ここナザレスという地域は1859年にマーティン社が移転して以来、その歴史を語る上では欠かすことは出来ない聖地です。年に一度、日本で指折りのディーラーが参加するこのツアーに、今年もお馴染みのアコースティックギター専任担当の私が参加して参りました!

 

それでは早速出発です!

 

今年も例年同様、参加目的はもちろんコチラ!

 

・当店オリジナルのカスタムショップ製マーティンのオーダー

・国内未入荷のカスタムショップ製マーティンギターの現地買い付け

 

 

 

 

 

今年は日本航空でした。(いつもはユナイテッド)

プレミアムエコノミーだったので快適だったのですが、なぜか今回はこれまでのマーティン出張の中では一番寝付けず。。その後時差ボケに苦しむことになる13時間のフライトです。

 

 

 

 

到着すると飛び立ったはずの日時に到着。。
日本より13時間遅れの時差です。
空港からは参加ディラー皆でバスに乗って移動となります。サスペンションがなかなかのガチガチで、段差があるたびに飲み物をこぼしました。。
日本の道路や車は優秀ですね。。

 

 

 

 

 

 

 

暖かい気候で、ほんとに気持ちの良い天気です。
アメリカって感じですよね。

 

 

 

 

 

ナザレスに入ると緑が多くなってきます。
色々とオシャレなお店はあって、片田舎な感じや、寂れた雰囲気はありません。
いつ来てものんびりとした、気持ちの良い場所ですね。
さすが聖地です。

 

 

 

 

 

 

 

そして到着。マーティン本社です。
毎年訪れていても、ここに来るとお仕事スイッチとギター好きスイッチの両方が入りますね!
さて、今年もどんなカスタムが出来上がるのか、ワクワクしながらエントランスをくぐったのでした。
ハローマーティン!


 


 

マーティンカスタムショップとは?

 

毎年ご紹介しておりますが、そもそも遠路ナザレスまで赴いた理由は、マーティンカスタムショップ部門へのオーダー&買い付けが可能だからです!今回もおさらいとして、少しだけカスタムショップという存在について触れさせて頂きます。

 

こちらの記事では更に詳しくカスタムショップが紹介されております♪ぜひご覧ください。

 

ナザレスとメキシコ工場合わせて1000人以上の従業員が働き、月産5000本以上のギターを産み出しているマーティン社。ナザレス工場だけでも600名が勤務されておりますが、その膨大な敷地の僅かな一郭で、熟練の職人のみが配属を許される僅か20人程の精鋭集団で構成される別枠の部署が存在します。

 

それこそが、今回のツアーの目的でもあるマーティンカスタムショップ部門!


マーティンギターの中で最高の完成度を誇る戦前マーティンのレプリカ”オーセンティックシリーズ”の製作などを手掛け、技術や経験、専門的な作業が必要とされる仕事を一手に担うマーティン社の核心部として君臨しており、その仕上がりはマーティンのスタンダード品をあらゆる面で凌ぐ超一級品です。
 

 

 

 

 

カスタムショップが位置しているのはエントランスから一番近い右奥の扉を開けた直ぐの場所。
まさしく、マーティンの顔として、マーティンを訪れる観光客が一番最初に訪れる場所として位置しています。

 

 

 

 

 

くるりと振り返ってこちらを見ている彼は、インレイなどのアートワークを手掛けているショーン。日本にもマーティンのイベントで来日しているので、見かけたことがある方もいらっしゃるのでは?
近年発売されている、斬新なデザインの3ピースバック・ギターやジョンレノンなどの限定品に入っているインレイなどは彼がデザインしたもの。
僕と年が近いのですっかり仲良しになりましたが、次世代を担うマーティン社期待のホープです。

 

 

 

 

 

 

 

 

サイドとバックの接着面を恐ろしい程の手際の良さで整えていました。作業工程を見ているだけで、高い技術を要していることが分かりました。

 


 

 

ネックを仕込んでいます。めちゃくちゃ大事な工程です。

こちらも恐ろしいスピードで、且つ正確に作業されていました。
カスタムショップエリアは、見ているだけで楽しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

カスタムショップクラフトマンたちのお昼休憩を激写。
これだけ見るとギャングの集まりの様になってますが、勿論ギャングではありません。超優秀なギタークラフトマンの方々です。笑
如何にもアーティストという感じで、格好良いですよね。


 

さて、簡単にですがご覧いただいたカスタムショップエリア。
今回も、オーダーは全てこのカスタムショップ製です。満を持してオーダーしてきましたワタナベ楽器店オリジナルモデルをどうぞご覧ください。

 

 

ワタナベオリジナルカスタムオーダー2017

 
今回オリジナルでオーダーをしたのは全部で7本!
それぞれオリジナリティのある世界で1本だけのカスタムモデルに仕上がっています!

と!その前に!!

この後、今回のカスタムモデルを見て頂くと分かるのですが、ほとんどのギターのTOP材がアディロンダックスプルースとなっております!

しかもプレミアムグレード!!

「そもそも、プレミアムグレードって??」
「高いギターなんだから、プレミアムなのは当たり前でしょ?」
 
と、思われる方も多いと思います。

しかし!それは違います!


例えば、シトカスプルースのプレミアムグレードは確かによく見ます。
スイススプルースやアルパインスプルースのプレミアムグレードもカスタム物には比較的良く使われていますよね?

では、アディロンダックのプレミアムグレードが使われているギターは思い浮かびますか?
ピンとこないですよね?そう、ほとんど使われているモデルってないんですよ。

それだけ、マーティン社にとってアディロンダックスプルースのプレミアムグレードは別格なんです!!


まずはこちらを見て下さい。

 
当店にある D-28 Authentic 1941 のTOP板です。
税込で1,188,000円のお値段が付くフラッグシップモデルなだけあり、流石に素晴らしいアディロンダックが使用されております。


それでは次は、こちらの写真を見て下さい。


「なんだ、この光沢は...!!」

このギターは昨年私がオーダーしてきた CTM OOC-28 DeepBody のTOP材です。
勿論、現地で厳選したプレミアムグレードのアディロンダックスプルースです!

アディロンは目の幅が広いものが良い。という話は都市伝説だったのです!
実は!持ってるんです!もっと良いのを...!!


本当に良いアディロンはジャーマンスプルース並みに目が詰まっていて、立ち上がりが早く、トルクがあるアディロンサウンドを新品の状態から奏でてくれます!!

見た目だけじゃなく、音色も別格!!
全然違いますよ!!


しかし、なかなか国内で拝もうと思っても、マーティン社の中でアディロンのプレミアムグレードは別格なので、こうしてわざわざ現地まで出向いて交渉しないと使ってくれないんですね。。


※マーティンのTOP材は8段階にランク付けされており、アディロントップに関してはD-45などでも5or6ランクだったりします。プレミアムグレードは(ランク7or8)となっております。例)HD-28Vは 3 or 4 ランクです。

アディロンは良く「弾き込めば鳴りますよ!」と言われますね。勿論それは正解。
しかし、弾き込まなければならないギターに高いお金を支払われる方は少ない。

良い素材を選べば、ギターは弾き込まなくても鳴るんです!!

という事で、今回はほとんどのモデルにこの現地でしか手に入らないプレミアムグレードを採用!
 

恐ろしいコスパ。。凄い事です。。(通常10万円以上のアップチャージ)

 
正直、かなりお買い得です!!

なかなか伝わらないと思いましたので、改めて私がこの数年マーティン社に足を運んでみて来た現実を記させて頂きました。
そんなアディロンダックのプレミアムグレードが採用されているギターの貴重さを頭の片隅にでも置いて頂きながら、引き続きワタナベ楽器店オリジナルオーダーモデルたちをどうぞご覧ください!

 

 

NO.1■

CTM OOOC-42

Premium Adirondack / Premium Indian Rosewood

 

まずはコチラ!遂にやっちゃいました...!!
OOO-42をカッタウェイ!!!!

(※でもよく考えたら、イサトさんモデルありますね。。笑)

カッタウェイが無いモデルをカッタウェイ出来るのは、カスタムオーダーの醍醐味。
このモデルに関しては、以前アメリカの楽器屋で42のカッタウェイ仕様のカスタムショップが売られているのを見て、ずっとやってみたいと思っていました。。だってめちゃくちゃ格好良いんですもの。。

 

今回はカスタム元にOOO-42 Anaheimをチョイスしました。
なぜかってめちゃめちゃ人気が高いからです!

Anaheimモデルということで、バリトラのフレイムハワイアンコア材を使用してネック、ヘッド、ボディと全てを
贅沢にフルバインディングすることによって、通常の42より甘美な音色を獲得できるのが特徴です。


※OOO-42 Anaheimの参考画像です。こちらのカッタウェイ仕様です。

カスタムショップ製の42ですので、サウンドは当然、プラスでルックスも絶対的に大事ですよね。
 

・TOP材はプレミアムグレードのアディロンダックスプルース!


出ました!アディロンダックスプルースのプレミアムグレードです!
現地に赴いたからこそ獲得できる、至極のマテリアルです。


 

・SIDE&BACK材はプレミアムグレードのイーストインディアンローズウッド!



今回、オーダー品のインドローズは全てむちゃくちゃ時間を掛けて選びました!
マーティンファクトリーでのカスタムオーダーで、なかなか普通のインドローズを選定するディーラーは少ないので笑 正直選び放題状態!ラッキーでした!
ちょうどカスタムショップのギターデザイナーをしているエミリーが僕の材選定にずっと付いていてくれたので、二人でサウンドのイメージを確認しながら「あぁだこうだ」と言いながら、重さや杢目を一つ一つチェックしてカスタムショップ製の42に相応しい材を選定しました!


というわけで、以下の仕様でオーダーしておりますので、お楽しみに!


CTM OOOC-42

トップ材:アディロンダックスプルース(プレミアムグレード)
サイド&バック材:イーストインディアンローズウッド(プレミアムグレード)
指板&ブリッジ駒:エボニー
ネック形状:ロープロファイル(43mmナット幅)
ボディバインディング:ハイアリー・フレイムド・ハワイアンコア
ペグ:Waverly 4060-G
インレイ
:バーチカルロゴ&スノーフレーク&スタイル42
塗装:フルグロス&Aging Toner フィニッシュTOP
 
2017/12月~2018/6月頃までに順次入荷

 

NO.2■

CTM OMC-42

Premium Adirondack / Premium Indian Rosewood

 

OOOをカッタウェイしただけでは飽き足らず...!
コチラもオーダーしてきてしましました!!
OM-42のカッタウェイ!!!!

どちらか1本だけにしようと思っていたのですが、、たった数ミリのスケールの違いだけで、音もテンション感も全然違う!(もちろん、ネックの質量やブレーシングの違いはありますけれど)

これが俗に言う僅か13mm差のロマン♡ですよね!

OMとOOOは似て別物なり!という血が騒ぎ、こちらはこちらでオーダー致しました。
スペックはOOOかOMかの違いだけで、前途のCTM OOOC-42と一緒でAnaheim仕様です!


 

・TOP材は勿の論でプレミアムグレードのアディロンダックスプルース!

 

 

・フィギュアードの出たかっこいいインドローズを発見!!!


木材変更だけでなく、ネックのプロファイルもちょっといじらせて頂きました。
通常は三角ネックですが、ハイフレットまでいくとかなり太くなりますよね。。
特にOMはテンションがきついので、今回は44.5mmナットは残したまま、握り込みやすいロープロファイルに変更しました。
ネックの質量は失うことなく、ハイポジションのプレイアビリティが向上すれば。という狙いです!

というわけで、以下の仕様でオーダーしております。


CTM OMC-42

トップ材:アディロンダックスプルース(プレミアムグレード)
サイド&バック材:イーストインディアンローズウッド(プレミアムグレード)
指板&ブリッジ駒:エボニー
ネック形状:ロープロファイル(44.5mmナット幅)
ボディバインディング:ハイアリー・フレイムド・ハワイアンコア
ペグ:Waverly 4060-G
インレイ:バーチカルロゴ&スノーフレーク&スタイル42

塗装:フルグロス&Aging Toner フィニッシュTOP

 
2017/12月~2018/6月頃までに順次入荷
 

 

NO.3■

CTM OMC-28M Laurence Juber

Premium Adirondack / Madagascar Rosewood

 

こちらの商品はもう説明不要かと思いますが、僕の敬愛するローレンス・ジュバー御大のシグネチャーモデルOMC-28LJの復刻です!
なかなか中古品の出物も無くなってきた昨今、マダガスカルローズ材の枯渇問題がいよいよ本格的にまとわりついてきておりますので、オーダー不可になる前にやってしまおう!という事で、木材を最高ランクで拘ってカスタムオーダーしてきました。


※Laurence Juberご本人がこの動画で弾いているのがOMC-28LJです!カッコイイ.....
 

 

・TOP材はプレミアムグレードのアディロンダックスプルース!

 

・フィギュアードが美しいマダガスカルローズウッド材を発見!

 

 

内容は忠実にLJモデル再現しながらも、現在のカスタムショップの手によっての組み込みになる事、木材をアップグレードしていることによって、当時出回っていた元のモデル以上の出来栄えに仕上がってくる予想でおります。

最高グレードのプレミアム・アディロンダックスプルース材を贅沢にトップに採用することによって、クリアにフォーカスされたマーティンサウンドと呼ばれる艶と張りが唯一無二の存在感を紡ぎ出し、マダガスカルローズウッドの底の深さが、そもそも深みのあるマーティンのボトムをより豊かでリッチに鳴らしてくれます。


豪快なサウンドになる傾向のアディロントップですが、ピアノ~フォルテまで幅広く反応する優秀な表現幅を持ち合わせており、コンパクトボディとは思えない力強い音色では、ブルーグラスのアンサンブルをも可能なモデルです。

出来上がりをご期待ください。

以下の仕様でオーダーしております。


CTM OMC-28M LJ

トップ材:アディロンダックスプルース(プレミアムグレード)
サイド&バック材:マダガスカルローズウッド
指板&ブリッジ駒:エボニー
ネック形状:Mod V(44.5mmナット幅)
ボディバインディング:アイボロイド
センターストリップ:ジグザグ
ペグ:Waverly 4060

塗装:フルグロス&Aging Toner フィニッシュTOP

 
2017/12月~2018/6月頃までに順次入荷

 

 

NO.4■

CTM OMC-28 Laurence Juber

Premium Adirondack /Premium Indian Rosewood

 

先程のモデルのサイド&バックがインドローズのバージョンもオーダーしました。
マダガスカルローズのモデルはやはり値が張りますので、比較的お求め安くなるこちらのモデルもオーダー致しました。


Martin OMC-28 Laurence Juber

 

 

・TOP材はプレミアムグレードのアディロンダックスプルース!

 

・厳選した柾目のインディアンローズウッド!

 

マーティン通を唸らすカスタムショップメイドのローレンスジュバーモデル。

インドローズSIDE&BACK仕様のこのモデルでも、十分にその良さをご体感頂ける仕上がりとなるでしょう。

この機会に是非このモデルの素晴らしさをお試しください!


以下の仕様でオーダーしております。

CTM OMC-28 LJ

トップ材:アディロンダックスプルース(プレミアムグレード)
サイド&バック材:インディアンローズウッド
指板&ブリッジ駒:エボニー
ネック形状:Mod V(44.5mmナット幅)
ボディバインディング:アイボロイド
センターストリップ:ジグザグ
ペグ:Waverly 4060

塗装:フルグロス&Aging Toner フィニッシュTOP

 
2017/12月~2018/6月頃までに順次入荷

 


NO.5■

CTM OM-28 style Golden Era

Adirondack Spruce / Cocobolo


 

さて、ここからご紹介するのはMartin社の日本ディーラー向けの限定プロモーション企画でのオーダーです。


このプロモーション企画は、決められた材の組み合わせ、仕様の中からディーラーが好きなものをそれぞれチョイスして、一つのモデルを作っていくという内容になっており、細やかでマニアックな仕様は選べない代わりに、お買い得な金額でオーダーが可能という内容になっております。

今回に僕がオーダーしましたのは3モデルで、ロングサドルやスキャロップのフォワードシフトを採用して、ゴールデン・エラスタイルに限りなく近いOM&OOOたちです。

まず僕がチョイスしたのが、アディロン&ココボロの組み合わせ。
実はかねてより、ブラジリアンローズウッド材のマーティンギターを所有されていらっしゃる方々より、「ココボロ材を使ったカスタムが、最もブラジリアンの音に近い。」というお話を伺っておりました。確かにマダガスカルローズウッドはブラジリアンに比べてかなり甘くメロウなサウンドになりますので、ブラジリアンをお好きな方からすると「何か違うな..」というお声が多かったのも事実。
という事で、まずはコチラ!厳選したココボロとアディロンダックを使ってのGEスタイルの復刻です。

 

 

・厳選した大変素晴らしいココボロ材をゲット!

 

 

・こちらも厳選したハイグレードのアディロンダックスプルース材!(ランク 5 or 6)

 

GEスタイルと言いましても、ヘリンボーン&ジグザグバックストリップ&waverlyペグは選択することが出来ず断念。。
しかし、それ以外はGEとほぼ同仕様となっております!!
さてさて、期待通りのブラジリアンローズのサウンドニュアンスが出るか?!
個人的にも出来上がりが物凄く楽しみな1本です。


 

詳しい仕様は以下です。

スタイル:OM-28

トップ材:アディロンダックスプルース(5or6グレード)
ブレイシング材:アディロンダックスプルース / Xブレイシング・スキャロップド
サイド&バック材:フィギュアード・ココボロ
指板:エボニー
ブリッジ駒:エボニー / 30'S BELLY (ロングサドル)
ネック材:マホガニー
ネック形状:Mod V(44.5mmナット幅)
バインディング&ロゼッタ:28"MARQUIS"スタイル・アイボロイド
指板マーク:ダイアモンド&スクエアー(GEショートパターン)
ヘッドロゴ:MARTINオールドスタイル・デカール(GEラージスタイル)
ペグ:Gotoh Nickel Vintage / Openback
ヘッドバック:オーセンティックフューチャー・スタンプ(焼印)
塗装:グロスボディ&サテンック&Aging Toner フィニッシュTOP
 
2017/12月~2018/6月頃までに順次入荷



NO.6■

CTM OM-28 style Golden Era

Premium Swiss Spruce / Honduran Rosewood


 

こちらのモデルも木材とネック幅以外は先程と同じGEスタイル!
組み合わせをほとんどジャーマンスプルースと思って頂いて差し支えない、スイス・スプルースのプレミアムグレード、サイドバックにホンジュラスローズウッドを用いた1本。
また、通常のOMのデフォルトとなっている44.5mmのナット幅を、43mmに変更して、ハイポジションでも弾き易い、握り込みやすいネックへと変更しております。
エレキのようにソロを取って頂くプレイスタイルをされるお客様に合わせて、よりプレイアビリティを向上した弾き易い1本とカスタマイズしております。

 

 

・レアなフィギュアードの杢をしたホンジュラスローズを1枚だけ発見!!

 

 

・プレミアムグレードのスイス・スプルース!選びに選びました!(ランク 7 or 8)


個人的には、ギター用の木材として最も優れていると感じるホンジュラスローズウッド。(もちろん、個人的にですよ)

 

下手なハカランダより、よっぽど素晴らしいサウンドで鳴ってくれます!

 

比重も重く、硬めで、ハカランダ程倍音がコントロールしにくいわけではないので、かなり実戦向きな音色です!


更に、今回のオーダーシートにホンジュラスローズのみこのように記載されていました。

-VERY LIMITED QUANTITY
(非常に限られた数量しかないよ)-

毎年安定して選定することが出来たホンジュラスローズに、今年はMartin社からこんな一文が入れられていました。

実際に選定用にあったのは数セットだけ。。
実際、マダガスカルよりも木材としての値段は高い設定でしたので、そのうちマーティンではオーダー出来なくなるかもしれませんね。。

さて、SIDE&BACKはホンジュラスローズで決定しましたので、TOP材には繊細なタッチが出せて立ち上がりも早いスイススプルースをチョイス!しかも最高級グレードのプレミアムです!

更には、OMの試奏感想で一番多い「ネックが太くて弾き辛い、もう少し細ければ、、」というご要望にもお応えすべく、ナット幅を43mmに仕上げました。

弾き易くて音も良い、最高のOMが出来上がるでしょう。


詳しくは以下の仕様です。


スタイル:OM-28

トップ材:スイススプルース(プレミアムグレード)
ブレイシング材:アディロンダックスプルース / Xブレイシング・スキャロップド
サイド&バック材:ホンジュラスローズウッド
指板:エボニー
ブリッジ駒:エボニー / 30'S BELLY (ロングサドル)
ネック材:マホガニー
ネック形状:Mod V(44.5mmナット幅)
バインディング&ロゼッタ:28"MARQUIS"スタイル・アイボロイド
指板マーク:ダイアモンド&スクエアー(GEショートパターン)
ヘッドロゴ:MARTINオールドスタイル・デカール(GEラージスタイル)
ペグ:Gotoh Nickel Vintage / Openback
ヘッドバック:オーセンティックフューチャー・スタンプ(焼印)
塗装:グロスボディ&サテンック&Aging Toner フィニッシュTOP
 
2017/12月~2018/6月頃までに順次入荷
 
 
NO.7■

CTM OOO-28 style Golden Era

Adirondack Spruce / Guatemalan Rosewood


はい、そしてGEスタイルのOOO(トリプルオー)です!
こちらにはアディロンダックとグアテマラ・ローズウッドを採用!
グアテマラローズのカスタムは何本も触ったことが有りますがとても優秀

「マダガスカルだよ」と言われると正直僕も分からないぐらい音色も杢目も似ています!
マーティン社自身も「マダガスカルと混ぜたらどっちがどっちか分からなくなるから、かならず一緒に置かないでね(笑)」と念を押して言われました。


近年では、カスタムショップ製の45でも、このグアテマラローズを使用することが多くなりました。
それだけ、最高級材として位置付け出来るクオリティだとマーティン社でも認められているという事でしょう。

 

 

・迫力のある、ワイルドな板目の物をチョイスしました!

 

 

 

・厳選した柾目のアディロンダック。もう僕チョイスのアディロンは間違いないです。(ランク 5 or 6)


OOOでこの仕様はかなり魅力的だと思います。

詳しくは以下の仕様です。


スタイル:OOO-28

トップ材:アディロンダックスプルース
ブレイシング材:アディロンダックスプルース / Xブレイシング・スキャロップド
サイド&バック材:グアテマラ・ローズウッド
指板:エボニー
ブリッジ駒:エボニー / 30'S BELLY (ロングサドル)
ネック材:マホガニー
ネック形状:Mod V(44.5mmナット幅)
バインディング&ロゼッタ:28"MARQUIS"スタイル・アイボロイド
指板マーク:ダイアモンド&スクエアー(GEショートパターン)
ヘッドロゴ:MARTINオールドスタイル・デカール(GEラージスタイル)
ペグ:Gotoh Nickel Vintage / Openback
ヘッドバック:オーセンティックフューチャー・スタンプ(焼印)
塗装:グロスボディ&サテンック&Aging Toner フィニッシュTOP
 
2017/12月~2018/6月頃までに順次入荷

 

 

NO.8■

CTM OOC-Nylon Full Gloss

Solid Sitka  / Solid East Indian Rosewood

 

さて!最後はやってきました!
毎年即売り切れのワタナベ楽器店名物となったマーティンエレガット!
今回で第三弾!


第一弾:カスタムショップグレードのソリッドシトカスプルース×インドローズに変更
第二弾:上記+エボニー指板&ブリッジに変更


と、来まして第三弾はフルグロスに仕上げました!

僕がこのOOOC-Naylonのカスタムを始めると時を同じくして、藤原さくらさんの使用での露出も増え、年々需要が高まってきております。

今回のフルグロス仕様へのブラッシュアップを経て、より上質な音色に仕上がってくれることでしょう。


・サイド&バックのインドローズ。かなりの枚数から選び抜きました。

 

 

・TOP材のシトカスプルースはなんと45と同グレードにしてしましました!笑



今回のモデルも売り切れ必至です。

詳しくは以下の仕様です。
 

トップ材:シトカスプルース(カスタムショップグレード)
サイド&バック材:イーストインディアン・ローズウッド(カスタムショップグレード)
指板:エボニー
ブリッジ駒:エボニー
ネック:ロープロファイル(47.6mmナット幅)
塗装:フルグロス
ピックアップ:Fishman F-1 Analog

 
2017/12月~2018/6月頃までに順次入荷


さて、長文見て頂いてありがとうございました。
今年は以上の8本です!!!

自分で言うのはあれですが、使用木材に関しては相当拘りぬきましたので、抜群のコストパフォーマンスで仕上がってくると思います。
アメリカまで行かなければ手に入らない特別な杢材をセレクトしておりますので、その特別感をぜひ手に取ってお確かめください。

 

 

カスタムショップ買い付け品ご紹介

 

さて!ここからは直接現地買い付けした1オフのカスタムショップ製ギターをご紹介!

今年もとても良いモデルが当店にやってきます!


毎回、人気の商品には多くのディーラーが一斉に手を上げるのですが、今回はまず平等にじゃんけんをしていき、最後の2人になったらパター対決で勝敗を決めるというなんともアメリカンな流れでした(笑)


そんな中、僕が目をつけて見事にカップインを決めたのは以下の2本です!

 

 

CTM OO-45 Tree of Life

1,550,000円+税

OO-45/12 JOINT/PREMIUM ADIRONDACK TOP/PREMIUM GUATEMALAN ROSEWOOD S&B/TREE OF LIFE/FLOWER POT INLAY

 

激レアなカスタムショップ製のOO-45のカスタムモデル!
他ディーラーと凌ぎを削り、見事当店への入荷が決まりました!
今回45を必ず1本はGETして帰ろう!と思っていたのですが、そもそもカスタムショップの45ってだけでめちゃくちゃレアで、マーティン社もストックは殆ど持っておりません。

今回も2本しかなく、1本は〇百万越えだったのでちょっとスルーしまして。
何かないかと物色していると、僕の大好きなOO(ダブルオー)の45が!!

試奏するだけしてみよう...と触ってしまった瞬間、全てが始まったのでした...!

「めちゃくちゃ良い...!音色が美しすぎる...!」

そう感じてからの行動は早く、パターの素振りの練習を繰り返したのでした。

 




という事で無事にGET!!!
OO-45は球数も少なくそもそもレアです。それのカスタム品ときたら尚更。
お見逃しなく!!!

 

 

Emily's Choice OM-28 Golden Era Style

640,000円+税

OM-28/14FRET JOINT/ ADIRONDACK V.T.S TOP/GUATEMALAN ROSEWOOD S&B/Mahogany Neck






エミリーデザインのカスタムショップ製のゴールデン・エラスタイルのOM-28モデル!
エミリーとはカスタムショップのギターデザイナー(写真の金髪の女性です。)
最近ではエドシーランのギターをデザインするなど、その類まれなセンスと木材を選択する能力がとても高く、アメリカ本国でもエミリーチョイスのギターはとても人気があります。

詳しくはコチラのコチラの記事を↓


マーティン・カスタムショップ部門のギター・デザイナーが初来日。EMILY MEIXELL(エミリー・メイセル)

今回はプレミアムグレードのアディロンダックスプルースにゴールデンエラ期の鳴りを再現したV.T.S処理が施され、サイドバックにはこれまた素晴らしいグエテマラ・ローズを使用したオールドディテールな1本。
サウンドも言う事なしの素晴らしさでした。。

 

是非、手に取って鳴らしてください。オーセンティックを超える鳴りですよ。

 

あとがき..

 

さて、今回も長丁場となりましたが最後までのお付き合いありがとうございました!

当店のカスタムオーダー分に関しては、とにかく現地選定の利を活かして、プレミアムグレード木材をふんだんに使いまくってきました!かなり贅沢な逸品ばかりですので、完成をお楽しみ下さい!

 

そして、去年もその前も書きましたが。。

 

「オリジナルのマーティンを最高の素材で作ってきて欲しい!!」

 

 

マーティンをこよなく愛するお客様!大募集です!
僕が自信を持って最高の木材をハンドセレクトさせて頂き、最高の1本をオーダーしてきます!

特に欲しい仕様程、市場に無かったりするのがあるあるですよね。。

 

マニアックな仕様にも全て対応致しますので、ご要望があればお気軽にご連絡下さい。
まずはお見積もりから始めて頂けますので、村主宛に何でもお申し付けください。

 

 

ワタナベ楽器店 京都本店
TEL:075-231-2778

Email:honten@watanabe-mi.com
担当:村主(すぐり)

 

 

↓C.F.Martinファクトリーツアー旅行記2016は以下をクリックでご覧になれます↓

 

↓C.F.Martinファクトリーツアー旅行記2015は以下をクリックでご覧になれます↓

 

 

C.F.MARTINギター・フェア開催!絶対お得な9日間!
7/15(土)~7/23(日)
年に一度のスペシャルプライスフェア!
今回の買い付け品も並びます!こうご期待!!
詳しくはクリック↓↓

 

 

並び替え: 標準  価格順▲  価格順▼  新着順  注目順  2件
Martin Custom Shop CTM OO-45 Tree of Life "Premium Adirondack / Premium Guatemalan" Martin Custom Shop Emily's Choice CTM OM-28 "Adirondack VTS / Guatemalan"   
Martin Custom Shop
CTM OO-45 Tree of Life "Premium Adirondack / Premium Guatemalan"
マーティンファクトリーツアー2017直買い付けの、激レアなカスタムショップ製のOO-45のカスタムモデル。このギターの美しさは見た目ではなく音色。心底美しい圧巻のサウンドです。
特価:1,674,000円(税込)
Martin Custom Shop
Emily's Choice CTM OM-28 "Adirondack VTS / Guatemalan"
マーティン・ファクトリーツアー2017直買い付け品。カスタムショップ部門のギター・デザイナー、エミリー・メイセルがデザイン。アディロンダックVTS&グアテマラ・ローズを合わせた驚異のヴィンテージトー...
特価:691,200円(税込)
  
並び替え: 標準  価格順▲  価格順▼  新着順  注目順  2件
♪ご来店にあわせて商品をお取り寄せする事も可能です♪
 

☆商品のお取り寄せをご希望の方はメールまたは電話にてご連絡下さい。 (一部、事前お取り寄せが不可の商品もございます。あらかじめご了承ください。)
mail : honten@watanabe-mi.com
Tel : 075-231-2778

 

株式会社ワタナベ楽器店   京都府公安委員会 許可証番号 第611029610020号