075-256-0238
ドラムやパーカッション,電子ドラムからスティック,ヘッドまで全てが激安のドラムショップです


→デジタルフロア X ( 旧Twitter ) 


→ドラムマーケット X ( 旧Twitter )

→デジタルフロア FACEBOOKページ


→ドラムマーケット FACEBOOKページ
 

 

 

 




 

 

 


 

 



店舗情報はコチラをクリック
■所在地 〒604-0903
京都市中京区指物町326
■営業時間 午前11時30分~午後7時30分
■定休日 なし
(12月31日、1月1日及び社内行事日を除く)
■お支払方法
銀行振込、代金引換、ショッピングローン
■送料(料金目安)
(小)¥880 (80cm未満)
(中)¥1,100 (130cm未満)
(大)¥1,980 (200cm未満)
(特大)¥2,970(200cm以上)
(大型電子ピアノ、大型スピーカー)¥5,500
★たて、よこ、奥行き合計の長さで計算します。
(離島及び一部地域では追加料金が発生します)
■代引引換時のご注意
手数料660-を別途いただきます。
■保証について
※新品・・・メーカー保証規定に準じます。
※B級品・・・製品により個別対応いたします。
(店舗にてご確認ください)
※中古品・・・初期不良のみ対応いたします。
(商品到着後1週間以内とさせていただきます)

 

株式会社ワタナベ楽器店

京都府公安委員会

許可証番号

第611029610020号

Pearl ( パール ) D-3500 ドラムスローン

抜群の安定感を誇るサドルタイプのドラムスローン。腰への負担を軽減した設計で、ストレスを感じることなく演奏に集中できる。
Pearl ( パール ) D-3500 ドラムスローン

Pearl ( パール )
D-3500 ドラムスローン
メーカー希望小売価格 35,200円(税込)
特価 24,640円(税込)

抜群の安定感を誇るサドルタイプのドラムスローン。腰への負担を軽減した設計で、ストレスを感じることなく演奏に集中できる。

屈強かつ体にやさしいサドルタイプのドラムスローン。フットワークの快適さは損なわず安定感のある座り心地に加え、座った際に体圧を分散させることで腰への負担を軽減させるシート、従来のモデルより堅牢で、よりコンパクトに設計した脚部、シート回転の有無が選択できるストッパーなど、3年間にわたる研究開発の結果、今考えられるベストな技術が随所に散りばめられている。

 

Features

●Saddle Style Cushion

密度の異なる複数のクッションを採用したサドル型のシート。上の層は多少柔らかいクッションで座り心地のよさに貢献し、側面まで柔らかいクッションを包むことでフットワークをより快適にさせる。そしてベースとなる下層は、硬めのクッションでしっかりとドラマーの体を受け止める。さらに、中央部に凹みを持たせた形状とすることで、人間工学に基づき体圧を分散し、坐骨、尾てい骨への圧力を低減し、腰への負担が軽減できる。

 

●Optional Detachable Backrest

オプションでバックレストの装備が可能。人間の背骨にあわせたパイプデザインに、通気性の優れたメッシュ素材を採用。バックレストの上下位置で使い分けができ、上の位置は演奏の合間など休憩時によりかかることができ、下の位置は演奏中にランバー(腰椎を)サポートすることで腰への負担を軽減できる。

 

●Lock / Spin System

従来のモデルより使いやすく頑丈となるよう新規で設計したストッパー。このストッパーはリバーシブルで使用でき、歯車のようにシートブラケットと組み合わせることでシートをしっかりと固定させる面と、それとは逆のシートを回転しやすくする面があり、プレイヤーの好みに応じて使い分けることができる。

 

●Drum Throne Tripod

従来のモデルより脚部のガタが少なく堅牢となり、脚部を開いた際の幅をやや狭くすることでよりコンパクトに設置できるようになった信頼性抜群の脚部。大きめにデザインした脚ゴムは、スローン本体をしっかりと支え、演奏時の不要な動きを防ぐことができる。

 

Spec

高さ調整幅 / 495 - 665mm
重さ(※)/ 7kg ※カートン込の重さです。
座面/座面形状 / サドル型
レッグ / ダブルレッグ3本
備考 / バックレスト(別売 ¥12,000)取り付け可能
 

 


■上記製品仕様は2022年5月時点のものです。■
※製品の仕様及びデザインは予告なく変更される場合があります。
※多数のサイトに掲載しております。ご注文のタイミングによりご用意できない場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。
随時更新するよう努めてはおりますが、最新状況は常に変動するため合わせてメーカーでもご確認下さい。